約20年前。

 

ちょうど今頃、京都の高雄病院に入院していた。
アトピーが酷くなって、会社にも行けなくなって。

 

ステロイドを使うのが嫌で、絶食療法に取組んでいたんだ。

 

ステロイドを使うことなくアトピーを完治させた。

 

こんな風に言えば、何か仰々しく聞こえる。
でも、実際、自分でアトピーを治してみて実感する。

 

本当はアトピーを治すのに、ステロイドを使う・使わないなんて問題は本質的なことじゃないんだ。

 

事実、ステロイドを使っても使わなくても、アトピーは治る時は治るし、治らない時は治らない。

 

皆、勘違いしている。

 

アトピーという病気は熱が出るわけでもないし、出血があるわけでもない。
だから皆、勘違いしてしまう。

 

『私は健康だけどアトピーだけが・・・』なんて。

 

そうじゃない。

 

アトピーであること自体、もう自分は健康ではないと自覚しなくちゃいけないんだ。
慢性的に体のどこかが痒くなった時点で、既に自分は健康じゃないと自覚しなくちゃいけない。

 

そういう意味で、アトピーは警告なのだ。