31-アトピーは自分にしか治せない

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■   ☆告白!体験者が明かす「アトピー克服の鉄則!」☆   第31話
□■     アトピー克服を支援するメルマガ     2005/05/22
□□■    関連サイト               読者数 12442人
□□□■   アトピー完治への道 www.atopy-1.info
□□□□■ アトピ性皮膚炎克服レポートwww.1atopy.com
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【このメルマガの趣旨】
アトピーを克服したい!そんなあなたをサポートするのがこのメルマガの使命です。
私<飛鳥 旬>自らの体験を通じて、自力でアトピーを克服する方法を一挙大公開!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
飛鳥です。
いかがお過ごしですか?
 
昨日、久しぶりに皮膚科へ行きました。
と言っても、私ではなく長男の足の裏にできたイボを取るために。
 
患部をドライアイスで焼く治療に、長男もタジタジ。
「熱い!」「痛い!」「痛い!」「熱い!」
「どっちなんだよ?」と聞いても、本人も良く判らない様子・・・
 
しかし、私が驚いたのは患者の数。
 
開院時刻ピッタリの到着なのに、受付には既に長蛇の列。
そして、長男の診察は32番目。(土曜日の朝なのに・・・)
家内の話だと、GW明けの先週は同じ時刻で54番目だとか・・・
 
「どーなってるんだ?」
 
そこで、待合室を見渡してみる。
そこには予約制にも拘わらず、30人ほどが診察を待っていました。
 
でも意外だったのは、ひと目でアトピーと分かる人がいなかったこと。
アトピー患者は、もう皮膚科へは行かないのかな?
 
でも、コレってある意味、懸命な選択だと思います。
 
私自身、アトピーを治すプロセスでは、まったく皮膚科には通っていません。
実は皮膚科ではなく、内科を利用させて頂きました。
 
チョッと失礼な表現ですが、内科では「お世話になった」のではなく、
「利用させて頂いた」と言う所がポイントです。
 
さて、病院で待つのが大嫌いな私は、長男を連れてマクドナルドへ。
そこでゆっくりと朝食を取った後、1時間後に再び皮膚科へ。
 
「ジャストタイム!」
直ぐに診察室に通され、長男の治療は5分で完了。
 
過去、50件以上も病院ジプシーをすれば、それなりに要領も良くなるようです。
 
さて、今回も はじまり はじまり。
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ◆◆ 本日の目次
・ 相性に付いて    西洋医学とアトピー
・ ココが大切     アトピーは自分で治す疾患
・ 編集後記      読者の方からのメール
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
         ◇◆◇ 西洋医学とアトピー ◇◆◇
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
■ アトピーと西洋医学
 
アトピーと診断された当初、私はこんな風に思っていた。
 
「医者は病気を治すプロだから・・・」
「云うことを聞いていれば、そのうち治るだろう・・・」
 
ところが、いつまで経っても治らない。
逆に、症状は悪化するばかり。
 
その結果、私はアトピーを治して欲しい一心で病院ジプシーを繰り返す事になる。
「自分のアトピーを治してくれる医者がどこかにいる筈だ!」と信じて・・・
しかし通院した病院での治療は、どこも似たり寄ったり。
ご存知のように、ステロイド剤と抗アレルギー剤を中心にした対症療法だ。
 
この様に言うと、私が現在医学を否定していると思われるかもしれない。
しかし、それは違う。
 
私は過去、ステロイドの副作用で苦しんだ経験から、医療機関を否定していた。
 
しかし、今は少し違った見方をしている。
 
医者や医療機関と言っても、その実情は千差万別だ。
アトピー治療に熱心な医者もいれば、既に情熱を無くした医者もいる。
学者肌の医者もいれば、商魂たくましい医者もいるのだ。
 
しかしそれ以上に、アトピー患者が認識しておくべきポイントがある。
 
それはアトピー治療に関する限り、現代医学は「相性が悪い」と言う事実だ。
と言うより、「免疫疾患」全体に対して、現代医学は「相性」が悪い様に思う。
 
一方、私は自分の子供が交通事故に遭ったら、迷わず病院に直行する。
そして外科手術が必要なら、その場でそれを選択する。
何故なら、コレは現代医学のもっとも得意な分野だからだ。
 
そしてこの場合、子供の運命を左右するのは、医師の力量や病院の医療設備だ。
しかし、私がアトピーを治す過程で大切だと痛感したのは、この様な医師の
力量や医療設備では無い。
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
         ◇◆◇ アトピーは自分で治す疾患  ◇◆◇
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
■ アトピーは自分にしか治せない
 
私がアトピーを克服してから、新薬は次々と開発された。
プロトピックはその代表例だと言える。
 
しかし新薬が開発されても、残念ながらアトピー患者の数は減らない。
10年後、私がもしこのメルマガを書いているとしたら、多分同じようなコメント
をすると思う。
 
つまり、「今のままだったらアトピー患者の数は絶対に減らないし、アレルギー
疾患も治せないままだ。」と・・・
 
これは何を意味しているのか?
 
結論から言うと、
 
アトピーは、医者やクスリに治してもらう類の疾患ではない。
 
つまりアトピーを治すのは、医者の力量や医薬品の開発ではなく、むしろ“患者
が行う地道な努力”の中にあるからだ。
 
結局、アトピー克服の糸口は自分自身が握っている。
 
だから、アトピーを本気で治したいなら、「医者が悪い!」とか、「ステロイド
は悪だ!」と言っているヒマは無い。
 
そんな時間があるなら、さっさと治す為の行動を起こす方が早い。
 
必死でスキンケアーをするのもいいが、少なくとも、「免疫学」の基本程度は知っ
ておいた方が良いだろう。
 
確かに「免疫学」は難しい。
その上、アトピーを治す具体的な解決策が提示されていないのだから、無視した
くなる気持ちも判る。
 
しかしアトピーが免疫疾患である以上、「免疫学」は私に多くのコトを教えて
くれた。
 
アトピー治療に関する限り、医者やクスリはサポート役と割り切り、「治すのは
自分!」と腹をくくる方が懸命だ。
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  ◆◇ <編集後記> ◇◆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
読者の方から嬉しいメッセージを頂きました。 紹介します。
 
>飛鳥さん、
 
>余りに楽しいので、近況を報告しちゃいます。
>漢方薬を忘れ、早4ヶ月。子供とは週末、「体を鍛えるぞー」と、11月ごろから
>毎土日、公園で極寒の中、3-4時間は遊びました。
>3月に始めたジョギング?では、最初50mで喘息で息が切れ、直ぐに家へ、
>そして吸入。
>毎日続けたら、今朝は絶好調で、約3km?を10分くらいで走れました。
>(でも飛ばし過ぎて、
>家でほんの少し吸入をしちゃいました)
>通勤で、人ごみを歩くだけで、呼吸困難になったのが、今ではエスカレーター
>をわざと使用せず、階段を駆け上がれるようになり、体が軽く、嬉しくなります。
>排便もすばらしく、飛鳥さんに出会わなければ今ごろ、絶対「痔」で手術をして
>いたと思う、こんな思いがうそのように出ます。
>目のかすみの進行も止まり、ほっとしています。
 
>今後の目標はジョギングの距離を伸ばし、タイムが良くなったら、市民マラソン
>に出ようかと。
>喘息患者がこんなん出来たらそりゃー素晴らしい。
 
>そうそう、皮膚の方は、腸が元気なせいか、タンパクを利用でき皮膚再生能力が
>高いのか、少し掻いても赤くもならず、もう一般ピープルの仲間入りですね。
>1日に1-2分痒い時がありますかね。これは普通の人でもそうでしょうね。
 
>先日、妻が「ほんと綺麗ね、昔はすごかったよね。体中どす黒かったし」って
>事を言ってました。
>「そうだっけ?」もう、あの時は忘れてしまって、なんか勿体ない気がしています。
>写真とか、日記とかつけとけばよかった。
 
>ただの、自慢?なので、返信不要です。
>でも、メルマガは続けます。
>殿堂入り頑張って下さい。
 
アトピーも喘息も根本は一緒。
それを証明してくれた読者の方。メール有難うございました。
きっとこのコメントで勇気を貰った人がいると思います。
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<発行人>  飛鳥 旬
・関連HP アトピー完治への道 www.atopy-1.info
     アトピ性皮膚炎克服レポート www.1atopy.com
・問合せ  asukairo@atopy-1.info
・次回発行予定 6月05日(日)
・解除はこちらから
────────────────────────────────────
【おばあちゃんの手作りローション 好評発売中!】
 買う前に自分で作ろう!
「コレを使えばアトピー治る!」なんて事は絶対にあり得ません。
あくまで、あなたのアトピー克服のサポート役としてご利用下さい。
   ↓
「おばあちゃん直伝化粧水」
===================================

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*