さまざまな問題に直面した際、私達はその解決策として『原因』を究明しようとする。

つまり問題の『原因』を知り、それを解消することで解決を目指そうとする。

 

私は、このアプローチは正しいと思う。

 

『原因』があって『結果』が生じる。

この『因果の法則』は、釈迦様も認めておられる。

 

言い換えると、『原因がなければ結果もない』と言うことだ。

 

しかし・・

 

私は思うのだ。

 

アトピーを治す場合、『原因』の究明もほどほどに・・・ と。

 

お釈迦様の説に異議を唱えるつもりは全然ない。

 

事実、アトピーになるにはアトピーになるだけの『原因』は必ずある。

そこは、自分自身の経験からも素直にそう思う。

 

それでも、私が『ほどほどに…』と思うには理由がある。

それは、アトピーと言う病気の『原因』が、決してひとつではないと感じているからだ。

 

アトピーの『原因』はひとつではない。

 

つまりアトピーと言う病気は、複数の要因が重なり合って発症すると考える方が対策が

立てやすくなり、結果的にもうまくゆく。だから原因が特定できないからと言って落ち

込む必要など全くない。

 

逆に、アトピーの『原因』を特定しようとすると、決まって迷路に迷い込んでしまう。

要するに、話に一貫性がなくなり、辻褄が合わなくなってしまうのだ。

 

但し、

 

『原因』は複合的であったとしても、そこにはやはりウエイトと言うか、配分と言うか、

『原因』の中身には、そういう強弱のようなものはあるようには思う。

 

例えば、

 

食生活とストレス。

 

「どっちが、アトピーの原因としてウエイトが高いと思いますか?」と問われれば、

それは間違いなく食生活の方だろう。

 

このことは、世界的に発展しつつある難民問題からも推測がつく。

 

迫害され、住む場所を追われた難民達。

将来に不安を抱えたままの彼らのストレスは、我々の想像をはるかに超えるものだろう。

また、劣悪な衛生環境の下、伝染病や感染症は目を覆いたくなるほどの惨状だ。

 

しかし

 

彼らは、アトピーでは苦しんでいない。

 

恐らく、食事に至っては最低限の量すら摂取できないケースもあるだろう。

 

しかし、

 

彼らが、アトピーで苦しんでいると言う報告は聞いたことがない。

 

この現実は何を意味しているのだろう・・・

 

 

アトピーの『原因』を特定することに対して、私は大した意味を見いだせない。

 

その一方で、

 

「ストレスを感じてイライラすると、ついつい甘いものが食べたくなる・・・」

 

このような願望が、いとも簡単に実現してしまう日本。

私は、この辺にアトピー治療の難しさがあるように感じる。