■ 告白!体験者が明かす「アトピー克服の鉄則!」
■ アトピー克服を支援するメルマガ 
■ 第71話 2007/03/18
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 
■ 関連サイト
   アトピー完治への道
   アトピー性皮膚炎克服レポート
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━    
【このメルマガの趣旨】
アトピーを克服したい!そんなあなたをサポートするのがこのメルマガの使命です。
私<飛鳥 旬>自らの体験を通じて、自力でアトピーを克服する方法を一挙大公開!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
飛鳥です。
いかがお過ごしですか?
 
ひさびさに風邪を引いてしまいました。長女がインフルエンザに罹った矢先だったので「もしかすると…」と思っていると、案の定、熱が出て寝込んでしまいました。
 
翌日、同級生の医者に診てもらうと「インフルエンザじゃないよ。」とのこと。「やれやれ、2,3日もあれば回復するだろう…。」そんな風に思っていると、これが意外としぶとい。
 
熱は無いのに、のどが痛くて体がだるい。だからと言って、会社を休むほどでも無いんですね。こういう症状って、一番タチが悪いです。結局、完全に元に戻るまで10日以上も掛かりました。
 
逆に、高熱を発する方が、風邪も治りが早いケースが多いです。一気に熱が出て汗も出たら、翌日は何事も無かったようにスッキリする。
 
これって、アトピーを治す場合のヒントだったりします。さて、今回もはじまり、はじまり。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【今回のテーマ】
・熱が出る意味
・「冷え」が駄目な理由
・編集後記       
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆ 熱が出る意味 ◆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
27歳の頃、あることに気付いた。
それは、風邪をこじらせて肺炎で入院した時のことだ。高熱(40度以上)を発して病院のベッドでうなされている時、ふと気付いた。
 
「あれ?痒くない…。」
 
その頃、私のアトピーは最悪で、顔一面に接着剤を塗られたようにバリバリ。ステロイドの副作用から、体もステロイド皮膚症になっていた。
 
抗ヒスタミン剤が無ければ、夜もロクに眠れない。そんな私が肺炎に罹って高熱を発すると、不思議と痒みが止まった。
 
結局、肺炎では10日間入院したのだが、その後、退院しても2.3日は痒みの無い生活を送る事ができたのだ。(その後は苦しいアトピー生活に逆戻りしたけれど…。)
 
そう言えば、それ以前もそうだった。風邪を引いて熱が出ると、その間だけは不思議と痒くなかったのだ。恐らく、私と同じ経験のあるアトピー患者は多いはずだ。
 
振り返って欲しい。風邪を引いて高熱を発した時のことを…。高熱で死にそうになりながら、同時にアトピーで苦しんでいただろうか?
 
発汗でビショビショになりながら、同時に体を掻いていただろうか?この瞬間だけは、あの痒みから開放されていなかっただろうか…。
 
私の経験では風邪を引いて高熱が出たとき、アトピーの痒みは軽減する。つまり、高熱と痒みは同居しないということだ。どうしてだろう?
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆「冷え」が駄目な理由◆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
「病気を治す」場合、体温は極めて重要だ。
1866年にドイツの医学博士が、肺炎などの感染症で高熱が長く続くとガンの治る患者がいる研究論文を発表している。
 
また1900年初頭には手術不能の悪性腫瘍の患者で、丹毒に感染した約半数が完治したという事実が発見されているが、これも高熱による影響だ。
 
ガンや悪性の腫瘍が熱に弱いことは疫学調査でも立証されている。また動物はケガや病気をすると、発熱で体温を上げることで自然治癒力を最大限に高めようとする。
 
人間の場合、体温が1度上昇すると免疫力が30%以上増強すると言われているが、私の経験上、これはアトピーにも当てはまる。
 
アトピーを治そうと思ったら、体を冷やしては駄目だ。免疫力を常に高い位置でキープしようと思ったら、「冷え」は最大の敵になる。
 
ただ、ここでは注意すべき点がある。それは「冷え」と言う概念が、必ずしも体の表面だけの問題ではないということ。
 
例えば内臓でも心臓と脾臓は温度が高い臓器だが、胃や大腸、食道、肺、子宮、卵巣などの臓器は内部が空洞なので温度がどうしても低くなる。細胞が臓器の周囲にしか存在しないから、これはどうしょうもない…。
 
これは胃ガン、大腸がん、肺がん、子宮ガンはよく知られているが、心臓ガン、脾臓がんは聞いたことがないことからも明らか。事実、がん細胞は35.0度の体温で増殖し、39.3度で絶滅する。
 
だから免疫力を高めるなら、内蔵を冷やすような生活習慣をしていては駄目なのだ。肺炎の時のように、瞬間的に免疫力を上げることはできないのだから…。
 
だから、普段からの生活習慣が大切なのだ。アトピーの場合も、コレに尽きる。○○茶や○○飲料、特定の栄養素でアトピーの治る方が不思議。
 
真冬に冷たいコーラを飲んでいては、治るアトピーも治らない。また陰性食品である白砂糖を大量に使用した食品も胃腸を冷やす。
 
アトピーを治す場合、難しい医学理論を学ぶ必要は無い。だからT細胞やB細胞、マクロファージの働きなんて知らなくても大丈夫。
 
それより「胃腸の健全化」で免疫力を向上させる方が大切。胃腸の働きが良くなると、すべての器官や組織は活性化して元気になる。
 
ここには「アトピーを治している。」と言う感覚は希薄かもしれない。むしろ「アトピーが勝手に消えて行く。」と言った感覚の方が近い。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆◇ <編集後記> ◇◆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
当メルマガをご覧頂きありがとうございます。
◆アトピーの時、私は自分が健康とは思わなかったけれど、かといってそれほど不健康とも思っていなかったんです。要するに「これが普通」って感じだった訳。でも、コレって間違いでした。アトピーの時って、やっぱり不健康。だって、体調だって良くなかったですから。でもアトピーの人って、意外とこの事実に気付いていないかも。「オレはアトピーだけど、まあ健康かなぁ」って。
◆そう考えると、アトピーを治す事って特別なことじゃなく、健康になることですね。アトピーを治す事を目指すより、健康になることを目指す。その方がスッキリしてわかりやすいかも。余計なお金を使うこともないしね。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【おばあちゃん直伝化粧水しっとりタイプ】
胃腸の健全化のサポート役としてご利用下さい。
→「おばあちゃん直伝化粧水しっとりタイプ」

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【飛鳥旬の保湿クリーム】
肌の内側はしっとり、表面はサラッと
した使用感の高保湿クリームです。
 →「飛鳥旬の保湿クリーム」

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【アトピーを段階的に改善させる
ワンポイント講座】

アトピーは不治の病ではなく自分で治す病気
だと言うこと。私がアトピーが治るまで実践した
内容を楽しくご紹介しています。
→アトピーを段階的に改善させるワンポイント講座

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<発行人>  飛鳥 旬
・関連サイト アトピー完治への道
       アトピー性克服レポート
・問合せ  asukairo@atopy-1.info
・次回発行予定 04月01日
・登録、解除はこちらから
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
私のプロフィールはこちら
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━