2006年 5月 の投稿一覧

57 アトピーの現実と向き合う姿勢

■ 告白!体験者が明かす「アトピー克服の鉄則!」
■ アトピー克服を支援するメルマガ 
■ 第57話 2006/05/31
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 
■ 関連サイト
   アトピー完治への道
   アトピー性皮膚炎克服レポート
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【このメルマガの趣旨】
アトピーを克服したい!そんなあなたをサポートするのがこのメルマガの使命です。
私<飛鳥 旬>自らの体験を通じて、自力でアトピーを克服する方法を一挙大公開!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
飛鳥です。
みなさん、いかがお過ごしですか?
 
実は最近、叔母が胃の手術をしたため、入院先の総合病院に見舞いに行く機会が多かったのですが、何とその病院のお医者さん(男性)がアトピーなのです。
 
この先生、おそらく年齢は30代前半くらいかな?叔母の主治医ではないのですが、病院内の廊下ではよく姿を見かけます。何科の医師なのかはよく知りません。
 
でも、症状はかなり重症で、赤く腫れた顔をいつも痒そうに掻いておられる。
 
最先端の現代医学と優秀な研究者が莫大なお金を費やし、アレルギーの研究に取り組んでいるにも拘わらず、医者自身がアトピーに苦しむ時代です。
 
この現実を見る限り、アトピーをはじめアレルギー疾患に対する今までの認識を患者自身が自ら率先して変える必要があるように思えてなりません。
 
でも、それは「ステロイド」や「対症療法」を批判する話では駄目ですね。巷にはこの手の話がゴロゴロしていますが、やっぱりこの方向は駄目です。
 
医者や医学そのものを否定しても、アトピーは治らないですから。
 
とは言うものの、気持ちは分かります。今でこそエラそうなことを言っている私ですが、リバウンドの時は大変でしたから。
 
「ステロイドが憎い!」
「皮膚科の医者が憎い!」
 
それだけではありません。医療機関だけでなく、医学そのものを頭から否定していたのです。これは、もう理屈ではありません。屈辱感と恐怖感を身体が憶えているのですから…
 
でもね、やっぱり医療機関や医学を否定してはいけない。それは何も「ステロイドを使え!」という意味ではありませんよ。また、精神論や道徳観でもありません。
 
早い話、要するに損得の問題。アトピーを真剣に治そうと思ったら、医療機関や医学を否定しては損です。治るアトピーも治せなくなる。コレが判らず思い込みだけで突っ走ると、私と同じ失敗をします。
 
それでは、医療機関や医学を否定すると何が損なのか?
さて今回も、はじまり、はじまり。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【今回のテーマ】
・現実と向き合う姿勢
・克服のカギは「己に克つ」こと
・編集後記       
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆ 現実と向き合う姿勢 ◆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
私はアトピーが顔に出て以来、自分がアトピーである事実を絶対に認めなかった。
 
アトピーの自分は本来の姿ではない。だからアトピーの自分を認めることは、自分ではない自分を認めることになる。
 
それが嫌だった。
 
誰が見てもひと目で分かる重症のアトピー患者だったけど…。だから、しんどかった。正直「アトピーを理由に要領よく生きて行けたら…」と思ったこともある。でも、それは出来なかった。
 
だから毎日辛かった。
だけど今振り返れば、それはそれで良かったと思う。
 
自分の意志を通したのだから…
 
でも本気でアトピーを治したいなら、突っ張ってはいけないこともある。例えば、血液検査。アトピーを治す場合、この検査から得られる情報は非常に重要だ。
 
「ステロイドは悪魔のクスリだ!」
「皮膚科なんてアトピー患者の敵だ!」
 
と思うのは、ある意味仕方のないことかもしれない。
 
実際、ステロイドや皮膚科が嫌なら、避けて通ることもできる。それなりに覚悟は必要だが、ステロイドや皮膚科は何も必須条件ではない。だが、医療機関で受診できる検査は必須項目である。
 
何故なら、そこには「己を知る」ための客観的な事実があるから。ステロイドや皮膚科が嫌いなら、それはそれでいい。
 
でも、医療機関や医学そのものを否定してしまったら、各種の検査を否定してしまったら、「己を知る」ための拠り処をどこに求めればよいのだろう?
 
アトピーとの闘いに勝利するには、「敵を知り」「己を知る」必要がある。「嫌い!」という感情だけだと、間違いなく「負け戦」を強いられることになる。
 
ちなみに、私の場合、血液検査では、いつも「好酸球」の値に注目していた。検査上の数字では、この値が私のキーポイントになっていたから。
 
実際、3ヵ月後とに血液検査をすると、本当にパターンが良く判る。アトピーの場合、IGEの値を判断の目安にするケースが多い。確かに、私もIGEの値には注目していた。
 
でも、「己を知る」要因は、何もIGEの値だけではない。血液は検査すると、いろんなことを教えてくれる。アトピーを治す上で重要なデータを具体的な数字で示してくれているのだ。
 
でも、それを有効に活用するか、しないか、或いは頭から医学そのものを否定するかは、患者自身の姿勢にかかっている。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆克服のカギは「己に克つ」こと◆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
「アトピー完治への道」はマラソンに似ている。例えば、マラソンの大会で優勝するにはどうすれば良いのか?
 
普通なら優勝するためのタイムを知り、そのタイムを目標にトレーニングする。レース中、確かに駆け引きはあるだろう。
 
でも、結局、マラソンとは自分とタイムの闘いではないだろうか?そんな時、タイムがわからなければ、何を目標にトレーニングを積めばいいのか?
 
マラソンで優勝するためのタイムがシビアであるように、血液検査の結果もまたシビアで、そこには感情が入り込む余地はない。
 
でもアトピーを治すということは、マラソンのように優勝する必要はない。単に完走すればいいだけの話だ。
 
話は変わるが、西洋医学の素晴らしい点がココにあると私は思う。西洋医学は理論を重視する。だからクスリや治療法を見出すには、徹底的に検査データを取る。
 
一方、東洋医学の場合だと、検査データといっても難しい。「診立て」には、どうしても医師特有のバラツキがでてしまうからだ。
 
アトピーに関する限り、私は西洋医学の治療法や薬を賞賛するつもりはないが、各種の検査データだけは有難く利用させて頂いている。
 
要するに、客観的なデータを知ることと、どんな治療法を選択するかということはまったく違う次元の話だということだ。
 
例えば私の様に、客観的なデータは西洋医学の検査を受け、実際の治療は東洋医学的なアプローチを選択するという方法でも良いのではないだろうか?
 
ステロイドが副作用の強い薬だからといって、病院での検査をすべて拒否する必要性はどこにも無いと思う。というか、そんなことしたら悪徳業者のいいカモにされるかもしれない。
 
血液検査しても、その成績報告書をポイとゴミ箱に直行させてはダメだ。
 
「も・つ・た・い・な・い」
 
アレルギー疾患というのは免疫の異常だといわれる。そして、免疫力は血液中の白血球が担っている。
 
だから血液検査のデータくらい、自分で理解できる方が良いに決っている。医者が教えてくれたかどうかなんて関係ない。
 
こんな風にして、ゆっくり治したアトピーは再発しないのが普通だ。奇跡でもなんでもない。だって、治した本人がシッカリと治し方を熟知している訳だから。
 
当たり前のコトを当たり前にキチンと実行しただけ。ただそれだけ…。
 
アトピーは自分で治す病気。
そして、アトピーは治してナンボである。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆◇ <編集後記> ◇◆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
当メルマガをご覧頂きありがとうございます。
現在、出版のため原稿を執筆中ですが、今更ながら文章の難しさを痛感しています。本を「読む人」と「書く人」の視点って、まるっきり違うんですね。
文章を書くということは、とにかく考えることの連続。
小難しい言葉を操ったり自己主張だけの文章ではなく、素直な言葉で自分ならではの体験を伝えたい。で、「いつになった本になるの?」って聞かれると困るけど。でも、年内には完成させたいと思います。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【おばあちゃん直伝化粧水しっとりタイプ】
胃腸の健全化のサポート役としてご利用下さい。
→「おばあちゃん直伝化粧水しっとりタイプ」

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【飛鳥旬の保湿クリーム】
肌の内側はしっとり、表面はサラッと
した使用感の高保湿クリームです。
 →「飛鳥旬の保湿クリーム」

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【飛鳥旬のアトピー完治への道(単行本)】
私も自分を支えることが精一杯のころがあった。
「アトピーの苦しみは誰しも同じ。大丈夫だ」
これを伝えたくて話せなかった過去も記しました
→飛鳥旬の「アトピ完治への道」

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<発行人>  飛鳥 旬
・関連サイト アトピー完治への道
       アトピー性克服レポート
・問合せ  asukairo@atopy-1.info
・次回発行予定 06月11日(日)
・登録、解除はこちらから
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
私のプロフィールはこちら
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

56 理論それとも経験則?

■ 告白!体験者が明かす「アトピー克服の鉄則!」
■ アトピー克服を支援するメルマガ 
■ 第56話 2006/05/14
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 
■ 関連サイト
   アトピー完治への道
   アトピー性皮膚炎克服レポート
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 
【このメルマガの趣旨】
アトピーを克服したい!そんなあなたをサポートするのがこのメルマガの使命です。
私<飛鳥 旬>自らの体験を通じて、自力でアトピーを克服する方法を一挙大公開!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
飛鳥です。
今日は「母の日」
「お疲れさま」と感謝の意を込め、長女は妻に「肩たたき」のプレゼント。それに引き換え、長男は「何したらエエのかわかれへん…」
 
「オイオイ… それはないやろ」と私。
 
「じゃ、お父さんは?」とすかさず突っ込みを入れる長男。
 
「・・・・・・」 ちょっと形勢が不利になってきた。
 
「お父さんは何するの?」と長男は手を緩めない。
 
「お父さんはコレや!」と差し出した1万円札に妻は大喜び。
 
「じゃ、僕はマッサージする!」と長男。とほほ…
 
ところで「お疲れさま」といえば、慢性疲労症候群ってご存知ですか?
 
激しい疲労感に襲われ、それが半年以上も続く原因不明の病気。患者は国内に数百万人と推定されています。
 
実は私、アトピーの時にこれを経験しています。これ、はっきり言って辛いです。微熱が続き、全身が激しい倦怠感に包まれます。
 
で、てっきりステロイドの副作用かと思ったら、医者の診断は慢性疲労症候群。
 
「何それ?」
「慢性疲労症候群、つまりCFSですよ。」
「だからCFSって何?」
 
説明を聞いても、今イチよくわからない。アトピーだけでも大変なのに、さらに原因不明の病名を付けられた私。大体こうなると、どの病院に行っても解決策は見つからない。
 
でもね、アトピーが治れば慢性疲労症候群も治った。そして、再び健康に対する自信を取り戻すことが出来た。
 
どうして?さて今回も、はじまり、はじまり。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【今回のテーマ】
・理論それとも経験則?
・根本を見据える
・編集後記       
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆ 理論それとも経験則? ◆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
例えば、CFS。
 
つまり、慢性疲労症候群を診察する客観的な方法はまだ確立されていない。そのため、患者は病院や診療所をたらい回しにさせてこられた経緯がある。
 
そこで医療現場では病気を簡単に診断するための基準が必要になる。その結果、大阪大学や大阪市立大学の共同チームがこれを開発した。微量の血液に遠赤外線を照射するという方法らしい。
 
これは西洋医学がもっとも得意とする分野である。そして、実際にこの分野で西洋医学が果たす役割は大きい。西洋医学は理論を重視する。化学式をもとに実験を繰り返し、薬や治療法を見出すやり方である。
 
人間は理論に弱い。数字や理論を積み重ねて説得されると否定できなくなってしまうからだ。しかし、理論では治らない病気もある。
 
いや、現状ではこの手の病気を抱える患者が急増している。その正体は、一般的に慢性病とか生活習慣病と呼ばれるものだ。
 
アトピーや慢性疲労症候群もそのひとつ。一方、理論や数値よりも経験則や実例を重視する医学がある。ご存知、東洋医学である。
 
こちらは理論にはあまり拘らず、身体のどこのツボに刺激を与えると胃腸に良いとか、何と何をあわせて食べると血圧が下がるとか、そういった感じだ。どちらにも長所と短所があり、決して対立するものではない。
 
つまりアトピーを治す際に、ステロイドを「悪魔のクスリだ!」と罵るのと、「○○の漢方薬がアトピーに効く!」というのは、同じくらい意味が無いことだ。
 
だがアトピーのように原因が特定しにくい疾患には、理論よりも身近な経験則に答えを求めた方が良い結果が得られるケースが多いような気がする。理論がわからなくても、結果が出ればそれでよいのだから…
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆ 根本を見据える ◆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
アトピー患者の大半は、アトピーを治したくていろんなことを試みる。私の場合もそうだった。
 
とにかくアトピーを治したい一心で、いろんなことにチャレンジした。しかし、ここには落とし穴がある。
 
アトピーを治そうと躍起になると、本当に大切なことが見えなくなってしまうのだ。近道をしているようで、結果的には遠回りすることになる。
 
例えば、アトピーにスキンケアは悪いことじゃない。事実、私自身もスキンケアーはしてきた。でも、どんなに高価なローションを肌に付けても健康にはなれない。何故なら、スキンケアーは健康を維持する為の土台ではないからだ。
 
この点を勘違いしてはいけない。
なら、サプリメントはどうか?
 
これは皆さんの判断に任せたい。サプリメントが本当の健康を維持するための土台になるのか?
 
ちなみに、私が「自力でアトピーを治そう!」と決心したのは30歳の時だった。それまでの私は、アトピーは医者が治すものだと思っていた。だから「アトピーを治せる医者がどこかにいる筈だ」と信じていた。
 
そして、病院ジプシーを繰り返した。だが、アトピーを治せる医者はどこにもいなかった。いや、正確に言うなら、症状を短期間に改善できる医者なら存在した。
 
だが、アトピーを根本的に治せる医者など存在しない。何故なら、アトピーは自分で治す病気だから。
 
もし、「○○先生にアトピーを治して貰った!」と言う人がいたとしても、それは、その医者が患者の治癒能力を引き出すのが上手だということだ。
 
治したのはあくまで本人。いや、本人の身体である。アトピーは治すのに根気を要する病気である。大抵のアトピー患者はこの根気に向き合う前に疲れ果ててしまう。
 
毎日の生活で無理なコトをすると続かない。だから、当たり前のことを当たり前にキチンと続けることが大切になる。
 
アトピーを治して感じること。人間、シッカリ食べて、シッカリ出して、シッカリ眠れば、病気はしない。
 
アトピーを治す努力をするよりも、健康な身体を取り戻すための努力をする。実は、アトピーを克服する考え方として、これはとても大切なポイントである。
 
アトピーは治してナンボである。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆◇ <編集後記> ◇◆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
当メルマガをご覧頂きありがとうございます。
最近、このメルマガに広告掲載の依頼を頂く事が多くなりました。その大半は健康関係の商品ですが、中にはまったく健康とは関係のないモノもあります。メルマガで広告収入を得る方も少なく無いと聞きますが、私の場合、今の所、広告で収入を得るつもりはありません。広告の依頼を頂いた方には、お役に立てず誠に申し訳ありません。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【おばあちゃん直伝化粧水しっとりタイプ】
胃腸の健全化のサポート役としてご利用下さい。
→「おばあちゃん直伝化粧水しっとりタイプ」

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【飛鳥旬の保湿クリーム】
肌の内側はしっとり、表面はサラッと
した使用感の高保湿クリームです。
 →「飛鳥旬の保湿クリーム」

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【アトピーを段階的に改善させる
ワンポイント講座】

アトピーは不治の病ではなく自分で治す病気
だと言うこと。私がアトピーが治るまで実践した
内容を楽しくご紹介しています。
→アトピーを段階的に改善させるワンポイント講座

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<発行人>  飛鳥 旬
・関連サイト アトピー完治への道
       アトピー性克服レポート
・問合せ  asukairo@atopy-1.info
・次回発行予定 05月28日(日)
・登録、解除はこちらから
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
私のプロフィールはこちら
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

55 食事の王道とは?

■ 告白!体験者が明かす「アトピー克服の鉄則!」
■ アトピー克服を支援するメルマガ 
■ 第55話 2006/05/01
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 
■ 関連サイト
   アトピー完治への道
   アトピー性皮膚炎克服レポート
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━    
【このメルマガの趣旨】
アトピーを克服したい!そんなあなたをサポートするのがこのメルマガの使命です。
私<飛鳥 旬>自らの体験を通じて、自力でアトピーを克服する方法を一挙大公開!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
飛鳥です。
ゴールデンウィーク、如何お過ごしですか?
春を迎え、メールを頂く件数が多くなりました。その中でも、食事に関する問合せは相変わらず多いです。
 
さすがに最近は、「ヨーグルトでアトピーは治りますか?」といった類の質問は少なくなりましたが、それでも「○○でアトピーが消えた!」という話を聞いたのですが…飛鳥さんはどう思いますか?というパターンは結構多いです。
 
ところで、アトピーを治す特別な食品や食事法なんてあるのでしょうか?
 
アトピーはアレルギー疾患であると同時に、生活習慣病だといわれます。確かにその通り。でも、現実には生活習慣病と言われる割には、病院では食生活に付いてまともに教えてくれません。
 
どうして?
理由は単純。採算が取れないから。指導する人の人件費や場所代を考えたら採算が取れない。
 
だから大学病院なんかは、患者から受講料を取って○○教室を開催する。新聞社の後援や製薬メーカーのスポンサーが付くこともある。
 
ところが開業医クラスだとこれができない。当然です。でも、食生活ってアトピーだけじゃなく、健康を維持する上でも大切。そこで、患者は図書館や本屋でこの手の本を自分で探すワケですね。
 
私の場合もそうでした。自慢じゃないけど、食べ物に関する本なら300冊位読みました。その中から信じ込んだモノに向かって突っ走る。
 
とにかく、アトピーを治したい一心で突っ走るんです。でも、コレって実は危険。何が危険なのでしょう?
 
今回も、はじまり、はじまり。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【今回のテーマ】
・食事の王道とは?
・「お金」と「手間」は2の次
・編集後記       
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆ 食事の王道とは? ◆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
私がアトピーの時、「尿療法」というのが流行った。毎朝、尿をコップに一杯とり、一気に飲んだ後に水を飲む。たったこれだけ。
 
これで「余命数ヶ月の患者さんが助かった!」とか「十年来の胃潰瘍が治った!」という体験者が続出したというお話。
 
要するに、万病に効くというわけだ。
 
ちなみに、これは嘘じゃない。実際、この「尿療法」で難病を克服した人がいるのは事実。
 
でも私、オシッコは飲まなかった。それはオシッコを飲んで良くなった人がいるのは事実だろうけど、全然よくならない人がいる現実も知っていたから。
要するに、「万病に効く!」という部分に引っかかりがあったのだ。
 
例えば、食生活に関する本は読めば読むほど頭が混乱するようになっている。
 
塩分を控えろという説があれば、逆に塩分の不足はダメという説があり、水分を控えろという説があれば、必ず水分の不足はダメという説がある。
 
大体、この手の本を100冊以上読むと、いいモノと悪いモノとが必ず重複する。すると、患者は混乱する。そして、自分が信じたものに向かって努力するのだが、アトピーはそれほど簡単に治ってくれない。
 
そこで、また混乱する。そして、また新たな食事法を試すということを繰り返す。これは、他ならぬ私のパターンだった。
 
こんなことを繰り返しているうちに、10年くらい直ぐに過ぎてゆく。結局、私が得た食生活の結論。それは「極端なことはしない。」と言うことだ。
 
アトピーだけじゃない。本当の意味で健康を維持するためには、食生活の王道を歩けば良いのだ。
 
じゃ、具体的にその王道とはなにか?
それは、ご飯を食べること。
お腹が減ったらご飯、つまりお米を食べる。
 
全ての基本はココにある…
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆ お金と手間は二の次 ◆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
食べ物に関して悩んだ時間なら、人には負けない。あまり自慢にはなら無いけれど…でも、その中から得たものから、ちゃーんと結果が出た。
 
結論から言うと、お金の掛かる食事や手間の掛かる食事ほど、アトピーには効果がない。と言うこと。つまり、効果的なことほどお金はかからず、手間も掛からない。
 
要するに、誰にでも出来る。だから、ひとり暮らしの学生や会社員だって関係ない。どんな人にも実行できる方法でなければ意味がなくなってしまう。
 
「まず大切なのはキチンとご飯を食べること。」
 
これが実行できない人はいない筈。また、これが出来ないと何をやっても無駄になる。何故なら、これは土台だから…。
 
「ご飯をキチンと食べよう。」と言うと、決ってこんな風に言う人がいる。「白米よりも玄米の方が良いですよね?」って…そして、コレが高じると、「○○式食事法」とかになる。
 
私も散々やったから気持ちは分かる。でも、もっと単純でいいのだ。玄米が好きならそれで良し。食べにくい、或いは面倒なら白米で充分。
 
玄米菜食や胚芽米、発芽玄米でなければ、絶対にアトピーは治らない。なんてことは有り得ないのだから。
 
そして、副食のおかずはシンプルにする。味噌汁、漬け物など、発酵食品がお薦め。
 
ところで、私はホームページで少食を勧めているが、この少食を勘違いする人がいる。ご飯も食べず、ガリガリに痩せるまで頑張ってしまう。しかも、食べない事でストレスとギリギリの闘いをしてしまう。
 
これでは、あまりにもストイックな生活に陥ってしまう。食事は楽しく食べるのが基本。
 
お金と手間の掛かることは二の次。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆◇ <編集後記> ◇◆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
当メルマガをご覧頂きありがとうございます。
今日は子供の家庭訪問。それが終われば、久しぶりに釣りに行きます。メールの返信遅くなったらごめんなさい。9連休のゴールデンウィーク、お互い有意義に過しましょう!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【飛鳥旬の保湿クリーム】
肌の内側はしっとり、表面はサラッと
した使用感の高保湿クリームです。
 →「飛鳥旬の保湿クリーム」

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【おばあちゃん直伝化粧水しっとりタイプ】
胃腸の健全化のサポート役としてご利用下さい。
→「おばあちゃん直伝化粧水しっとりタイプ」

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【実体アトピー克服レポート】
アトピー性皮膚炎を克服するための第一歩。
何故アトピー克服には「胃腸の健全化」が
大切なのか?簡単な説明で徹底解説。
→「飛鳥旬の実体験克服レポート」

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<発行人>  飛鳥 旬
・関連サイト アトピー完治への道
       アトピー性克服レポート
・問合せ  asukairo@atopy-1.info
・次回発行予定 05月14日(日)
・登録、解除はこちらから
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
私のプロフィールはこちら
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━