■ 告白!体験者が明かす「アトピー克服の鉄則!」
■ アトピー克服を支援するメルマガ 
■ 第107話 209/11/08
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 
■ 関連サイト
   アトピー完治への道

   アトピー性皮膚炎克服レポート
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━  
【このメルマガの趣旨】
アトピーを克服したい!そんなあなたをサポートするのがこのメルマガの使命です。
私<飛鳥 旬>自らの体験を通じて、自力でアトピーを克服する方法を一挙大公開!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
飛鳥です。
皆さん、いかがお過ごしですか?
すっかり肌寒くなりましたね。
 
2ヶ月ぶりの配信になってごめんなさい。実は引越で、ネット接続トラブルで約1ヶ月間、ネットとメールができなくなってしまった。
 
プロバイダーを変更せざる得ない状況になり変更しました。それでメールアドレスも変わりました。
 
なので、この期間メール頂いた読者の方、受信も出来ていませんでした。本当にごめんなさい。もう一度メールください。
 
そーゆうワケで、今回もはじまり、はじまり。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【今回のテーマ】
・引っ越した理由
・外部要因プラスアルファー
・編集後記       
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆ 引っ越した理由 ◆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
先日。我家は引っ越した。その理由はいくつあるが、それはきっとどこの家庭にも共通するものだと思う。
「もう少し広くて、日当たりのよい場所へ」
「駅まで歩いて10分以内、プライバシーを保てる場所に」
「できれば駐車スペースも2台欲しい」まあ、こんなところだ。
 
ところが、20年前は違った。(当時、まだ子供はおらず妻と二人の生活だった。)
「もう少し環境が良くて、自然の豊かなところへ」
「マンションではなく、木造建築の家に」
「少しでも空気の澄んだところへ」
 
新築のマンションを売り払ってまで引越しをした理由。これは言うまでもなく、私がアトピーだったことが大きい。いや、厳密に言うと、もうアトピーを治すことが前提になっていた。
 
気密性の高すぎる部屋、交通量の多い車からの排ガス、緑の少ない土地柄。あの頃は、こういう環境に多少ウンザリしていた。アトピーの原因のひとつに、環境の悪化が指摘されていたからだ。
 
実際、引っ越し先でも畳の部屋はすべてフローリングにした。当時、私のアレルゲンはダニとハウスダストだったから。今考えても、まさに究極のアトピー仕様だ。
 
ところで、もしあの時、引越しをしていなかったら?大阪でのマンション暮らしを続けていたら、どうなっていたのだろう?
 
私のアトピー消えなかったのだろうか?現在のように、アトピーとはまったく無縁の生活が出来たのだろうか?本当の所は、私にも良くわからない。まあ心情的には「引っ越したお陰で…」と思いたい。あれだけお金も注ぎ込んだのだから…。
 
でも、「本当にそうなの?」と真剣に聞かれれば、私の本音はかなりビミョーである。何故なら、どこに住もうが、アトピーが治るときは治ると思うからだ。
 
そう。どこに住もうが、アトピーが治るときは治る。つまり、大阪のマンションでも、アトピーは治せた。と言う意味だ。正直、今はそんな風に考えている。
 
確かに、自然豊かな土地へ引っ越したことが、アトピーにとってプラスに働いた部分はゼロではないだろう。だからと言って、空気が良くて、自然が満載の土地に引っ越したら高確率でアトピーが良くなるかと言えば、必ずしもそうとは限らない。
 
私の経験則からすると、アトピーとはそーゆうヤツなのだ。では、もし環境が良くて、自然豊かな土地に引っ越してアトピーが改善したのならそれは一体、どーゆうことなのだろうか?
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆ 外部要因プラスアルファー ◆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
「短期間海外旅行に行ったらアトピーが改善しました。」「ハワイへ遊びに行ったら、随分アトピーが良くなりました。」読者の方から、この手の報告を頂くことは意外と多い。
 
事実、私自身、会社の慰安旅行でハワイに行った時、アトピーがかなり良くなった経験を持っているし、環境が変わることでアトピーが好転するケースはある。
 
このような経験から、本気で引越しを考えている方がいる。これは自分自身と言うより、むしろ子供さんがアトピーで苦しんでいるご両親の方に多いのだが、中には本気でハワイへの永住を考えられている社会人もいる。
 
ただ、ここには注意が必要だろう。繰り返すが、確かに環境が変わることでアトピーが好転する例はけっこう多い。一時的ではあるが、本当に炎症が治まり痒みが軽減してしまうのだ。
 
ただそれは、やはり一時的な改善と捉える方が無難である。単に環境を変えただけで「完治」に至った例を私は殆ど知らないからだ。その一方、一時的に症状が「改善」した例なら数え切れないほど多い。
 
短期間の旅行、サプリメント、健康食品、○○療法、○○水、○○茶…。一時的にせよ、この手のモノでどーして症状が改善したのか?その理由の一つ一つに関しては知る由もない。
 
ただ推測ならできる。中でも短期間の旅行に関して言うなら、少なくとも圧倒的な大自然の前で、私たちの生命力が活性化されている可能性は高いと思う。
 
そう生命力。慌しい日常生活の中で、私は一輪挿しの存在にさえ気づかないことがある。自分の目の前で咲いている可憐な花の存在すら視野に入っていないのだ…。
 
ところが、圧倒的な大自然はそんな私の視野を凌駕してしまう。その瞬間、私は癒されているのではないか?その瞬間、私の細胞は活性化されているのではないか?私には、これと同じような経験がもうひとつある。
 
それは、肺炎で高熱を発した時だ。40度近い高熱で寝込んでいる最中、いつもの痒みは消えていた。日頃、あれほど辛かった痒みが文字通り、ピタッ!と消えたのだ。
 
あれは一体何だったのだろう?おそらく、あれは危機を感じた私の生命力が一気に活性化されたのではないのか?アトピーの痒みを凌駕するほどの生命力が一気に噴出したのではないのか?
 
ただ残念なことに、これらの現象は一時的な「改善」しか、もたらさないようだ。つまりアトピーを「完治」させると言うことは、外部的な環境だけではく、それ以外のプラスアルファーが必要だと言うことではないのか。
 
だから、いくら環境の良い自然豊かな土地で生活していても、終日、イライラしたままストレスを溜め込むような習慣が続いている限り、アトピーは良くならないだろう。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆◇ <編集後記> ◇◆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
当メルマガをご覧頂きありがとうございます。
漫才の宮川大助・花子さんご存知ですか?実は引っ越す前、同じ町内会でした。元々お二人は大阪に住んでおられたのが、花子さんのガンがキッカケで、生駒山に引っ越して来られたそうです。生駒山は、大阪と奈良の境にある山ですが、自然が残っていて良い所ですよ。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【おばあちゃんの手作りローション!】
「コレを使えばアトピー治る!」なんて事は絶対にあり得ません。あなたのアトピー克服のサポート役としてご利用下さい。
→「おばあちゃん直伝化粧水しっとりタイプ」

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【飛鳥旬のオリジナル保湿クリーム】
べとつかず、肌の角質層からしっとりします!
→「飛鳥旬の保湿クリーム」

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【アトピー克服の鉄則を知る!】
アトピー性皮膚炎を克服するための第一歩。何故、アトピー克服には「胃腸の健全化」が大切なのか?誰にでも分かる簡単な説明で徹底解説。
→飛鳥旬の「実体験克服レポート」

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<発行人>  飛鳥 旬
・関連サイト アトピー完治への道
       アトピー性克服レポート
・問合せ  asukairo@atopy-1.info
・次回発行予定 11月22日
・登録、解除はこちらから
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
私のプロフィールはこちら
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━