毎年この時期になると、ある方がイチジクをどっさり贈って下さる。
でも、どっさり頂いても家族全員イチジク大好きだから、直ぐ無くなってしまう。
 
子供の頃、実家の裏庭におばあちゃんの育てたイチジクの木があった。
大きくてよく熟したものだけを選び、木から直接もぎ取って食べていた。
甘くて、美味しかった。
 
自分にとってイチジクは季節を、そして旬を感じさせてくれる食べ物だ。
 
今の時代、スーパーや百貨店にはいろんな野菜が並んでいる。
ひと昔前、トマト、キュウリ、ピーマン、ナス、トウモロコシは夏野菜の代表だった。
今もそれは変わらないけれど、夏野菜でも一年中入手できるようになった。
逆に,冬野菜の白菜や水菜だって、欲しければ夏でも手に入る。
 
要するに、『旬の食べ物』と言う感覚が薄くなった。
実際、「キュウリの旬は?」と聞かれても、知らない人は多い。
 
でも、僕は思う。
 
野菜だけじゃなく、旬の食材を中心に食べるのが一番健康にはよい。と。