久しぶりにホームページ読者の方(男性)とお会いした。
前回お会いしたのは3年前。
当時と比べて、今回はとても元気な姿が印象的だった。
気持ちに余裕が出た言うか、当時のような切羽詰った感じがなかった。
「アトピーって結局自分で治すしかないんですよね・・・」
「飛鳥さんのホームページを何度も読んで、やっと今、分かった気がします。」
そんな言葉が嬉しかった。
「自分で治す。」
たった5文字だけど、真意はなかなか理解しがたいのかもしれない。
IPS細胞の権威、山中教授が以前、こんな風にコメントしていた。
「医者になったからには、人の役に立って死にたい。」
50歳代になって、こういう言葉が重みを持って迫ってくるようになってきた。
「カッコいいな・・」
一昔前ならそんな印象だったが、今は少し違う。
上手くいえないけれど。
「人の役に立って・・・」
こういう所に、妙に魅かれる。
自分も、人の役に立ちたいな。