■ 告白!体験者が明かす「アトピー克服の鉄則!」
■ アトピー克服を支援するメルマガ 
■ 第95話 2008/09/28
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 
■ 関連サイト
   アトピー完治への道
   アトピー性皮膚炎克服レポート
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【このメルマガの趣旨】
アトピーを克服したい!そんなあなたをサポートするのがこのメルマガの使命です。
私<飛鳥 旬>自らの体験を通じて、自力でアトピーを克服する方法を一挙大公開!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
飛鳥です。
皆さん、いかがお過ごしですか?
9月です!秋です!私はこの時期、仕事が終ると自宅へ直行。夕食を食べるのがとても楽しみなんです。
 
それはね。9月になると新米が食べられるから。これがもう最高に旨い!炊きたてはモチロン。冷めても美味しいんです。早場米の九州は別として、普通、本州の農家は9月に稲刈りをするでしょ?
 
我が家は三重県の農家から直接お米を分けてもらっているのですが、これが毎年、9月の半ばになると新米が到着するわけです。流通を経由していないので古米や古古米(ここまいと読みます)を混入される心配もないし、今話題になっている事故米なんてありえない世界です。
 
実は私、アトピーが治ってから数年間、百姓をしている時期がありました。当時は食管法が改正され、お米の販売が自由化された最初の頃でした。なので、私、自分の作ったお米は自分で販売していたのです。名刺の肩書きに「百姓」って書いてね。
 
今回はその体験から、アトピーの方に是非とも知らせたい情報があります。
 
さて、今回もはじまり、はじまり。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【今回のテーマ】
・「脱ステロイド」よりも大切なこと
・結局 最後は生命力
・編集後記       
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆「脱ステロイド」よりも大切なこと◆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
先日、アトピー治療に関するある人のブログを読む機会があった。普段、アトピー関連のブログには関心のない私だが、この時ばかりは最近でもめずらしいほどの過激なタイトルだったので、自然と目が止まった。
 
「ステロイドを止めない限り、アトピーは絶対、絶対、絶対、治せない!!」こんなタイトルだった。ブログの書き手はステロイドの副作用で辛い目にあった経験があるらしい。
 
この手のヒステリックなステロイド批判は1980年代後半から90年代の初め頃にピークを迎えたが、その後は少しずつ下火になっていった。
 
その背景には恐らく、ステロイド離脱に成功してもアトピーが治らないままの人の存在があったと思われる。実際、ステロイドを止めてもアトピーのままの人は多い。
 
彼らは言う。「私、ステロイドを止めてもう5年以上経ちます。でも、アトピー治らないんですよね。」
 
一方、それでも尚、アトピー患者の大半が今でもステロイド外用薬に対する不信感や不安を払拭できないままでいる。
 
「ステロイドって一度塗ったら蓄積されて、内臓をボロボロにするんでしょ…」
 
「ステロイドって免疫抑制剤だから塗ると免疫力がどんどん落ちるんですよね…」
 
ちなみに、放射性同位元素を使った検査では体に塗ったステロイドは数日で皮膚から消失することが判明している。血液からも体からも残留性は認められていない。
 
じゃ、実際の所はどうなのか? 私にはよくわからない。ただ私の経験からすると、ステロイドに限らず毎日クスリに依存した生活を続けていると、何となく自分の生命力みたいなものが低下する気がする。
 
そしてアトピーを克服する場合、大切なのはステロイドを止めるとか止めないとか、そんな問題じゃなく、いかに自分の生命力の底上げをするか?もう、これに尽きるのではないかと思う。
 
自分のアトピーを治すのは医者でもなければ薬でもない。自分自身。つまり自分の体の免疫力だから。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆ 結局、最後は生命力 ◆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
自分の生命力を手っ取り早くアップさせる魔法のような方法はない。しかし時間を掛ければ、確実にアップさせる方法ならある。
 
その第一は食生活を変えること。
簡単な理屈だが、自分の生命力をアップさせたければ生命力のあるものを食べるのが一番だ。ココを勘違いする人が多いのだが、栄養のバランスが大切だからとと言って、工場で加工されたバランス栄養食を摂ってもダメなのだ。
 
何故なら、そこには生命力がないから。
なので、自分の生命力(治癒力)を向上させたいなら、まずは生命力のあるものをしっかり咀嚼して食べることが基本になる。
 
では、生命力のある食べ物とは何だろう?
ココでも勘違いする人がいる。
 
例えばステーキ。ステーキはご馳走だ。でも、ステーキに生命力があると思っているなら、それは大間違いだ。ステーキそのものにはそれほど生命力はない。
 
何故なら、ステーキは部分食だから…。ステーキは単に牛の一部分を食しているに過ぎないからだ。私の経験からすると、生命力のある食べ物とは丸ごと全部食べられるものだ。
 
例えば高級魚の刺身ではなくて、シラスや雑魚などの小魚。これ以外でも、新鮮な野菜には生命力が溢れている。
 
このように見て行くと、玄米は最高の主食ということになる。でも玄米を食べるのが辛いなら、私は白米でも良いと思っている。
 
できるなら玄米を買い、その日に食べる分だけ精米して食べるのが理想的。でもそれが出来ないなら、白米でも良いじゃないか。私は、単にこれだけでもアトピーには絶対良いと思っている。
 
工場で加工された生命力のないインスタントやレトルトを食べるより、アトピーの場合、お米をしっかり食べていれば間違いないからだ。アトピーを治す上でご飯をシッカリ食べることはそれほど大切なことなのだ。
 
それはサプリメントを探すことより、脱ステロイドに取り組むことより、アトピーに効く!と言われる健康食品を買うより優先順位は上だろう。
 
先日、久しぶりに昼食でコンビニの弁当を食べた。私は、基本的にコンビニ弁当は食べない。食べない理由は弁当の裏に記載されている添加物を見ると食欲が失せるからなのだが、先週はひょんなことから差し入れのコンビニ弁当を食べることになった。
 
食べ終わってやたら喉が渇いた。夕方まで何度も水を飲んだ。当然、お腹はポチャポチャ鳴っている。それでもまだ喉が渇いた。
 
アトピーの頃、当たり前のように食べていた物が、今は受け付けない…。変われば変わるものだ…。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆◇ <編集後記> ◇◆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
当メルマガをご覧頂きありがとうございます。
「バナナダイエット」が大流行ですね。スーパーでもバナナの売り切れが続出とか。我家でも最近、長女の朝食はバナナに様変わり。マスコミの影響って大きいですね。で、納豆、バナナと来て、次は何なんでしょう?バナナや納豆なら良いけど、お願いだからメロンとかマスカットなんてのは止めてね。我家の家計にも影響しそうだから…。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【飛鳥旬の保湿ジェル】
オイルフリーで、サラッとした使用感。
顔にもご使用いただけます。
 →「飛鳥旬の保湿ジェル」

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【おばあちゃん直伝化粧水しっとりタイプ】
胃腸の健全化のサポート役としてご利用下さい。
→「おばあちゃん直伝化粧水しっとりタイプ」

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【飛鳥旬のアトピー完治への道(単行本)】
私も自分を支えることが精一杯のころがあった。
「アトピーの苦しみは誰しも同じ。大丈夫だよ」
これを伝えたくて話せなかった過去も記しました
→飛鳥旬の「アトピ完治への道」

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<発行人> 飛鳥 旬
・関連サイト アトピー完治への道
       アトピー性克服レポート
・問合せ asukairo@atopy-1.info
・次回発行予定 10月19日
・登録、解除はこちらから
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
私のプロフィールはこちら
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━