80 ぬか漬け

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

■ 告白!体験者が明かす「アトピー克服の鉄則!」
■ アトピー克服を支援するメルマガ 
■ 第80話 2007/09/02
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 
■ 関連サイト
   アトピー完治への道
   アトピー性皮膚炎克服レポート
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━    
【このメルマガの趣旨】
アトピーを克服したい!そんなあなたをサポートするのがこのメルマガの使命です。
私<飛鳥 旬>自らの体験を通じて、自力でアトピーを克服する方法を一挙大公開!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
飛鳥です。
皆さん、いかがお過ごしですか?
 
以前にも少し触れましたが、実は私、2年ほど百姓をしていた経験があります。アトピーが完治した年、33歳の頃の話です。
 
百姓と言っても兼業農家じゃないですよ。サラリーマンを辞め、専業だからモロに生活がかかっていたわけです。二人の子供を抱え、それはそれは必死でした。
 
今でも妻と一緒にスーパーへ買い物に出かけると、百姓の視点から食材を吟味するクセが抜け切れません。
 
そんな中、やっぱり感じるのは、「日本人って本物の漬け物を食べなくなったな…」ってことです。
 
リリー・フランキーさんは自作、「東京タワー オカンとボクと時々、オトン」の中でこんな風に語っています。
 
「自堕落な生活の染み付いていたボクは、どんなに重要な用事があっても寝醒めが悪く、遅刻、すっぽかしを繰り返していたのだけど、オカンの作る朝食と、ボクが起きる時間に合わせて漬けられたぬか漬けの威力には不思議と目が醒めたものだった。」
 
現在、自宅で「ぬか漬け」を作っている家庭ってどの位あるのでしょう?サラリーマンに戻ってから、我家でも漬け物は「浅漬け」が多くなりました。
 
そして現在、漬け物と言えば、市販されているのは添加物に野菜を浸して真空パックされたものが大半ですね。
 
お隣の国、韓国でも近年、自宅でキムチを漬ける家庭が減少しているとか…。
 
でもね…漬け物は日本人の伝統食です。そして、無条件に体に良いです。これは百姓をしている時に痛感しました。
 
弱った胃腸に活力を与えてくれ、そしてゆっくりと元気が出る。何と言っても、四季の野菜がバランスよく食べられるのですから。
 
「でもな、面倒だよな。家の中、臭くなるしなぁ…」
 
それでも、自作の漬け物は試してみるだけの価値はあります。そして、アトピーの人には絶対お薦めなのです。いろんなものにお金を掛けるなら、ぬか漬け野菜を食べる方が良いです。
 
リリー・フランキーさんが自堕落な生活を続けてもアトピーにならなかったのは子供の頃から本当の漬け物の味を知っていたから?
 
さて、今回もはじまり、はじまり。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【今回のテーマ】
・生命力を食す
・食生活の話
・編集後記       
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆ 生命力を食す ◆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
食品添加物の害が叫ばれるようになってから久しい。
 
私は昭和36年生まれだが、昭和37年にはじまる高度経済成長をキッカケに我々の食生活は激変した。
 
着色料、保存料が登場したのは昭和30年代後半から。時代の要請により、量流通、大量保存を支えるのが目的だった。
 
そして当時と比較すると、現在、鶏卵で6倍、肉類で10倍、油脂類で約13倍。そして乳製品に至ってはなんと20倍!と言う摂取量だ。(食料需給表より)
 
一方、コメ(ご飯)の消費量は戦前と比較すると40%以上も減っている。
 
ちなみに、私がアトピーと診断されたのは15歳の時。昭和51年だった。これはおよそ高度経済成長以降、10年が経過した頃にあたる。
 
当時、皮膚科でもアトピーと言えば「子供の病気」だと言う雰囲気が残っていたが、私の記憶では、その頃から成人型のアトピーは確実に治りにくくなっていた。
 
私は自分の体験から、食生活の変化とアトピーには相関関係があると思っている。でも、それは特定のビタミンやミネラルが有効であると言った話ではない。
 
「タウリン2000mg配合!」
「この食品にはビタミンCがレタス30個分含まれています!」
 
私は、自分の口に入れるモノを判断する時、この手の表示はほとんど無視する。と言うか、そもそも判断基準にはしない。何故なら、ビタミン等の栄養素を基準にしても、結局、訳がわからなくなるからだ。
 
それより私なら、「この食材には生命力があるか?」と言う事を基準に判断する。この方が簡単で間違いがないからだ。
 
事実、新鮮な食材を使った料理は工場で加工されたものよりも断然旨い。人間は、他の動植物の生命力を頂いて生かされている。
 
百姓の時、生活は苦しかったけれど、人間が生きるうえで大切なことはたくさん学べたような気がする。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆ 食物アレルギーの話 ◆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
私の知る限り、食物アレルギーが関与する成人型のアトピー患者は少ない。
 
実際、アレルゲンの検査をしても、ダニやハウスダストに陽性を示す人がほとんどで、コメ、小麦、大豆がスコアー3以上を示す人は少数派だろう。
 
また臨床現場では一部の小児科医が相変わらず厳格な「除去食物療法」を唱えているが、食物アレルギーによるアトピー説は世界的にももう勝負はついている。
 
「食物誘発性アナフィラキーショック」のアトピー患者がいることは確かだが、絶対数は100人に一人か二人位だと言われているからだ。
 
「だったら、どうしてアトピーを治すのに食事がそんなに大切なんだ?」
 
そんな風に思う人も多いだろう…。正直、私もアトピーの時にはそんな風に思っていた。事実、皮膚科ではこんな風に言われていた。
 
「食べ物なんてアトピーに関係ないから、好きなものを食べれば良いんだよ。」
 
でも、ここにはやっぱり注意が必要なのだ。こればかりは患者自身が自分で自覚するしかない。
 
その証拠に、確かに目の前のラーメンやハンバーガーを食べた所で、アトピーになる訳でもなければ、アトピーが劇的に悪化する訳でもない。
 
だから、メールでいきなり
「ラーメンは止めた方が良いですか?」と質問されても困ってしまうのだ。ラーメンがアトピーに良いとか、悪いとかの議論には、正直、意味が無いからだ。
 
この手の話はラーメンだけに限らない。
「とんかつは?」
「ハンバーガーは?」
「ヨーグルトはどうですか?」
 
どこまで行ってもキリが無い。アトピーを治す場合、食生活全体で考えないと、個々の食べ物の良し悪しだけを見ていても解決策にはならない。
 
どんどん袋小路に陥ってしまうだけ。それより、「あなたはどんな食生活をしているの?」って話だ。
 
ちなみに、漬け物を中心とした食生活ってどんなものだろう?
漬け物にはご飯?
それともハンバーガー?
それともパスタ?
 
私なら、ハンバーガーやパスタなら漬け物じゃなく、生野菜が食べたくなる。そして飲み物は味噌汁じゃなくてスープやコーヒーだ。
 
漬け物、ご飯、味噌汁は漢字中心。ハンバーガー、パスタ、スープ、コーヒー、サラダならカタカナ中心。
 
食生活、食習慣とはこう言うことだ。だから食物アレルギーが関与していなくても、食生活はやっぱり大切なのだ。
 
それはアトピーがどうのこうのと言う以前の問題として、人が健康に生きてゆくための必須条件だから…。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【飛鳥旬の保湿ジェル】
オイルフリーで、サラッとした使用感。
顔にもご使用いただけます。
 →「飛鳥旬の保湿ジェル」

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【おばあちゃん直伝化粧水さっぱりタイプ】
胃腸の健全化のサポート役としてご利用下さい。
→「おばあちゃん直伝化粧水さっぱりタイプ」

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【アトピーを段階的に改善させる
ワンポイント講座】

アトピーは不治の病ではなく自分で治す病気
だと言うこと。私がアトピーが治るまで実践した
内容を楽しくご紹介しています。
→アトピーを段階的に改善させるワンポイント講座

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<発行人>  飛鳥 旬
・関連サイト アトピー完治への道
       アトピー性克服レポート
・問合せ  asukairo@atopy-1.info
・次回発行予定 09月23日
・登録、解除はこちらから
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
私のプロフィールはこちら
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*