アトピー完治への道 | 治癒力強化のポイント

治癒力強化のポイント

治癒力は意図的に強化できる。
その効果的な方法は基礎代謝を上げること。これに尽きる。

■ 基礎代謝の話

突然ですが、目を閉じて清流をイメージしてみて下さい。
淀みが無く、滞ることなく流れる清らかな水のイメージです。
その清流にそっと木の葉を浮かべて下さい。するとどうなるでしょう?
水の流れのまま、やがて木の葉は見えなくなるでしょう。

さて、次は浮遊物の漂う汚染された川をイメージして下さい。
よくよく観察すると、浮遊物が動いているので川が流れていることは確認できますが、
その動きは、まるで止まっているかのようです。

ご理解頂けますでしょうか?
ここでお伝えしたいのは、『代謝』のイメージです。

代謝とは、古いものから新しいものへ常に移り変わる様を意味します。
吸って吐いて、食べて出して、動いて休んで。
このような行為を通じて、私達の体は常に活発な代謝を続けています。

ところがアトピーの時には、この代謝が活発に行われていません。
吸って吐いて、食べて出して、起きて寝る。これがうまくいっていないからです。
その証拠にアトピーは重症化するほど、呼吸が浅く、便通が悪く、熟睡できない人が増えます。

■ なるほど!こりゃ絶対治るわ!

そこでアトピーを治す試みとしては、基礎的な代謝を底上げする必要があります。
具体的には、①呼吸を整え、②便通を良くして、③熟睡できる状態を目指すのですが、
その具体的な方法が他ならぬ、快食・快便・快眠なのです。

では実際、快食・快便・快眠が続くと、体にどのような変化が出るのでしょう?

まず快食・快便・快眠が3日続いたとします。この場合、体にどんな変化が出るのでしょう?
快食・快便・快眠が3日続いても、残念ながらアトピーが完治することはまずありません。
せいぜい皮膚の炎症がマシになっている程度です。
感覚的には、「ん?少し元気になったかな?」 この程度でしょう。

次に快食・快便・快眠が1週間続くと、体にどのような変化が出るのでしょう?

皮膚の炎症はかなり軽減されている筈です。今まで赤く腫れ上がっていた箇所もマシになって
いる可能性大で、比較的マシだった箇所なら炎症は消えているかもしれませんね。
また今までより疲れなくなったことから、「あれ?これ、ひょっとして治る・・」程度の
実感は持たれるかもしれません。

では最後に快食・快便・快眠が1ヶ月続くと、体にはどんな変化が出るのでしょう?

軽度のアトピーなら、この時点で症状は既に消えている可能性があります。
重度の方でも、かなり症状が軽減されている筈です。それに何より、ひと月前と比較
して随分元気になった自分に気付く筈。その時はきっと、こんな風に感じるでしょう。
「なるほど!これなら絶対治るわ!」

■ 「治った!」っと思ってからが本当の勝負

アトピーは、理屈で治す病気ではありません。
やるべきことをキチンとやれば、必ず治るようになっている。
当たり前のことを当たり前にきちんと継続すること。これでアトピーは嫌でも消えます。
これが私の経験則。アトピーは考えて悩んで治すものではありません。
やるべきことを淡々とこなす中で自然と消えるのです。そんなものなのです。

但し、症状が消えたからと言って、気を緩めてしまうと元の木阿弥になってしまう。
これもまたアトピーと言う病気の特長で、ここ、本当に注意を要するところなのです。
(今まで、ここで涙を飲んだ人を何度見てきたことか・・)
一度良くなったアトピーを再発させない為には、当面、日々のケアが大切です。
ただこの日々のケアの場合、今までの努力と比べれば半分以下です。
なので、ここで気を抜くことなく、最低1年は用心するようにして下さい。

→「リラックスタイムを制する」へ

↑ PAGE TOP