アトピー完治への道 | ステロイド離脱への道

ステロイド離脱への道 ステロイドは悪魔のクスリ?

「ステロイドを使っていては絶対にアトピーを治せない!」
「アトピーがこんなに悪化したのはステロイドの悪い毒が蓄積されたから!」
あの頃はそんな風に思っていた・・・

■ステロイドを止めたい!

アトピー性皮膚炎といえばステロイドと言われる程、この両者の関係は切り離せません。
それは喘息やリューマチ、膠原病のようにステロイドが治療の柱になっている病気と比較しても
感情の根は深いようですね。

30歳の時、ステロイドを止めたくて離脱を試み、強烈なリバウンドを体験しました。

「ステロイドを止めない限りアトピーは治せない!」
「アトピーが悪化したのはステロイドの悪い毒が蓄積されたから!」
そんな思いからでした。

ところで、どうしてこんな壮絶なリバウンドを食らってしまったのか?
それは15年以上使用し続けてきたステロイドを一気に切ったからですね。

■ステロイド拒否症

リバウンドを体験中、私は極端なステロイド拒否症に陥りました。

「ステロイドで廃人に!」
あの時代、一部の民間療法はかなり過激な表現を使っていましたし、マスコミも
ステロイドバッシングを煽る報道を繰り返していました。

実際、ステロイドで廃人が出たのかどうかは別として、自分がリバウンドを体験すると、
急にこの言葉が真実味を帯びてきたのです。「ステロイドで死亡!」と言う客観的な
表現ではなく、「廃人!」という抽象的な言い回しが返って恐怖心を刺激したのでしょう。

「取り返しのつかないことをしてしまった・・」
「あんなクスリさえ使わなければ・・・」
ステロイドを使い続けた自分を悔い、責め続けました。
寝ても覚めても、考えるのはステロイドのことばかり。

ステロイドが憎い。
ステロイドを出し続けた皮膚科医が憎い。
ステロイドを忌み嫌い、ステロイドを作った製薬会社に火を放ちたい衝動に駆られました。

だからどんなにリバウンドが苦しくても、ステロイドは使いませんでした。

「ステロイドは安全なクスリです。」
という医者の説明は、「リスク管理さえすれば商品先物取引は安全な金融商品です。」
と言う勧誘と同じほど怪しかったのです。

■リスクを取る意味がない

「もうステロイドは絶対に使わない!」
結局、私はリバウンドを体験後、一度もステロイドを使うことなくアトピーを治しました。
でも、この様に書くと誤解を招く可能性があるので補足しておきます。

ステロイドを敵視した過去の私のようなやり方と言うのは、実は危険です。
アトピーを治す上でも非常に効率が悪いので、決して参考にしてはいけません。

このことは、ステロイドを弁護するために言っているのではありません。

ステロイドを一気に中止すれば、リバウンドを食らう可能性は高くなります。
リバウンドを食らえば、今までアトピーが出ていなかった箇所まで劇的に悪化します。
(中にはリバウンドが出ない人もいますが・・)

その結果、皮膚は血と膿が入り乱れて全身ズルズルになり、リンパ節が腫れ、脱水症状を
起こす危険性もあります。勿論、夜は眠れないないですね。
こうなると、もう精神的に普通でいることはかなり難しくなります。

こんなリスクを自ら背負い込む必要はないのです。

実際、リバウンドを起こせば、毎日の生活の質は確実に落ちます。
不登校や休学、会社を辞めたり失恋したり、一時的な寝たきり状態に陥ることも。
私も、リバウンド中は会社を80日以上も欠勤しています。

くどいようですが、私はステロイドを擁護する立場の人間ではありません。

なので今さら、ステロイドが「悪魔の薬」かどうかなんてもうどうでもいい話です。
でも 正直に告白すると、当時、ステロイドに関する私の知識はかなり低かった。
いや、正確にはステロイドのことなど何も知らなかった。
何も知らなかったからこそ、無謀な「脱ステロイド」に踏み切れたのだと思います。

しかしながら今振り返っても、ステロイドを一気に離脱したのは得策ではなかった。
私にとっては、「ステロイドは悪魔の薬」と言う言葉こそ、悪魔そのものだったのか
もしれません。

→「ステロイドの副作用」へ

↑ PAGE TOP