44-漢方薬2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■   ☆告白!体験者が明かす「アトピー克服の鉄則!」☆   第44話
□■     アトピー克服を支援するメルマガ 2005/11/06
□□■    関連サイト       読者数 11057人
□□□■   アトピー完治への道 https://www.atopy-1.info/
□□□□■ アトピ性皮膚炎克服レポート https://www.1atopy.com/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【このメルマガの趣旨】
アトピーを克服したい!そんなあなたをサポートするのがこのメルマガの使命です。
私<飛鳥 旬>自らの体験を通じて、自力でアトピーを克服する方法を一挙大公開!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
飛鳥です。
いかがお過ごしですか?

早速ですが、
前回、メルマガに登場してくれた太郎君。 覚えていますか?
その後、ブログにコメントを書き込んでくれました。

>飛鳥さんこんにちは、メルマガ読みました。
>今後はもっと自分の体のことを徹底的に調べていきたいと思います!
>思い出してみると、水を飲みすぎてたなぁ?。 と感じます。
>僕がもらった漢方薬は「桃核承気湯」と言って、この漢方薬は桂枝茯苓丸と
>共に、駆おけつ剤の代表的な処方で婦人疾患に広く用います。
>婦人のお血、神経症状、便秘などを目標とし、月経不順、月経困難,月経痛
>など月経異常に、また頭痛、イライラ、めまいなどの神経症状に本方が適用
>されるそうです。
 
>処方
>桃仁5.0、桂皮4.0、芒硝2.0 甘草2.0、大黄2.0 だそうです! 

太郎君、自分なりに良く調べたと思います。
漢方薬に関しては過去、私も徹底的に調べた経緯があります。

実際、今でも少し体調が悪いと感じた時には漢方薬を良く利用します。

でも、漢方薬を民間の漢方薬局で入手することはありません。
だって高いですもん・・・

漢方薬は保険を使って病院で処方箋を貰うのが基本。
でも私に言わせると、それでも高い。

情報と知恵があえればお金は掛からない。
ちょっと手間は掛かるかもしれないけれど・・・

アトピーを克服するのにお金は掛からない。
いや、お金なんか掛けちゃいけない。

この点に関しては「関西のおばちゃん」にも負けないぞ!

さて、今回もはじまり、はじまり。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【本日の目次】
・予感的中!
・身近な薬草を見直そう!
・編集後記       

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
         ◇◆◇ 予感的中! ◇◆◇
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

前回、太郎君からこんなコメントが来ました。

>僕もここのところ調子がだんだんとよくなってきたのですが、
>今この間お医者さんがくれた漢方を飲んでいるのですが、
>(この漢方は冷えと便秘に効くそうです)これを飲み始めてから
>便秘はなくなり、毎日排出しています。が、太く、きれいなうんこではなく
>かなりやわらかいうんこで細い感じです痒みはまだかなりあります。
>これは飲んでいて逆に体に悪くないでしょうか?
>漢方だから悪いとは思わないのですが少し不安です。

そこで、私はこんなコメントを残しました。

君の処方された漢方薬の中に「大黄」と言う生薬が配合されていたら
その時は必ずメールを下さい。その理由は次回のメルマガで紹介しよう。

何故、私がこんなコメントを残したか?

わかる人。
少しは漢方薬を勉強した人ですね。

私はこのコメントを見て、直ぐにピン!ときました。

>便秘はなくなり、毎日排出しています。が、太く、きれいなうんこではなく
>かなりやわらかいうんこで細い感じです痒みはまだかなりあります。

ポイントはココ。

太くきれいなウンコじゃなく、やわらかくて細いウンコ。
便秘じゃないのにこの有様は何だ?

自力じゃない・・・・
強制的に排泄させている・・・・

出てるんじゃない・・・・
無理に出させている・・・・

私の経験から「大黄」と言う生薬はかなり即効性のある生薬です。
ちなみに漢方生薬は上薬・中薬・下薬の3つに分類されます。

つまり毎日摂取して体質を強化し、他の薬の副作用を軽減する生薬が上薬。
逆に作用は強いが、副作用が出やすいものが下薬になります。

ところで「大黄」は?

漢方薬を中心に下剤の定番となっている生薬。

つまり便秘には「大黄」と言われるほど漢方薬の世界ではメジャーです。

何故「大黄」はメジャーなのか?
それは「大黄」が便秘に良く効くからでしょう・・・

良く効かなければ、薬は売れません。

しかし「大黄」は漢方生薬では下薬であり、その上「寒薬」です。
「寒薬」とは身体を冷やす生薬のこと。

私は太郎君のお医者さんに文句をつける気はサラサラありません。
ごめんね。太郎君。君にはすまないと思う。

でも私の場合、
よほどでない限り「大黄」のお世話にはならない。

全く逆なんだ。

私がお世話になるのはいつも「温薬」。
つまり体の芯を徹底的に温める生薬を使ってきた。

私の実践してきた「胃腸の健全化」はこれが柱になっている。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
         ◇◆◇ 身近な薬草を見直そう! ◇◆◇
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

我が家の冬支度を紹介します。

冬支度と言っても、それほど大袈裟なものじゃありません。
準備するのは近所で取れるヨモギ。

このヨモギ。
これからのシーズンはお薦めです。

ヨモギの効能は数知れない。
からだの内部を温めてくれる。

お茶にして飲んでもいいし、お風呂に入れるのよし。
アトピー性皮膚炎を克服する必須アイテムと言ってもいいくらい。

特に女性の場合、
夏の冷房とか冬でも薄いストッキング1枚にスカートだったりする訳でしょ。

どうしても体を冷やしてしまう。

特に腰。
ヨモギを陰干しにしておいて、煮立てて絞ってからタオルに包んで当てる。
半身浴も良いけれど、これは本当に体の芯から温めてくれる。
騙されたと思ってやってみるだけの価値はある。

でも、ヨモギのティーバックなんて買うのはよしましょう。

お金が掛かるから・・・
いやいや、それもあるけど、あの手の商品は熱を加えて圧縮したり、いろんな
加工がしてあるから・・・

都会でもヨモギならちょっと探せば見つかる筈。
それから、ヨモギが自家製のお灸になるってご存知?

乾燥したヨモギの葉っぱを両手で綿毛になるまで揉むんです。
これも結構使えます。

自家製のお灸なんか作ってどうするの?って?
自分で調べてみてください。
きっとわかると思います。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  ◆◇ <編集後記> ◇◆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
今回も当メルマガをご覧頂き有難うございました。
最近、本当に出張が増えました。
四国・広島・岡山など西日本が多いですが、時には東京まで日帰りもします。
やっぱり健康って大切ですね。

又、嬉しい知らせを頂く機会も増えています。
名古屋のKさん。
写真付きのメールありがとう!
「力になれたらいいです。」ってコメント。最高に嬉しいです。
この写真見たら、勇気付けられる人たくさんいると思います。
お世辞じゃなく、本当にキレイです。
頑張りやさんのKさん。又、返信メールしますね。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<発行人>  飛鳥 旬
・関連HP  https://www.atopy-1.info/
・問合せ  asukairo@atopy-1.info
・次回発行予定 11月20日(日)
────────────────────────────────────────────────────────────────
【おばあちゃんの手作りローション 好評発売中!】
買う前に自分で作ろう!
「コレを使えばアトピー治る!」なんて事は絶対にあり得ません。
あくまで、あなたのアトピー克服のサポート役としてご利用下さい。

https://asuka.atopy-1.info/products/detail.php?product_id=4
================================================================

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*