アトピーだった頃。
20代半ばだったと思う。
通勤電車から降りる時、イライラ・ムカムカすることが多かった。
「まだ降りてないのに乗ってくるな!」
「そんな所に立ってたら降りられへんやろ!」
そんな風にぼやいてはムカムカ、イライラしていた。
皮膚科で順番待ちをしている時も同じ。
理由はその時々で微妙に違ったけど、とにかくイライラ・ムカムカ。
ところで、
イライラ、ムカムカすると、間違いなく心がしんどくなる。
イライラ、ムカムカは間違いなく心をしんどくさせる。
心がしんどい。心がしんどい。心がしんどい。
コレ、アカンやん・・・
一方、普通に日々生活している中でも、
「ありがたいな・・」と思えることは多々ある。
で、「ありがたいな・・」と感じている時は、なぜか心が気持ちよい。
心が気持ちよい。心が気持ちよい。心が気持ちよい。
コレ、エエやん。  めっちゃエエやん。
アトピーを治してからも、このことは日々感じて過ごしている。
昨日の話。
車を運転していた。
渋滞でなかなか前に進まない。で、少しイライラしてきた。
と思いきや、赤信号につかまった。(もう少しで渡れたのに!)
で、少しムカムカしてきた。
「ウザい信号やな!」
そう思いかけて、ふと我に返った。
アカン、アカン・・・
で、気持ちを切り替えた。
「信号があるから安心して運転できるのやろ?」
「逆に信号無かったら困るやろ?危なくて危なくて。」
「守ってもらってるやん。信号さんに。」
「信号作ってくれてありがとう。」
無理やりだけど、とにかくそう思うようにした。
とにかく、心からそう思うようにしてみた。
すると、と言うより、やっぱり
心は、しんどくならなかった。
むしろ少しだけど、心は気持ちよくなった。