アトピー完治への道 | 効果的な入浴法とは

効果的な入浴法とは 入浴の大切さ

アトピー患者にとって入浴は大切な時間だ。
このひとときは有意義に過ごそう。

■入浴を甘くみてはいけない

「ステロイド離脱の成否を分けるのは入浴」と言えば、少し大袈裟でしょうか?

でも入浴って、おそらく想像しているより大事です。
これは健康な人の比ではない。そんな風に思っておいた方がいいです。

そもそも入浴する意味は何でしょう?

「そりゃ当然、皮膚を清潔にすることでしょ?」  正解です。
でも実際は、この本当の意味が分かっていない人も多いのです。

例えば掻き壊した皮膚って、傷がお湯がしみて痛いでよね?
なので症状が悪化するほど、お湯に浸かる瞬間が怖くなる。
すると、サッとお湯に浸かった程度で済ませてしまう。まさにカラスの行水ですね。
夏場だと、シャワーだけの人もいます。

そして入浴後、痒みを我慢できずに直ぐステロイドを塗る。これは少し危険です。

■脱ステロイドには正しい入浴法を

何が危険なのか?

ステロイドと言うクスリは、前に塗った脂分が少しでも皮膚に残っていると効果が出ない。
汚れを完全に取り除いた状態で使ってこそ、効果が出る。

ご存知でした?
これ、注意しないとステロイドのランクを下げるどころか、塗っても塗っても効かないように
なる可能性があります。で、効果が無いからランクを上げてしまう・・・
これでは、まったく離脱どころの話ではありません。

皮膚の乾燥を理由に入浴を禁止する方がいますが、う~ん。これはどうですかね?

ステロイド離脱が順調に進み、1日おきでも大丈夫なら入浴しない日があっても構わないと
思います。皮膚が汚れてもいないのに、石鹸でゴシゴシする必要はないですから。
でも毎日ステロイドを使っているなら、入浴も毎日が基本だと思うのですが・・・

実際、最強のステロイドを塗っても効かなかった患者が、入浴法をきちんとマスターした
だけでステロイドの強度が下がった話は聞いたことがあります。

■具体的な入浴の仕方

では、具体的な入浴法を紹介します。

まず温度。

春と秋は40度。夏場は38度。そして冬場は42度が基本。
これ以上温度を上げると、皮脂を取り過ぎて痒みを誘発する可能性があります。
お湯は少し熱めに沸かして、後は水で調整する程度で十分。(お金は掛けない)

次に時間。

これは、最低10分以上が目安です。
しっかりと肩まで浸かり、とにかくリラックスした状態で体全体をふやけさせます。

次に、石鹸とシャンプーです。
これは無添加・無香料のものが基本。合成は刺激が強くてお勧めできません。
但し、高価なものを使う必要はありません。
こんな所にお金を掛けても、結果に大差がでませんから。

最後に、タオルと洗い方。
ナイロンタオルはダメです。(アトピーが治ってからなら大丈夫!)
お勧めは柔らかい綿のタオル。吸水性の良いものがベターです。

タオルに石鹸を泡立てたら、炎症の強い部部からタオルでこするのではなく、
泡だけを手に取ってそのままゆっくり円を描くように洗い流します。
この要領で全身も出来るだけタオルを使わず、ステロイドを塗った部分を中心に
丹念に汚れだけを落としてゆきます。

そして最後に、炎症の少ない部分や足の裏などをタオルで洗います。
タオルを使わなくても、10分程度お湯に浸かれば手だけで簡単に汚れは落ちます。

この時に注意するのは、湯船のお湯で体を流さないこと。
湯船のお湯で体を流すのではなく、シャワーのお湯を使うようにするのです。
これは、湯船に浮かんだ皮脂のカスが体に付着しないための配慮です。

この方法で入浴すれば、皮膚に付着した汚れだけを落とせる筈です。
1度お試し下さい。

→「アトピーと食生活」へ

↑ PAGE TOP