65 重症のアトピーを治して思うこと

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

■ 告白!体験者が明かす「アトピー克服の鉄則!」
■ アトピー克服を支援するメルマガ 
■ 第65話 2006/10/23
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 
■ 関連サイト
   アトピー完治への道
   アトピー性皮膚炎克服レポート
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 
【このメルマガの趣旨】
アトピーを克服したい!そんなあなたをサポートするのがこのメルマガの使命です。
私<飛鳥 旬>自らの体験を通じて、自力でアトピーを克服する方法を一挙大公開!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
飛鳥です。
皆さん、いかがお過ごしですか?
さて、もうすぐ11月。
 
11月と言えば、私が最初にホームページを公開したのが2002年の11月。そして、初めてのメルマガを配信したのが2003年1月でした。
 
パソコンを買った記念に作ったホームページ。年間1500件以上のお問合せを読ませていただくと、改めてアトピーに苦しむ人の多さを痛感します。
 
そこで今回は当時を思い出し、その頃のエピソードを紹介したいと思います。長いようで早かった4年間。
 
やっぱり一番嬉しい瞬間は読者の方からの「アトピーが良くなった!」というメールですね。
 
さて、今回もはじまり、はじまり。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【今回のテーマ】
・何かが通じた瞬間
・重症のアトピーを治して思うこと
・編集後記       
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆ 何かが通じた瞬間 ◆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
アトピーが治って何が嬉しいかといえば、やはり「痒み」が消えたことだろう。なんだかんだ言っても、すべてはこの「痒み」からはじまったのだ。
 
「痒み」の無い生活を送ることは、永年の悲願であった。
 
「アトピーを治したい!」
「痒みの無い生活を取り戻したい!」
 
そんな風に思っている人が、この国には驚くほどたくさんいる。そんな中、思いで深いメールのやり取りがあった。それは3年ほど前、30代半ばの女性からのメールだった。
 
彼女は全国の病院を渡り歩き、入退院を繰り返しながら、僅かな望みと絶望の淵をさまよい、たった一人でアトピーと戦っていた。
 
定職にも就けず、アルバイトで食いつなぎながら、まとまったお金ができるとすべてをアトピーに注ぎ込んでいた。
 
彼女からのメールはほぼ毎日。そこには彼女が歩んできた人生が綴られていた。恋愛、仕事、医者や医療機関に対する想い…
 
特に、医療機関に対する不信感はもの凄かった。彼女の言い分は筋の通っていることが多く、私自身、共感できる点も多かった。彼女の気持ちはまさに、アトピーの頃の私を代弁していた。
 
彼女からメールを受け取るたび、私は心の中で相槌を打った。男女の違いはあれ、彼女と私は性格的にも良く似ていている点も多かった。
 
それは、どちらかと言うと物事を「善」と「悪」で判断する傾向が強いということ。40歳を越えた今でも、私は物事を「善悪」だけで判断してしまう傾向が強い。
 
そして、はっきり言うと「損得勘定」は苦手なのだ。ものごとを損得勘定だけで判断する人に嫌悪感を抱く場合すらある。
 
しかし、私は彼女からのメールに対して敢えて「損得勘定」の話をした。医療機関との付き合いは「善悪」ではなく「損得」なのだと。アトピーを治すにあたり、医療機関を上手に利用、活用してはどうかと。
 
すると、それ以来メールが途絶えた。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆重症の成人型アトピーを治して思うこと◆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
それ以降も彼女からメールが来ることは無かった。それでも、私には不思議と後悔は無かった。
 
その彼女から、先日メールが届いた。
3年ぶりである。
 
私自身、思い入れがあったせいで、彼女の名前は良く憶えていた。私は少し高ぶった気持ちを抑えるようにしながらメールを開いた。
 
そこには、こんな風に記されていた。
「飛鳥さん、私の人生に奇跡が起きました!」
 
彼女は今、オーストラリアに住んでいる。アトピーは消え、1歳になる娘さんとご主人に囲まれ幸せな毎日を過ごしていた。
 
そして、メールの最後はこんな風に締めくくられていた。
 
「善悪に拘らなくなると、もの凄く気持ちが楽になります。それに、子育ては善悪だけではできません。」
 
私は、彼女とは逢ったことはない。やり取りはメールだけ。でも、何かが通じたような気がした…。
 
アトピーを治して思うことがある。それは、今までアトピーを治した人の感想が私とは少し違う点。今まで何度か「アトピーを治した人」の本を読んだ。
 
女性の書いた本も、男性の書いた本も。その中でよく見かけるのは、「アトピーに感謝します。」というコメント。
 
実は、この感覚が私には無い。今でも、アトピーに感謝する気持ちなど全くない。アトピーのせいで失ったものは、どうしたって取り戻せない。
 
私のように、誰が見てもひと目で分かる重症のアトピー患者が、「アトピーなんか知りません」といったフリをし続けると、身も心もボロボロになってしまうということだ。
 
同じように、アトピーを治す場合、医療機関に対して「善悪」の感情を持ち過ぎるとこれも心がしんどくなる。医者にもいろんなタイプがあるように、医療機関もさまざまなのだ。
 
ただ一つ言えること。
それは、これだけ情報開示が要求される世の中になると、医療機関だけが例外であり続けることは無理だと言うことだ。
 
それはさておき。「善悪」よりも、より良く生きることの方が絶対に大事である。アトピーで苦しむくらいなら、もっと他のことに目を向けた方が人生は楽しい。結局、アトピーは治してナンボなのだ。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆◇ <編集後記> ◇◆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
当メルマガをご覧頂きありがとうございます。
医療制度の分野で改革が始まろうとしています。その背景には、不透明な利益構造や情報の非公開さが上げられています。未だに自分の支払ったお金の明細が良く判らないのは医療機関と高級クラブくらい。そう思うのは私だけでしょうか?
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【飛鳥旬の保湿ジェル】
オイルフリーで、サラッとした使用感。
顔にもご使用いただけます。
 →「飛鳥旬の保湿ジェル」

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【おばあちゃん直伝化粧水さっぱりタイプ】
胃腸の健全化のサポート役としてご利用下さい。
→「おばあちゃん直伝化粧水さっぱりタイプ」

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【アトピーを段階的に改善させる
ワンポイント講座】

アトピーは不治の病ではなく自分で治す病気
だと言うこと。私がアトピーが治るまで実践した
内容を楽しくご紹介しています。
→アトピーを段階的に改善させるワンポイント講座

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<発行人> 飛鳥 旬
・関連サイト アトピー完治への道
       アトピー性克服レポート
・問合せ asukairo@atopy-1.info
・次回発行予定 11月13日(月)
・登録、解除はこちらから
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
私のプロフィールはこちら
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*