2007年 1月 の投稿一覧

69 ステロイド内服

■ 告白!体験者が明かす「アトピー克服の鉄則!」
■ アトピー克服を支援するメルマガ 
■ 第69話 2007/01/30
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 
■ 関連サイト
   アトピー完治への道
   アトピー性皮膚炎克服レポート
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 
【このメルマガの趣旨】
アトピーを克服したい!そんなあなたをサポートするのがこのメルマガの使命です。
私<飛鳥 旬>自らの体験を通じて、自力でアトピーを克服する方法を一挙大公開!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
飛鳥です。
新年会のシーズンですね。いかがお過ごしですか?
 
ところで先日、取引先の新年会に呼ばれた時のこと。20代の男性が、次々とお酌をしながら周囲に挨拶をしていました。
 
「はじめまして!今年からお世話になります○○です。よろしくお願いします!」彼は、誰が見てもひと目で分かるアトピーでした。
 
「辛そうだな」そんな風に思っていると、彼がビールを持って私のところへ。そして、ひと通り挨拶を済ませた後、彼の口からこんな言葉が。
 
「ごめんなさい!私、アトピーなのでビールは控えています。」
「でも、仕事はガンガンやりますから!」
「さあ!さあ!もう一杯どうぞ!」
 
ものすごく自然! ものすごく素直! 感動した!とてもじゃないけど、私はこんな風に振舞えなかった…なんだか昔の自分を振りかえると、少しだけ情けない気がしました。
 
私は、自他共にアトピーと認め合える対人関係を築けなかったのです。アトピーが顔に出て以来、私は周囲に対して、アトピーであることを隠しまくっていたのです。正直になれないことは、心身ともにボロボロになりました。
 
アトピーという現実を受け入れるのは、やっぱり勇気の要ることだと思うのです。彼から学んだことは言えることがあります。人間の最大の関心事は「自分」だということ。これは、いい意味でも悪い意味でも真実ですね。
 
要するに、他人より自分のことを考えている時間の方が圧倒的に多い。だから、私のように必死でアトピーを隠しても、人はそれほど気にしていなかったということですね。とにかく、こんな悩みや苦しみはアトピーが治れば終わりです。
 
さて、今回もはじまり、はじまり。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【今回のテーマ】
・ステロイド内服
・アトピーのブルース。
・編集後記       
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆ ステロイド内服 ◆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
私は、ステロイドを内服した経験がある。29歳の時、親友の結婚式に参加するためだった。
 
アトピーが顔に出て以来、プライベートな付き合いはすべて断り、あれほど楽しみにしていた小学校の同窓会ですら欠席した私だが、この親友の結婚式だけは断るわけには行かなかった。
 
当時、リバウンドを経験する約1年前くらいで、私の顔は真っ赤に腫れ上がり白い粉を噴いていた。
 
医者に処方して貰ったのは「プレドニン」
ところで、「血中半減期」という言葉をご存知だろうか?
 
これは、ステロイドが血液中でピークの濃度に達した後、その濃度が半分になるまでの時間のことを言う。ちなみに、プレドニンの場合、血中半減期は3~4時間。
 
このプレドニン1錠(5ミリグラム)を1日おきに飲んでも、副腎皮質機能の抑制は生じにくいが、1日2錠以上の服用だと確実に副腎皮質機能は抑制されることになる。
 
私は、友人の結婚式にプレドニンを飲んで出席した。もちろん、誰が見てもアトピーだとは分らない。無事にスピーチも終えた。
 
ところが、ステロイドの内服で厄介なのは、リンデロン、パラメゾン、デカドロンの類。この手のステロイドは半減期が長く、1日おきに投与しても副腎皮質機能の抑制に関しては無意味だ。
 
連日投与の場合だと、半錠でも副腎皮質機能の抑制がおこることもある。だからと言って、効果が著しく変わるかどうかは疑問。
 
一時的に症状を改善させるだけなら、プレドニンで十分?このあたりの知識は覚えておいたほうがいい。これは、良い悪いの問題ではなく、損得の問題だ。
 
私達、人間は社会生活を営みながら生きている。アトピーだからと言って、社会人を放棄出来ないことの方が多い。
 
本来、ステロイドなんか使わないに越したことはない。でも、どうしてもステロイドが必要な時もある。
 
そんな時、プレドニンやメドロールと、リンデロン、パラメゾン、デカドロンを同じステロイドだと思っていると損をする…。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆アトピーのブルース(エンタの神様編)◆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
最近、我家では家族全員がエンタの神様にはまっている。長男が次長・課長。 長女が陣内。 妻が友近。そして、私がアンガールズ。
 
本日の締めくくりはコレ。アトピーのブルース聞いてくれ。
 
皮膚科でアトピーと診断された時の話やけど…
 
まぁ、アトピーいうても、きょうび珍しいこともあれへんし、とりあえずめんどくさいことするのもいややし、このまま何にもせんと、医者の言うこと聞いてクスリ塗って様子をみとこう、と当たり障りのない対処をするのか…
 
それとも…いや、ちょっと待てよ…
皮膚が痒いということは、オレの生活に何か問題があるのとちゃうか?と気付いてこの際、徹底的に生活習慣を見直したろ!
 
と考えるのかは…
自由だ!
 
アトピー IS フリーダム。
アトピー IS フリーダム。(一緒に!)
 
でも、何にもせんと、その場しのぎでステロイドばっかり塗ってたら、そのうち嫌でも、痛い目にあうで。サンキュウー!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆◇ <編集後記> ◇◆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
当メルマガをご覧頂きありがとうございます。
アトピーの時、結婚式に呼んでくれた親友からメールが届きました。「娘が中学受験に落ちた!」って。こんな時、どんな風に返信すればよいのか迷います。すると、再度メールが…。「次は高校受験を目指して頑張ります!」って。受験か…。取り合えず前向きなのが一番ですね。ところで、我家の子供はどうするの?
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【飛鳥旬の保湿クリーム】
肌の内側はしっとり、表面はサラッと
した使用感の高保湿クリームです。
 →「飛鳥旬の保湿クリーム」

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【おばあちゃん直伝化粧水しっとりタイプ】
胃腸の健全化のサポート役としてご利用下さい。
→「おばあちゃん直伝化粧水しっとりタイプ」

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【飛鳥旬のアトピー完治への道(単行本)】
私も自分を支えることが精一杯のころがあった。
「アトピーの苦しみは誰しも同じ。大丈夫だ」
これを伝えたくて話せなかった過去も記しました
→飛鳥旬の「アトピ完治への道」

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<発行人> 飛鳥 旬
・関連サイト アトピー完治への道
       アトピー性克服レポート
・問合せ asukairo@atopy-1.info
・次回発行予定 02月12日
・登録、解除はこちらから
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
私のプロフィールはこちら
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

68 快便は健康の源

■ 告白!体験者が明かす「アトピー克服の鉄則!」
■ アトピー克服を支援するメルマガ 
■ 第68話 2007/01/15
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 
■ 関連サイト
   アトピー完治への道
   アトピー性皮膚炎克服レポート
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 
【このメルマガの趣旨】
アトピーを克服したい!そんなあなたをサポートするのがこのメルマガの使命です。
私<飛鳥 旬>自らの体験を通じて、自力でアトピーを克服する方法を一挙大公開!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
飛鳥です。
年が明けてはや2週間。
みなさん、如何お過ごしですか?
 
私も今年は46歳。アトピーが完治してから13年が経過しました。リバウンドで緊急入院した時、妻のお腹にいた長女も今年は中学3年生。
 
あの頃は心身ともにお先真っ暗で、とにかく1日をやり過ごすのが精一杯でした。でも、私は幸運だったのは、入院した病院が京都のT病院だったことでしょう。
 
入院中に知り合ったS君とは今も友達。アトピーが原因で彼女と別れ、落ち込んでいた姿を今も良く憶えています。そんな彼も、今では一家の大黒柱。アトピーとは無縁の生活を送っています。
 
アトピーは「治そう!」と決心すれば治せる病気です。改善じゃなく、完治させた人は皆、自分の力で治している。
さあ!今年も頑張ってゆきましょう!
 
今回もはじまり、はじまり。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【今回のテーマ】
・医療機関を選ぶ選択基準
・今年こそふんぎりをつけよう!
・編集後記       
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆ 医療機関を選ぶ選択基準 ◆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
先程、私の人生を変えるキッカケとなった病院に付いて触れた。京都のT病院だ。
 
このように書くと「T病院の実名を教えてください。」と問合せが殺到する。でも私は実名を教える前に、必ず釘を刺すことにしている。
 
ご存知の方も多いと思うが、このT病院、実はアトピー治療に関しては超有名だ。実際、有名なだけでなく実績も凄い。だが、どんなに病院の治療に対する取り組みは素晴らしいが、やっぱりアトピーを治せない人が何割かは存在する。
 
どんな人だろう?
それは、とにかく医者に対して「アトピーを治して欲しい!」と懇願する人だ。カリスマ医師に何もかも任せておけば大丈夫と思っている人である。
 
この手の人にはこの病院は合わないから、お薦めできないのだ。「なんだ、治してくれないじゃないか。」となるから。ちなみに、この病院にカリスマはいない。
 
だが、本当に手間ひまかけて丁寧にアトピーを治していく。カリスマ医師ではなく、チーム医療が徹底されている。
 
私の時もすべてのスタッフが、私をサポートしてくれた。もう10年以上前の話だけど、この姿勢は今も変わっていないらしい。(と、メルマガ読者の方が言っていた。又聞きでごめん。)
 
何故、このような話をしたのか?
それは、アトピーが治らない病気だと思って治療している医療機関では治るアトピーも治らないからだ。
 
「絶対に治る病気だ!」と思って治療している医者とは、全く取り組む姿勢が違うのだ。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆今年こそ「ふんぎり」をつけよう!◆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
実は私、入院中に生まれて初めて断食を経験した。それ以後、今でも時々、プチ断食をすると体調は間違いなく良くなる。
 
驚くのは「便」。
不思議な話だが、ウンコの量が倍以上になる。太いバナナ2本分が朝、昼、晩に出る。
 
しかも一瞬で、スポーン!以前は5分以上が当たり前だった。トイレットペーパーも要らない。
 
◎人間は、便通が良くなれば間違いなく体調は良くなる。
◎体調が良くなれば、必然的に治癒力は向上する。
◎治癒力が向上すれば、病気にはならない。
◎もし、病気がちなら健康になる。
 
これが物の道理だ。アトピーを治す方法だって同じ。便通は健康の基本なのだ。
 
今年こそ、アトピーにふんぎりをつけよう!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆◇ <編集後記> ◇◆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
当メルマガをご覧頂きありがとうございます。
今、まさに医療制度が変わろうとしています。これからは病院経営も大変な時代。京都のT病院は医療法人ではなく社会福祉法人だ。こんな所に手間をかけた治療ができる理由があるのかもしれない。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【おばあちゃん直伝化粧水しっとりタイプ】
胃腸の健全化のサポート役としてご利用下さい。
→「おばあちゃん直伝化粧水しっとりタイプ」

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【飛鳥旬の保湿クリーム】
肌の内側はしっとり、表面はサラッと
した使用感の高保湿クリームです。
 →「飛鳥旬の保湿クリーム」

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【アトピーを段階的に改善させる
ワンポイント講座】

アトピーは不治の病ではなく自分で治す病気
だと言うこと。私がアトピーが治るまで実践した
内容を楽しくご紹介しています。
→アトピーを段階的に改善させるワンポイント講座

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<発行人> 飛鳥 旬
・関連サイト アトピー完治への道
       アトピー性克服レポート
・問合せ asukairo@atopy-1.info
・次回発行予定 01月29日(月)
・登録、解除はこちらから
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
私のプロフィールはこちら
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━