46-口に入れるもの、肌に塗るもの

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■   ☆告白!体験者が明かす「アトピー克服の鉄則!」☆    第46話
□■     アトピー克服を支援するメルマガ 2005/12/11
□□■    関連サイト 「アトピー完治への道!」  読者数 10437人   
□□□■   アトピー完治への道 http://www.atopy-1.info
□□□□■ アトピ性皮膚炎克服レポート https://www.1atopy.com
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━   
【このメルマガの趣旨】
アトピーを克服したい!そんなあなたをサポートするのがこのメルマガの使命です。
私<飛鳥 旬>自らの体験を通じて、自力でアトピーを克服する方法を一挙大公開!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
飛鳥です。
 
早いですね、もう12月。
今年も残り3週間ですが、いかがお過ごしですか?
みなさんにとって、今年はどんな年でしたか?
 
今年、メルマガを通じて、私にはひとつの出会いがありました。
 
それは現在「おばあちゃんの手作りローション」でお世話になっている社長との出会い。
 
実は、この社長、「化粧品は大量生産しない。」と言うポリシーの持ち主。
だから、スキンローションもすべて手作り。
 
では何故、大量生産しないのか?
 
そこには、社長の「こだわり」がありました。
 
ちなみに、「おばあちゃんの手作りローション」は、アトピー完治への道を歩む中
で、私が「痒み対策」として位置付けているもの。主成分はヨモギ、シソ、ユキノ
シタ、アロエなど、我家の近所で採取できる身近な野草ばかり。
 
ところで、この手作りローション。
私にも、大きな「こだわり」がありました。
 
私のこだわりと社長のこだわり。
これが無ければ、「おばあちゃんの手作りローション」は生まれなかった。
 
と言うのも、
既にご存知の方もいると思いますが、実はアトピー関連のメルマガでは読者数が
1万人を超えると、有料広告の依頼が結構入って来ます。
 
「貴メルマガで我社の商品を紹介して頂けませんか?」って感じで・・・
 
コレって結構いいお金になるし、メルマガ広告だけで稼いでいるツワモノもいる。
でも、このメルマガではスキンケアー商品や化粧品の広告は掲載しなかった。
(多分、これからもしないと思う。)
 
その理由は・・・
 
実は、「鮮度」
以前から、私はローションには「新鮮さ」を求めていたのです。
 
社長にとっても、化粧品の命は「鮮度」だったのです。
 
それでは何故、スキンローションに「鮮度」なのか?
 
最初に謝っておきます。
もし今回のメルマガ、化粧品関係の人が読んでいたらゴメンなさい。
 
さて、今回もはじまり、はじまり。
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【本日の目次】
・口に入れるもの、肌に塗るもの
・手作りの価値
・来年こそ、完治を目指せ!
・編集後記       
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
      ◇◆◇ 口に入れるもの、肌に塗るもの ◇◆◇
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
以前にも少し紹介しましたが、私には2年間の百姓経験があります。
 
百姓経験と言っても、兼業農家じゃありません。
サラリーマンを辞め、お米と野菜を栽培し販売していたのです。
 
だから、今でも食材には敏感。
 
新鮮な野菜、新鮮な魚、新鮮なお肉。
カロリー計算より、ビタミン含有量より、私にとっては「鮮度」が一番。
 
以前、新鮮な食材がアトピーにどれほど重要か、このメルマガでも紹介しました。
 
私達は、人間以外の「生命力」を頂戴して生きている。いや、活かされている。
だから腐食したモノ、毒のあるモノを食べると、身体が拒否反応を示してしまう。
 
これは、ある意味変えることの出来ない真理です。
 
でも、加工食品、インスタント食品には生命力がありません。
或いは、腐らないよう、腐食しないように加工されたものはどこか不自然・・・
断食をした後や、少食が身に付くと、こんな風に感じることもしばしば。
 
でも、作り手や売り手にとって、加工食品は実はありがたい存在でもある。
 
だって、腐らないですもん。
 
賞味期限が長いから、お店の商品棚にも長時間陳列できる。
野菜のように処分品で2割引き、5割引きにするリスクがないですから・・・
 
でも、やっぱり人間は「生命力」を頂戴して生きている。
 
医学や科学が発達して、「これ1粒で大丈夫!」「忙しいあなたをサポート!」
なんて、手間の要らない便利な食品が開発されるかもしれない。
 
でも、私ならそんな食事はまっぴらだ。
新鮮な野菜、新鮮な魚、新鮮なお肉の方が良い。
 
毎日の食生活が身体に及ぼす影響は、私達が想像している以上に大きい。
この事実を、私はアトピーを通じて嫌と言うほど痛感させられた。
 
だから、
カロリー計算より、ビタミン含有量より、私にとって大切なのは「鮮度」なのだ。
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
       ◇◆◇  手作りの価値  ◇◆◇
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
では、肌に塗るローションはどうでしょう?
 
「同じです。」
「口に入れるモノも、肌に塗るモノも。」って社長。
 
そりゃそうだ・・・
 
私のおばあちゃん。 
ヨモギは団子に。シソは梅干と一緒に。ユキノシタは天ぷらに。
そして、アロエはすりおろしてそのまま食べていた。
 
だから、私はローションにも「鮮度」を要求した。
そしたら、社長もローションの命は「鮮度」だと言う。
 
こうして「おばあちゃんのローション」は誕生しました。  
 
実際、社長の「鮮度」に対する執念は凄まじい。
その日に作ったローションは、すべてその日のうちに発送。
 
また、ひと月で使い切って欲しいから、容量は増やさない。
繰り返し使って欲しいから、価格は限界まで抑える。
 
そのための経営努力は計り知れない。
 
大量生産、莫大な宣伝広告、流通在庫、販売店支援に背を向け、オーダー
メイドの手作りに徹している。そこには、「新鮮なローションを届けたい!」
と言う想いが込もっているのだ。
 
アトピー性皮膚炎はローションだけで治せる疾患ではない。
アトピーが治せる便利な「魔法のローション」はこの世に存在しない。
 
だから、私は生活習慣を変え、少食に取り組み、胃腸の健全化を目指した。
それでも、痒みとの闘いが一気に休止する訳ではない。
 
「とにかく今、この痒みを何とかしてくれ!」
 
ステロイドを拒み続けた私にとって、おばあちゃんが教えてくれたローションは
何ものにも変えがたかった。
 
この季節になると思い出す。 15歳の冬。
 
母を亡くした私にとって、「手作り」の持つ意味は大きかった・・・
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
       ◇◆◇  来年こそ完治を目指せ!  ◇◆◇
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
来年に向けて あなたへのメッセージ
 
現在、「ステロイドは危険なクスリ」と言うイメージが定着しましたね。
でも、このステロイド。
ひと昔前には、これで症状をコントロールしている間に、アトピーが治ると言う
ケースも決して珍しくはなかったのです。
 
それから漢方薬。
これも、今でこそ白虎加人参湯や消風散でアトピーが完治する例は珍しくなり
ましたが、それでもひと昔前には効果的だったのですよ。
 
そこで、30年前と現在。 (私が15歳の頃です。)
この間に、我々の生活を取り巻く情況は激変しましたね。
アトピー以外にも花粉症や鼻炎など、アレルギー疾患は激増しました。
 
この様な情況の変化に伴い、従来型の治療方法では治らないアトピー患者も増え
ました。その典型例が私(飛鳥旬)です。
 
それでは、この「情況の変化」が意味するところは何でしょう?
 
それはアトピー性皮膚炎の治療に際して、
「その場しのぎの治療法はもはや通用しない」ということ。
つまり小手先のテクニックで症状を好転させる間に、自然治癒力を期待すると言う
方法は、もはや使えないと言うことです。
 
情況は変化します。
 
過去に効果的だった方法が現在も有効だと言う保障はありません。
だから一番確実な方法は、自ら「治すための行動」を起すこと。
つまり、自然治癒力の向上を待つのではなく、自力で治癒力を向上させる。
 
ちょっと厳しい話で申し訳ありません。
でも、自分から積極的に「治すための行動」を起さず、「他人」や「モノ」に
依存し続けるだけだと、現在のアトピーは治せない情況になっているのです。
 
 
忘年会など飲み会の多い季節になりました。
 
この時期、アトピーの克服を目指して頑張っている皆さんが辛いのは承知の上。
だからこそ残り少ない今年を悔いのないように、そしてまた新たなスタートを
切ってください。
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  ◆◇ <編集後記> ◇◆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
今回のメルマガはスキンケアローションの話題が中心でした。
「おばあちゃんの手作りローション」が販売されてからちょうど1年。
ご愛用頂いた読者の方から、いろんなご意見を頂きました。
そのお陰もあり、来年は更にグレードアップしたローションが出来るかも。
そんな期待に胸を膨らませています。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【おばあちゃんの手作りローション 好評発売中!】
買う前に自分で作ろう!
「コレを使えばアトピー治る!」なんて事は絶対にあり得ません。
あくまで、あなたのアトピー克服のサポート役としてご利用下さい。
        ↓
https://asuka.atopy-1.info/products/detail.php?product_id=4
────────────────────────────────────
【アトピー克服の鉄則を知る!】
アトピー性皮膚炎を克服するための第一歩。
何故、アトピー克服には「胃腸の健全化」が大切なのか?
誰にでも分かる簡単な説明で徹底解説。
飛鳥旬の「実体験克服レポート」
        ↓
https://asuka.atopy-1.info/products/detail.php?product_id=8
────────────────────────────────────
<発行人>  飛鳥 旬
・関連HP  https://www.atopy-1.info/
・問合せ  asukairo@atopy-1.info
・次回発行予定 12月18日(日)
=====================================================================

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*