アトピー完治の基本

121 降り止まぬ雨はない

■ 告白!体験者が明かす「アトピー克服の鉄則!」
■ アトピー克服を支援するメルマガ 
■ 第121話 2011/05/15
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 関連サイト
   アトピー完治への道
   アトピー性皮膚炎克服レポート
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 
【このメルマガの趣旨】
アトピーを克服したい!そんなあなたをサポートするのがこのメルマガの使命です。
私<飛鳥 旬>自らの体験を通じて、自力でアトピーを克服する方法を一挙大公開!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
飛鳥です。
皆さん。いかがお過ごしですか?
私は、4月から職場が変わり、公私共、かなりハードな毎日を送っています。
 
朝、5時半起床。仕事を終え、夕食&入浴が終わると既に12時。ベッドに入った瞬間、死んだように爆睡してます。一分以内ですね。眠りに落ちるまで。ホント、秒殺です。
 
こんな日々が続くと、やっぱり思い出しますね。アトピーだった頃のこと。あの頃はとにかく夜、眠れなかったですから。眠れない理由?そりゃ単純明快。痒いからですね。
 
心配事とか、不安な事とか、そーゆうことがあっても、やっぱり根本的には痒いから眠れない。それに、眠っていても眠りそのものが浅い。よーするに、熟睡してないわけですね。
 
眠れない時って、結構、焦るんですよね。明日のこと考えて、『眠らなきゃ、眠らなきゃ』ってね。でも『眠らなきゃ』と意識して眠れたこと、記憶に無いな~。むしろ逆ですね。
 
『そろそろ起きなきゃ』そう思った頃にやってくる。私の場合、それは明け方の4時とか5時だったですね。また睡魔は、『絶対に眠っちゃいけない!』って時に限ってやって来ます。天邪鬼ですから・・・
 
例えば、国会議員の先生。きっと、『眠っちゃいけない。眠っちゃいけない』ってプレッシャーと戦いながら、国会中にウトウトしているんでしょうね。
 
でもね。睡眠は、アトピーを克服する上で想像以上に大切。だって、掻き壊された皮膚が再生するのは睡眠中だけですからね。
 
美女は夜作られる。って言うじゃないですか?違った? 言いますよね。よーするに心身の疲れ、特に肉体疲労には快眠が一番ってこと。
 
病中・病後、肉体疲労時の栄養補給。なーんてCMもあるけれど、優先順位としては『快眠』の方が先でしょ。『快眠』は健康の三原則。『快食』『快便』『快眠』のひとつですもん。
 
『眠りを制するものはアトピーを制す』
 
今回は、眠りをコントロールするコツを公開します。
それでは、今回もはじまり。はじまり。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【今回のテーマ】
・ぐっすり眠るために
・降り止まぬ雨はない
・編集後記       
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆ ぐっすり眠るために ◆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
夜、ぐっすり眠るためにはどうすればよいのか?『快眠』を得る為にはどーすれば良いのか?
 
コレ、意外と難しいテーマです。
どうしてか?
 
その前に、私自身のお話から。実は私、規則正しい生活をしていても、眠れない時は眠れません。毎朝5時半に起きていても関係ないんです。
 
これって、どんな時か分かります?
そう。心配事、不安事。あるいは悲しい出来事があった時です。こんな時、朝まで一睡もできないことなんて、全然めずらしくありません。
 
それから、長時間、クルマの運転をした後なんかも眠れませんね。これは多分、単純に神経が高ぶっているからなんでしょうけど。
 
あっ、そうそう。子供を叱った後なんかも結構、尾を引いたりしますね。で、思うんですよね。心が不安的な時、気持ちが波打っている時。眠れない。
 
皆さん、如何ですか?
まあ心配事、不安事って、個人差ありますからね。事実、『オレはどんな心配事があっても、夜はグッスリ眠れるぞ』なーんて豪語するツワモノもいますから。
 
でも、私はダメですね。
だから快眠の為には、やはり『穏やかな心境』って大切な気がします。心が波打たない、平穏な状態。とでも言えばいいかな。
 
あと、基本はやっぱ早起きでしょうね。
中途半端な時間帯にうたた寝はしないこと。逆に『細切れな睡眠が大切』と言う説もありますが、今の所、私はダメですね。やっぱり、メリハリは大切な気がします。
 
それから誤解されると困るので補足します。私、アトピーを克服する為の方法として精神面からのアプローチ、好きじゃない。と言うより、苦手ですね。
 
だから『快食』や『快便』の話しで、精神面でのこと、あまり出ないでしょ?気持ちの持ち方、とかね。
 
では今回、なぜメンタルな話をしたのか?
その理由をお話しましょう。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆ 降り止まぬ雨はない ◆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
結論から言いますね。
ハッキリ言って、今年、アトピーの人にとっては最悪の年だと思います。ここ10年来、こんなに厳しい年は知りません。
 
何が厳しいかと言えば、ズバリ!
アトピー患者を取り巻く環境ですね。環境が苛酷過ぎなんです。
 
まず、第一は天候。例えば4月。
もう忘れた人も多いと思いますけど、桜の花が散った後、何回コート着ました?日中、クーラーが必要なくらい暑いのに、夜になると寒くてストーブ?それから、最後に霜が降りたのは何時でしたっけ?
 
本来なら今の時期、体はもう完全に夏仕様のはずですね。ところが、アトピーを悪化させている人の多くは、まだ冬仕様の体のまま。
 
ここが問題なんですね。
身体が夏仕様に向かおうとするのに、何度も急ブレーキをかけられてしまう。で、こんな時なんですね。冷えが助長してしまうのは…
 
意外に思われるかも知れませんが、冷えと言うのは案外、真冬の時は大丈夫なものなんですよ。逆に、暖かくなる春先がヤバイ。要するにアトピーの人にとって、今年は春先から体調維持が大変だった。そこへ大量の花粉。さらに黄砂。
 
実際、今年の初めからアトピーを悪化させたままの人。多いです。なかなか好転の兆しが見えず苦戦している。
 
そのうえ、今まで花粉症だけの人がアトピーになったり、50歳で初めてアトピーと診断されたケースもめずらしくありません。実際、年初からメールの数、激増しましたから。返信できていない人、ごめんなさい…
 
『どんな環境でも再発しないのが完治』
これが私のスタンスで、事実、私は今年もアトピーとは無縁です。『今年はみんな苦戦するよな~』って感じています。
 
それほ今年はどしんどい。でも、こんな悪環境はそうそう続くものではありません。
 
だからこそ、踏ん張って欲しい。
希望を失わずに頑張って欲しい。
そんな風に思います。
 
降り止まぬ雨はない…
みんな、諦めたらアカンよ。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆◇ <編集後記> ◇◆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
当メルマガをご覧頂きありがとうございます。
メール読んで、久しぶりに泣けました…。この最悪な時期、中島みゆきの『時代』を聞いて、自分を励ましている人もいます。『あんな時代もあったね』と、きっと笑って話せる日が来ますよ。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
アトピー完治のヒントになれば嬉しいです。
よろしければご一読ください。
 →アトピー完治への道 図書シリーズ

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ご自身のスキンケアにお役立てください。
 →アトピ完治への道 スキンケアシリーズ

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<発行人>  飛鳥 旬
・関連サイト アトピー完治への道
       アトピー性克服レポート
・問合せ  asukairo@atopy-1.info
・次回発行予定 7月20日
・登録、解除はこちらから
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
私のプロフィールはこちら
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

114 ステロイド離脱とアトピー完治の関係

■ 告白!体験者が明かす「アトピー克服の鉄則!」
■ アトピー克服を支援するメルマガ
■ 第114話 2010/07/11
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 関連サイト
アトピー完治への道
アトピー性皮膚炎克服レポート
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【このメルマガの趣旨】
アトピーを克服したい!そんなあなたをサポートするのがこのメルマガの使命です。
私<飛鳥 旬>自らの体験を通じて、自力でアトピーを克服する方法を一挙大公開!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
飛鳥です。
皆さん、如何お過ごしですか?7月ですね。と言うことは、今年も半分が過ぎたってこと?そういえば、6月はメルマガ配信できなくてごめんなさい。

ところで、最近、読者からメールを頂いて感じること。それは『最近、リバウンドの経験者って減った?』ですね。

相変わらず、アトピー人口は多い。でも最近は、『リバウンドでとんでもない目に遭いました!』ってメールが確実に減っています。

別に統計を取ったわけではないので、数字的な裏づけはないですけどね。ひょっとして、ステロイドの使用量が減っているのかな?

そのリバウンドなんですけど、私の場合、とんでもないリバウンドを食らった時に初めて、『今まで自分は間違った努力をしていなんだ』と思いましたね。と言うのも…

私が育った年代と言うのは、『とにかく頑張りなさい。』みたいな風潮が強かった。仕事やスポーツ、恋愛にしてもね。『当たって砕けろ!』『頑張ることに意義がある!』みたいな。まあ日本が高度経済成長の真っ只中でしたから、ある意味イケイケ?

でも、この際ハッキリ言いますけど、いくら頑張っても、正しい頑張りでなくちゃ、実際は、結果が伴ってくれないことの方が多いんですよね。それに頑張る以上、何をどう頑張るのか、しっかり認識できなきゃ続かないし…。

だから、『頑張りなさい。頑張ることに意義がある』なんてアドバイスは無責任。これがアトピーを通じて得た、私の教訓ですね。
目的地に着けない努力を続けていたら、時間なんていくらあっても足りない。それどころか、無駄な努力は大きな危険を生むことも…。

無駄な努力。
その一番典型的な例が、私の場合は『リバウンド』だった。と言うことで、今後、私のようなリバウンドの悲劇が起こらないことを祈りつつ。

『リバウンド』のお話。はじまり、はじまり。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【今回のテーマ】
・我慢や忍耐なんて…
・今、はっきりと言えること
・編集後記
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆ 我慢や忍耐なんて… ◆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
我慢、忍耐、辛抱。
あなたは我慢強い方だろうか?大抵のことなら辛抱できる。そんな折れない心をお持ちだろうか?

私はダメだ。正直、私は我慢や忍耐、辛抱が苦手だ。いや、苦手と言うより、もうハッキリ言って大嫌いだ。

何故って?我慢したら、辛抱したら、事態が好転するとは限らないからだ。それどころか我慢や辛抱したばっかりに、貧乏くじを引くこともある。

私の場合、その一番典型的な例が『ステロイド離脱』だった。

『症状は一時的に悪化します。でもそれは好転反応。心配ありません。この間、何があっても我慢してください。耐えてください。目安は3ヶ月。この期間を乗り越えればもう大丈夫!』自称、漢方医を名乗る漢方薬局のオヤジのアドバイスだ。

『こうすれば治る。』
『こうしなければ治らない。』

あの時代、医者でもなんでもない普通の人が独自のアトピー理論を展開し、それが受け入れられるほど、アトピー患者を取り巻く環境は混乱していた。

『3ヶ月?やってみるか!』当然、アトピーを治したい気持ちは強かった。が、その一方でステロイドに依存した生活とも縁を切りたかった。決して安易な気持ちではなかった。何があっても耐えて見せるだけの気概もあった。

ところが、私のリバウンドは強烈過ぎた。それは想像を絶するほどの悪化で、まったく収拾が付かなくなってしまった。『とても3ヶ月なんて無理だ…』それでも1ヶ月ほど耐えただろうか…。

もうこれ以上は我慢の限界であることを漢方医、いやオヤジに伝えた。するとオヤジは私の状態を見ることもなく、電話口でこう述べた。『もう直ぐ治るのに…』『我慢が足りない。辛抱がなさ過ぎる!』

もう、押し問答をしているゆとりはなかった。電話で話をしている間にも、熱がどんどん上がって行く。

その足で病院へ直行。検査の結果、感染症を起こしていることが分かった。掻き壊した皮膚から、黄色ブドウ球菌が侵入していたのだ。

ご存知のように、感染症は恐ろしい。場合によっては、命にかかわる問題だ。『何でこんなになるまで放っておいたのですか?』
医者に尋ねられたときは、何も返答できなかった。『放っておいたワケじゃない、闘っていたんだ…』
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆ 今、はっきり言えること ◆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
今、ハッキリ言えること。
それは、ステロイド離脱に成功することと、アトピーが治ることは関係がないということだ。

その証拠に、ステロイド離脱に成功しても、アトピーのままの人はいくらでもいる。

『ステロイドを使わなくなって、もう10年以上になります。保湿剤だけで何とか過ごせるまでになりました。』このようなメールを頂く機会は多い。でも、アトピーは全然治っていない。単にステロイドを使っていないだけ。

相変わらず、痒みのある生活と縁を切れないままなのだ。でも、これって不思議でもなんでもない。だって、ステロイドを使うことになったのはアトピーと診断されたから。

つまり、ステロイドを使ったことが原因で、アトピーになったわけじゃない。だったら、ステロイドを止めたら元のアトピーに戻るだけ。それだけの話なのだ。

ステロイド離脱に成功しても、アトピーが治る理由はどこにもない。このことだけは、シッカリ認識しておいた方がよさそうだ。

何もステロイドを奨励しているわけではない。ステロイドの副作用はとても厄介で、とりわけ『赤ら顔』と呼ばれる顔の副作用は、患者の精神をボロボロにしてしまう。

私は、ここで何が言いたいのか。それは、本気でアトピーを治したかったら、ステロイドを抜く努力よりも、アトピーそのものを治す努力をした方が良いと言うことだ。私の経験則からすると、これが一番手っ取り早い。

時間は掛かる。でも、アトピーを治そうと思ったらアトピーを治す為の努力をするのが鉄則だ。わざわざ、ステロイドを抜く為の努力なんてしている時間は無かったのだ。そして、『リバウンド』なんて経験する必要もなかった。

あのような類の苦しみは試練でもなんでもない。強いて言うなら『自業自得』である。

もったいない話だ…。あなたには、リバウンドの苦しみだけは絶対に味わって欲しくない。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆◇ <編集後記> ◇◆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
当メルマガをご覧頂きありがとうございます。
高校野球、夏の甲子園の地区予選が始まりましたね。この時期、炎天下で野球に熱中できるは高校生だけ?だって中学生なら体力が付いて行かないし、大学生ならモチベーションが維持できない。プロ野球だったら観客の方が参ってしまう?そんな風に思うのは私だけでしょうか?(これでも元高校球児です。)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【飛鳥旬の図書シリーズ】
アトピー完治へのきっかけになれば嬉しいです。
よろしければご一読ください。 →クリック

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【飛鳥旬のスキンケアシリーズ】
アトピーの肌に優しい使用感のスキンケア商品です。
→クリック

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<発行人>  飛鳥 旬
・関連サイト アトピー完治への道
アトピー性克服レポート
・問合せ  asukairo@atopy-1.info
・次回発行予定 08月30日
・登録、解除はこちらから
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
私のプロフィールはこちら
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

111 私のアトピー完治までの期間

■ 告白!体験者が明かす「アトピー克服の鉄則!」
■ アトピー克服を支援するメルマガ
■ 第111話 2010/03/28
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 関連サイト
アトピー完治への道
アトピー性皮膚炎克服レポート
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【このメルマガの趣旨】
アトピーを克服したい!そんなあなたをサポートするのがこのメルマガの使命です。
私<飛鳥 旬>自らの体験を通じて、自力でアトピーを克服する方法を一挙大公開!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
飛鳥です。
皆さん、如何お過ごしですか?
3月は雨の日が多かったですね~暖かくなったかと思えば一気に冷え込み。こんな時期は、どうしても体調を壊しやすくなりますね。

今、花粉のシーズン。例年になく、今年はちょっとアトピーの方にはつらい年かも…

それに、これからの時期は環境が変わる人も多いでしょ?学生なら新たな入学先やクラス替え、社会人なら転勤などですね。こういう環境の変化と言うのは目に見えないけど、結構神経を使う。

あのね。私、思うんですけど、人間と言うのは頭を使っている時ってあまり疲れない。でも、神経を使うことが多くなるとドッと疲れてしまう。

そして、もうひとつ。『嫌だな~やりたくないな~』と思いながらやる事ってとても疲れる。本当は全然やりたくないのに、仕方ないから我慢してやってる時ですね。こんな時、自分でも知らない間にストレスが溜まってしまう。

でも私、正直な話、こんな単純なことに気が付いたのは40代になってから。それまでは、ストレスなんて意識したことがなかった…いや、本当はストレス満載だったのですよ。でも、バカ正直と言うか、融通が利かないと言うか、頑張ることだけが美徳みたいな…

だから当然、発散する術を知らない。分かってもらえます?こうゆうのってね、物凄くアトピーに悪い。と言うか、アトピーだけじゃなくて健康に良くない。

何故って、免疫力が低下するから。アトピーは免疫疾患と言われるあの免疫力です。

じゃ、こんな時にはどうすれば良いのでしょうか?今回は、私自身が行っている方法をお伝えします。
今回もはじまり、はじまり。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【今回のテーマ】
・治る時ってこんなもの…
・兆候を見逃すな!
・編集後記
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆ 治る時ってこんなもの… ◆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
この時期、アトピーを悪化させる人が多い。『一度良くなったと思ったのに、ちょっと気を抜いて悪化しました』『もう治ったと思ったのに…また気を引き締めて頑張ります』

最近、この手のメールを頂く機会が多い。せっかく良くなったアトピーが悪化して、ガッカリしている様子が手に取るように伝わってくる。でも、私はこの状況なら、何も悲観することは無いと思う。

その理由を私自身の経験から説明しよう。話は、私が30歳の時にさかのぼる。

リバウンド後、今までの生活習慣を徹底的に見直し、自分なりに生活習慣の改善プログラムみたいなものを作ったのが1991年の春だった。自分で言うのも何だが、これは結構真剣に取り組んだ。

翌年の1992年の春には体のアトピーがほぼ消えた。この間、およそ1年。今、振り返ってもかなり順調な回復である。

でも、すべてのアトピーが消えたワケではない。顔のアトピーが春に、2ヶ月ほど出たからだ。でも、それ以外はどこから見ても普通の人にみえるまで回復していた。

ちなみに私の場合、症状が顔に出たのは最後の最後だった。だから、治るのも最後だった。

そして翌93年春、今度も顔のアトピーが50日ほど出た。それは昨年と全く同じ場所で、痒みの度合いもほぼ同じ。その後、この年もアトピーはまったく出ていない。

さらにその翌年、つまり94年の春にもアトピーが顔に出た。だが、このときは1ヶ月ほどで症状は元に戻っている。だから、私はアトピーを治すのにおよそ3年を要したことになる。

そして、コレを最後に私のアトピーはまったく出なくなった。いや正確には、アトピーが出ない生活を続けているといった方が適切だろう。

世間には、『アトピーは完治しない。治ったように見えるだけ…』と言い切る人がいる。確かに、この説には一理ある。その患者が持っている潜在的な発症要因を否定することはできないからだ。

事実、一度良くなったアトピーが再発するケースは多いし、そこからまたズルズルと悪化の道をたどってしまう患者も少なくない。

でも患者自身がアトピーを克服する過程において、潜在的な発症要因が爆発する危険水域をあらかじめ認識できるようになればどうだろう?

『オレ 今、ちょっとヤバイんじゃないか…』『このまま調子に乗ってるとまたアトピーのヤツやってくるぞ…』『ヤバイヤバイ…。しばらくの間、おとなしくすることにしよう』

こんなことを何度も何度も繰り返して、本当にアトピーが出なくなったら?この危険水域を越えるとダメだと気付いて、自分で対処する術を学んだら?

それを『完治』と呼んでも良いのではないだろうか?
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆ 兆候を見逃すな! ◆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
さっきの話の続きだが、私のアトピーを治す為の努力は1年目より2年目、2年目よりも3年目の方が確実に少なくなっている。

これは言い換えると、我慢や忍耐をベースにした努力はしていないということ。もう少し詳しく説明しよう。

アトピーが悪化する際、多くの場合その兆候のようなものがある。これは読者の方から頂くメールを見ても明らかで、本人が自覚している確率は高い。

例えば『ポツリと額に症状が出かけたとき、注意しておけば良かったんですけど…』『ウンコの出が悪くなった時、対処していれば良かったんですけどね…』など、その兆候はさまざまだ。

もっとも大切なのは、この兆候を見逃さないことだろう。症状が好転したら、今度は悪化する前の兆候を見逃さない。これは何も難しく考える必要はない。風邪を引きそうになった時と、対処はまったく同じだから。

それは、養生すること。

具体的には胃腸に負担の掛からない食事を取って、後はゆっくり休息する。微熱があると感じたとき、帰宅して直ぐに寝る。疲れたと感じたとき、ゆっくり風呂に入ってリラックスして寝る。これである。

大切なのは事前、事前、事前、とにかく前もって対処すること。兆候があったとき、直ぐに対処する。

たったこれだけのことで1年目よりは2年目、2年目よりは3年目の方が格段に体調が良くなる。そして体調が良くなるというのはアトピーが消えるということだ。だから、一年中、少食、少食と言いながらガリガリになるまで頑張る必要はない。

実際、私はそんな根性のいることはしていない。例えば今日、会社で嫌なことがあったとする。そのこと自体はイライラするしストレスも溜まっているに違いない。

そんな時、私はお酒を飲んでさっさと寝ることにしている。そんなに上手く行かない時もあるけど、できるだけそうすることにしている。

それは体調が悪くなって、周りに迷惑を掛けるのが嫌だから。それに何より、体調を害せば、自分自身が嫌な思いをするからだ。

アトピーを特別な病気だと思い始めた時から、的外れな努力をする可能性が高くなる…
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆◇ <編集後記> ◇◆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
当メルマガをご覧頂きありがとうございます。
ボクシング、いや格闘技系って結構好きなんですよ。昨日、亀田興毅負けちゃいましたけど、対戦相手とキャリアの差がモロに出ちゃいましたね。でもクリーンなファイトでボクサーとしては、とても好感が持てました。今回は試合後も清々しさがありましたしね。
それから、『お薦めの本』を頂いた読者の方、ありがとうございました。
次回の編集後記では『私が選ぶお薦めの本ナンバーワン』を発表する予定です。お楽しみに
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【飛鳥旬の図書シリーズ】
アトピー完治へのきっかけになれば嬉しいです。
よろしければご一読ください。 →クリック

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【飛鳥旬のスキンケアシリーズ】
アトピーの肌に優しい使用感のスキンケア商品です。
→クリック

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<発行人>  飛鳥 旬
・関連サイト アトピー完治への道
アトピー性克服レポート
・問合せ  asukairo@atopy-1.info
・次回発行予定 04月25日
・登録、解除はこちらから
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
私のプロフィールはこちら
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

110 ステロイド使う?使わない?

■ 告白!体験者が明かす「アトピー克服の鉄則!」
■ アトピー克服を支援するメルマガ
■ 第110話 2010/02/28
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 関連サイト
アトピー完治への道
アトピー性皮膚炎克服レポート
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【このメルマガの趣旨】
アトピーを克服したい!そんなあなたをサポートするのがこのメルマガの使命です。
私<飛鳥 旬>自らの体験を通じて、自力でアトピーを克服する方法を一挙大公開!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
飛鳥です。
皆さん、如何お過ごしですか?
ここ2・3日、奈良は比較的暖かい日が続いています。

一方、南米のチリではマグニチュード8.8の大地震。マグニチュード8.8とは、地震のエネルギーは阪神大震災の300倍以上だとか…。天災の中でも、やっぱ地震が一番怖いですね。

ところで、先日、隣の街の神社に散歩に行って来ました。大阪や奈良にお住まいの方ならよくご存知かもしれませんね。

その名は石切神社。『いしきりさん』の愛称で、昔から『でんぼの神様』として親しまれています。ちなみに『でんぼ』とは『出来物』のこと。つまり、皮膚にできた『おでき』や『腫れ物』のことです。

この石切神社。実は、私もアトピーの時に何度かお参りしたことがあるんです。一種の『神頼み』ってヤツですね。あの頃は何をやってもダメだったから、他力本願と言うか…。

ご利益ですか?結果的に今、私のアトピーは完治しているのでね。ご利益はあった。(と、ゆーことにしておきます。)でも当時は、今ほど参拝者の数は多くなかった気がします。あの頃はまだローカルな地元の神社というか…。

やっぱりアトピーをはじめ、癌や腫瘍とかの病気が増えたからですかね?最近は知名度も上昇、かなり遠方からお参りに来られる人もいるようです。

ところで、この神社にはもうひとつ魅力があるんですよ。それは参道の両脇に並んでいる商店。食べ物屋さんをはじめ、とにかくいろんなお店が軒を連ねているんですよ。

これって、縁日のようで結構たのしい。たこ焼き、お好み焼き、明石焼き、蕎麦処、ぜんざい、うどん、おでん、赤飯、味噌、漬物、パフェ、などなど、とにかく盛りだくさん。関西人の味覚を満たしてくれそうな店ばかり。

ところが、最近は少し様子が変わってきた。やたら、『占いの館』みたいなのが増えちゃった。占うだけではありません。具体的な解決方法を教えます。』な~んて看板もあったりして…。

『私のアトピーは治るのでしょうか?』なんて人が来たらどーするの?いや、来ますよ。だって神社の近くで、でんぼの神様だもん。

私、思うんですが、占いなんてものは昔から、『当たるも八卦、当たらぬも八卦』ってね。占いそのものにそれほど期待や解決策を求めるもんじゃなかった。

でも、最近は違うんですかね?『具体的な解決方法教えます。』なんて言うのはどうなんでしょう?ちなみに占い料(鑑定料金)と相談料は別だとか…。そういう私は結局、素通りです。
そーゆうワケで、今回もはじまり、はじまり。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【今回のテーマ】
・体験するということ
・体験して初めてわかること
・編集後記
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆ 体験するということ ◆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
やってみなければわからないことって、たくさんある。やらなくても何となくわかることはあるけれど、やっぱりやってみないとわからないことの方が人生には多いような気がする。

では、体験するということは実際、どういうことを言うのだろう?人は何かを体験すると、体験する前と何かが変わるのだろうか?

先日、読者の方からこんなご質問を頂いた。
『飛鳥さんが今、アトピーだったらステロイドは使いますか?』
『過去の経験を踏まえてお答え頂ければ幸いです。』

この質問はまさしく、私に『経験すること』の意味を考えさせた。

具体的にお答えしよう。私が今アトピーだったら、ステロイドを使うか、それとも使わないか?

『それはアトピーの状態。つまりアトピーのランクによる。』これが、私の回答だ。

つまりアトピーがまだ初期の段階で痒みを感じる時間も短く、しかも痒みの範囲が限定的であれば、私ならステロイドはまず使わない。私のアトピーランクで言えば、ランク1~2がこれに当たる。

アトピーがこのランクなら、私ならステロイドを使わずアトピーを治してみせる。決して偉ぶるわけではないが、それくらいの自負はある。実際、我が子が『あれ?なんかヤバそう…』と思った時はそうしてきた。

この段階であれば、やったことがダイレクトに結果に反映さえる確率は高い。だからアトピーが良くなった結果だけを見て、素直に『そうだったのか…』と思える。

ステロイドを使わずアトピーを治すことなんて自慢にならないが、ステロイドを使うことでこの病気の本質と言うか、根本的なことを見失う可能性は無視できないし、私にとってはむしろそちらの方が怖い。

だからアトピーが初期の段階なら、私はステロイドを使わない。ところが、アトピーが慢性化してしまったらどうだろう?

ダラダラと続く慢性的な痒みから、仕事や勉強に集中できない。痒みのせいで夜も熟睡できず、日常生活にも支障が出ているとしたら?

この場合、今の私だったらきっとステロイドは使うだろう。何故なら、ステロイドはアトピーそのものを治すものでないことを熟知しているし、何よりアトピーを治す為の具体的な解決策を過去の経験から知っているからだ。

特に、この段階のアトピーを治すにはそれなりの時間を要する。このことを知っているかいないかの違いは想像以上に大きくて、多くのアトピー患者がいつまで経ってもアトピーを治せない大きな理由のひとつになっている。この段階(ランク)にいるアトピー患者の本音にこういうものがある。

『アトピーが治るならどんな努力だってする!』『だからとにかくこの地獄のような生活から開放してくれ!』

とにかく1日でも1時間でも早く、アトピーを治したいのだ。だが、そもそもこれが失敗のもと。治したい気持ちが強いほど、どんどんドツボにはまってしまう。

それよりこの段階(ランク3~4)では、アトピーとの闘い方を変える必要がある。

一定の期間とにかく必死で頑張ったら、何かに取り組んだら、ある日を境にアトピーが一気に好転する、なんてことはないからだ。だから、私はこの段階ならステロイドを使う。

でも、ステロイドの副作用はまっぴらゴメンだ。だから、ステロイドを怖がって、罪悪感を持ちながらチビチビと使うようなことせずに、ステロイドを使って炎症のある箇所の痒みを完全に抑え込んでしまう。抑え込めたら、スキンケアに切り替える。この繰り返し。

そんな風にしながら、一方でアトピーを治す為の本来の努力を辛抱強く続ける。胃腸の健全化を続けて行くと、ステロイドを使わない日が増え、スキンケアの割合が増える。

ちなみに顔に症状が出ていたら、ステロイドではなくプロトピックだろう。ステロイドを使って症状を抑え込んでも、何日か経てば症状は元に戻る。そんなことはもう十分承知の上。織り込み済みのシナリオと言ってもいい。

ここで大切なのは、平行して根本的な治療に取り組んでいるかどうかだろう。根本的な解決策に手を付けず、ステロイドだけに依存するから症状が悪化する。

ステロイドを使うとか使わないとか、そんなことは本質ではないのだから。慢性化・重症化したアトピーの場合、時間は掛かるが必ず良くなる。

このことをまず肝に銘じて、しっかり腰を据えてアトピーと対峙する。特別なこと。余計なこと。お金の掛かることは一切しない。

そして1日24時間。常にその時間の過ごし方の中身を振り返る。もし私が今アトピーなら、きっとこんな風にして対処するだろう。
参考:アトピーのランク

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆ 体験して初めてわかること ◆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
アトピーだった頃、私はステロイドを憎んでいた。こんな風に言うと、私が、元々筋金入りのステロイド拒否患者だったと思われるかもしれない。

でも、それは違う。私は何も、最初からステロイドを憎んでいたわけではない。アトピーと診断された当時、私にとって治療の選択肢は医療機関以外に無かったワケで、それこそステロイドはごく普通の感覚で使う塗り薬だった。

ステロイドを憎むようになった理由は単純だ。ステロイドを使い続けたことでアトピーが悪化。その結果、自分の人生がステロイドでメチャクチャにされたと思っていたからだ。

だから一気にステロイドを切った。結果的にはこのことで大きな代償を払うことになったワケだが…。実際にアトピーを治してみて、本当のことが分かった。

つまりアトピーが重症化したのは根本的な治療を施さないまま、ステロイドだけを塗り続けたからであり、対症療法に依存し過ぎたやり方に問題があったからだと。まあステロイドの副作用に関してなら、言いたいことは山ほどあるが…。

それはさておき、少なくともアトピーが治ったことで、アトピーを治す本質的な問題がステロイドに無いことだけはハッキリした。

言い換えれば、アトピーは薬で治すような類の病気ではないと言うことだ。ステロイドはあくまで症状を改善させているだけ。これはアトピーを治す過程で私自身が身を持って経験したことだ。

だからと言ってはなんだが、その後、私は花粉症とか鼻炎とか、要するにアレルギー疾患と呼ばれるものとは完全に縁を切ることができた。おそらく、今後も私が花粉症や鼻炎になることはないだろう。

ところで花粉症と言えば、『舌下減感作療法』と言うものをご存知だろうか?これは花粉症の治療法として東京都と日本医大が考え出したものだが、花粉のエキスをパンに垂らして口に含むというもので、先月、読売新聞で紹介されていた。

難しく書くとキリがないが、要は免疫細胞を花粉に馴らしてゆく方法である。今回の臨床試験では『花粉症の7割が改善』と報じられていたが、残念ながら私の経験則からすると、この療法は今後消え行く運命にある。

ダメなのだ。こういうやり方では…。短期的には注目を浴びても、長い目で見れば消えてゆく。これがある意味必然的なものかもしれない…。

それより花粉症になりたくなかったら、花粉症を本気で治したかったら、自分自身の生活習慣を見直す方が確実だ。これはアトピーも同じ。

これが、アトピーを治してみて私が学んだことかもしれない。つまり、体験してみて初めて分かったことなのだろう。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆◇ <編集後記> ◇◆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
当メルマガをご覧頂きありがとうございます。
昨日、叔母が亡くなりました。享年84歳。乳がんが発症してから3年半、最後はもうすべての臓器に転移していました。叔母は終生独身であった為、最後は甥の私が看取ることになりました。身内の死に直面することは、ある意味、自分の死を考える時間なのかもしれません。今まで励ましのお言葉を頂いた読者の方に対してこの場を借りてお礼申し上げます。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【飛鳥旬の保湿クリーム】
スキンケアにはお金をかけない。ローコストでもここまで出来る!
→「飛鳥旬の保湿クリーム」
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【おばあちゃん直伝化粧水】
「コレを使えばアトピー治る!」なんて事は絶対にあり得ません。あくまで、あなたのアトピー克服のサポート役としてご利用下さい。
→「おばあちゃん直伝化粧水」
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【アトピー克服の鉄則を知る!】
アトピー性皮膚炎を克服するための第一歩。何故、アトピー克服には「胃腸の健全化」が大切なのか?誰にでも分かる簡単な説明で徹底解説。
→飛鳥旬の「実体験克服レポート」
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<発行人>  飛鳥 旬
・関連サイト アトピー完治への道
アトピー性克服レポート
・問合せ  asukairo@atopy-1.info
・次回発行予定 03月22日
・登録、解除はこちらから
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
私のプロフィールはこちら
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

107 アトピーを治すために引越し

■ 告白!体験者が明かす「アトピー克服の鉄則!」
■ アトピー克服を支援するメルマガ 
■ 第107話 209/11/08
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 
■ 関連サイト
   アトピー完治への道

   アトピー性皮膚炎克服レポート
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━  
【このメルマガの趣旨】
アトピーを克服したい!そんなあなたをサポートするのがこのメルマガの使命です。
私<飛鳥 旬>自らの体験を通じて、自力でアトピーを克服する方法を一挙大公開!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
飛鳥です。
皆さん、いかがお過ごしですか?
すっかり肌寒くなりましたね。
 
2ヶ月ぶりの配信になってごめんなさい。実は引越で、ネット接続トラブルで約1ヶ月間、ネットとメールができなくなってしまった。
 
プロバイダーを変更せざる得ない状況になり変更しました。それでメールアドレスも変わりました。
 
なので、この期間メール頂いた読者の方、受信も出来ていませんでした。本当にごめんなさい。もう一度メールください。
 
そーゆうワケで、今回もはじまり、はじまり。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【今回のテーマ】
・引っ越した理由
・外部要因プラスアルファー
・編集後記       
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆ 引っ越した理由 ◆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
先日。我家は引っ越した。その理由はいくつあるが、それはきっとどこの家庭にも共通するものだと思う。
「もう少し広くて、日当たりのよい場所へ」
「駅まで歩いて10分以内、プライバシーを保てる場所に」
「できれば駐車スペースも2台欲しい」まあ、こんなところだ。
 
ところが、20年前は違った。(当時、まだ子供はおらず妻と二人の生活だった。)
「もう少し環境が良くて、自然の豊かなところへ」
「マンションではなく、木造建築の家に」
「少しでも空気の澄んだところへ」
 
新築のマンションを売り払ってまで引越しをした理由。これは言うまでもなく、私がアトピーだったことが大きい。いや、厳密に言うと、もうアトピーを治すことが前提になっていた。
 
気密性の高すぎる部屋、交通量の多い車からの排ガス、緑の少ない土地柄。あの頃は、こういう環境に多少ウンザリしていた。アトピーの原因のひとつに、環境の悪化が指摘されていたからだ。
 
実際、引っ越し先でも畳の部屋はすべてフローリングにした。当時、私のアレルゲンはダニとハウスダストだったから。今考えても、まさに究極のアトピー仕様だ。
 
ところで、もしあの時、引越しをしていなかったら?大阪でのマンション暮らしを続けていたら、どうなっていたのだろう?
 
私のアトピー消えなかったのだろうか?現在のように、アトピーとはまったく無縁の生活が出来たのだろうか?本当の所は、私にも良くわからない。まあ心情的には「引っ越したお陰で…」と思いたい。あれだけお金も注ぎ込んだのだから…。
 
でも、「本当にそうなの?」と真剣に聞かれれば、私の本音はかなりビミョーである。何故なら、どこに住もうが、アトピーが治るときは治ると思うからだ。
 
そう。どこに住もうが、アトピーが治るときは治る。つまり、大阪のマンションでも、アトピーは治せた。と言う意味だ。正直、今はそんな風に考えている。
 
確かに、自然豊かな土地へ引っ越したことが、アトピーにとってプラスに働いた部分はゼロではないだろう。だからと言って、空気が良くて、自然が満載の土地に引っ越したら高確率でアトピーが良くなるかと言えば、必ずしもそうとは限らない。
 
私の経験則からすると、アトピーとはそーゆうヤツなのだ。では、もし環境が良くて、自然豊かな土地に引っ越してアトピーが改善したのならそれは一体、どーゆうことなのだろうか?
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆ 外部要因プラスアルファー ◆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
「短期間海外旅行に行ったらアトピーが改善しました。」「ハワイへ遊びに行ったら、随分アトピーが良くなりました。」読者の方から、この手の報告を頂くことは意外と多い。
 
事実、私自身、会社の慰安旅行でハワイに行った時、アトピーがかなり良くなった経験を持っているし、環境が変わることでアトピーが好転するケースはある。
 
このような経験から、本気で引越しを考えている方がいる。これは自分自身と言うより、むしろ子供さんがアトピーで苦しんでいるご両親の方に多いのだが、中には本気でハワイへの永住を考えられている社会人もいる。
 
ただ、ここには注意が必要だろう。繰り返すが、確かに環境が変わることでアトピーが好転する例はけっこう多い。一時的ではあるが、本当に炎症が治まり痒みが軽減してしまうのだ。
 
ただそれは、やはり一時的な改善と捉える方が無難である。単に環境を変えただけで「完治」に至った例を私は殆ど知らないからだ。その一方、一時的に症状が「改善」した例なら数え切れないほど多い。
 
短期間の旅行、サプリメント、健康食品、○○療法、○○水、○○茶…。一時的にせよ、この手のモノでどーして症状が改善したのか?その理由の一つ一つに関しては知る由もない。
 
ただ推測ならできる。中でも短期間の旅行に関して言うなら、少なくとも圧倒的な大自然の前で、私たちの生命力が活性化されている可能性は高いと思う。
 
そう生命力。慌しい日常生活の中で、私は一輪挿しの存在にさえ気づかないことがある。自分の目の前で咲いている可憐な花の存在すら視野に入っていないのだ…。
 
ところが、圧倒的な大自然はそんな私の視野を凌駕してしまう。その瞬間、私は癒されているのではないか?その瞬間、私の細胞は活性化されているのではないか?私には、これと同じような経験がもうひとつある。
 
それは、肺炎で高熱を発した時だ。40度近い高熱で寝込んでいる最中、いつもの痒みは消えていた。日頃、あれほど辛かった痒みが文字通り、ピタッ!と消えたのだ。
 
あれは一体何だったのだろう?おそらく、あれは危機を感じた私の生命力が一気に活性化されたのではないのか?アトピーの痒みを凌駕するほどの生命力が一気に噴出したのではないのか?
 
ただ残念なことに、これらの現象は一時的な「改善」しか、もたらさないようだ。つまりアトピーを「完治」させると言うことは、外部的な環境だけではく、それ以外のプラスアルファーが必要だと言うことではないのか。
 
だから、いくら環境の良い自然豊かな土地で生活していても、終日、イライラしたままストレスを溜め込むような習慣が続いている限り、アトピーは良くならないだろう。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆◇ <編集後記> ◇◆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
当メルマガをご覧頂きありがとうございます。
漫才の宮川大助・花子さんご存知ですか?実は引っ越す前、同じ町内会でした。元々お二人は大阪に住んでおられたのが、花子さんのガンがキッカケで、生駒山に引っ越して来られたそうです。生駒山は、大阪と奈良の境にある山ですが、自然が残っていて良い所ですよ。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【おばあちゃんの手作りローション!】
「コレを使えばアトピー治る!」なんて事は絶対にあり得ません。あなたのアトピー克服のサポート役としてご利用下さい。
→「おばあちゃん直伝化粧水しっとりタイプ」

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【飛鳥旬のオリジナル保湿クリーム】
べとつかず、肌の角質層からしっとりします!
→「飛鳥旬の保湿クリーム」

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【アトピー克服の鉄則を知る!】
アトピー性皮膚炎を克服するための第一歩。何故、アトピー克服には「胃腸の健全化」が大切なのか?誰にでも分かる簡単な説明で徹底解説。
→飛鳥旬の「実体験克服レポート」

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<発行人>  飛鳥 旬
・関連サイト アトピー完治への道
       アトピー性克服レポート
・問合せ  asukairo@atopy-1.info
・次回発行予定 11月22日
・登録、解除はこちらから
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
私のプロフィールはこちら
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

104 好酸球の値を参考にする

■ 告白!体験者が明かす「アトピー克服の鉄則!」
■ アトピー克服を支援するメルマガ 
■ 第104話 2009/06/23
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 
■ 関連サイト
   アトピー完治への道
   アトピー性皮膚炎克服レポート
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━  
【このメルマガの趣旨】
アトピーを克服したい!そんなあなたをサポートするのがこのメルマガの使命です。
私<飛鳥 旬>自らの体験を通じて、自力でアトピーを克服する方法を一挙大公開!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
飛鳥です。
いや? マイケル・ジャクソンが逝ってしまいました。まだ50歳だったんですね。
 
それにしても凄いインパクトでした。大学生の頃、初めて見た「スリラー」のプロモーションビデオ。何度も何度もマイケルの動きを繰り返して見たのを、今でもよく憶えています。
 
ところで、マイケルの死因ってまだ分かっていないんですよね。2回も司法解剖しているのに、いまだ死因は特定されていない。多分、死因が不明では納得できない周囲の人も多いんでしょうね。
 
その点「アトピーの原因は特定できません」って言われ続けてきた元アトピー患者の私なんてついつい、「そういうこともあるよな…」って思ってしまいます。
 
とは言うものの、やっぱり客観的な事実と言うか、データみたいなものは大切。特にアトピーの場合、症状が好転しているのか悪化しているのか、正直、自分でもよく分からなくなる時ってありますからね。
 
というワケで、今回はアトピー治療における客観的データのお話。「私、アトピー良くなってるの?それとも悪化してるの?」と、いささか混乱気味の方、必見の情報ですよ。
 
さて、今回もはじまり、はじまり。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【今回のテーマ】
・客観的なデータ(私の場合)
・アトピーの客観的データ(私の場合)
・編集後記       
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆ 客観的なデータ(私の場合) ◆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
あなたは定期的な健康診断を受診しているだろうか?ちなみに私の場合、会社が実施している健康診断を年に1回受診している。
 
ここでは身長、体重、視力、聴力、血液検査の他、バリウムを飲む社員も多い。でも私はバリウムを飲まないし、検査項目も最低限のものだけだ。
 
そもそも何故この年になって身長を測るのか、その意味がよく理解できないし、バリウムによる検査結果にも一抹の不安を持っているからだ。
 
その代わり、同級生が開業している医院で定期的な検査を受けることにしている。これはアトピー再発の為ではなく、どちらかと言えば、成人病予防の意味合いが強い。
 
「45歳過ぎたら、絶対にやっておいた方がエエよ。」と言う同級生の医師の忠告に従っているワケだ。
 
ここでの検査は血液検査をはじめ、エコー、内視鏡による胃及び大腸検査が中心。逆に身長や体重の測定はしないし、聴力や視力も調べない。特に注意しているのは「総コレステロール値」と「中性脂肪値」
 
私の場合、年齢の割には血圧も低く「理想的やな」と言われてきたが、ここ半年ほど「総コレステロール値が若干高くなってきている」と指摘されていた。前回「次の検査で230を超えたらクスリで調整するか?」と言われた。
 
ところが、私はクスリがあまり好きではない。「クスリの前に何に注意すればエエのや?」と尋ねてみた。
 
すると同級生は「そりゃ、運動や!」と即答。「お前、食事は結構、気をつけてるもんな」とのこと。一瞬、私はドキッ!とした。確かに、私の運動量は激減していた。
 
町内会のソフトボールを引退してから、正直、コレといったスポーツはしていない。運動と言えば、せいぜい愛犬の散歩程度だったのだ。
 
そこで携帯に付属している万歩計をセット。1日一万歩を目標に歩くことにした。
 
そして半年後、つまり6月の検査では「総コレステロール値」が200を切った。この間、身体に特別な変化があったワケではない。だが、総コレステロールの値が下がってクスリを飲まずに済んだことは事実だ。
 
「まあこの調子で頑張れよ」そういわれるだけで、何となく嬉しいもんである。客観的な数字、データと言うのは使い方によっては便利だ。そんなワケで、アトピーに関してひとつだけ私が今も調べている項目がある。
それは「好酸球」の値である。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆ アトピーの客観的データ ◆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
現在、私はアトピーに関しては特に何もしていない。アトピーじゃないのだから何もしないのは当然だが、再発防止とかそういう意味においても、殆ど何もしていないと言うのが現状だ。
 
だが成人病予防の検査をする際、ひとつだけアトピーに関する項目を入れている。それは「好酸球値」である。
 
これは「総コレステロール値」や「中性脂肪値」を調べる際、同じ血液検査の中に追加しておくだけで済む。アトピーだった頃、私はこの「好酸球値」が異常に高かった。
 
いや、厳密に言うなら、好酸球値が高くなるとアトピーが悪化、安定するとアトピーも落ち着くのである。もちろん、これは1日単位とか1週間単位ではない。
 
それでも1年に4回、つまり3ヶ月に1回程度この検査をしておくと、自分なりに悪化⇒好転⇒悪化のパターンが見えてくるのだ。
 
それまでは季節がどうとか、環境の変化がどうとか、捉えどころのないものに振り回されていたのだが…。好酸球の値を知ることで、私は自分のアトピーを少し客観的に見る術を得た。
 
「そんなモン分かってどうなるんだよ?」って思われるかもしれない。でも、アトピーとの戦いは長期戦なのだ。
 
長期戦を戦う中で、今、自分が有利な立場にあるのか不利な形勢にあるのか、それを把握しておくことは大切なことだし、少なくとも精神的には楽なのだ。
 
「じゃ、好酸球値だけじゃなく、いっそアレルギー検査をしておけば?」そんな意見もあるだろう。
 
でも、私はアレルギー検査までする必要は無いと思う。何故ならいくらアレルゲンを特定しても、そのこと自体にあまり意味がないと思っているからだ。
 
でも、アレルギー検査は高い。
お金が続かない…。
 
ちなみに今、私の「好酸球値」は4~5の間。時折6を超える時もあるが、だからと言ってアトピーが出ることはない。
 
でも、そんな時はやはり基本に帰る。
「快食」「快便」「快眠」だ。
 
これが健康の基本。人間、食べたものをスッキリ出して、熟睡すれば大病にはならない。これが私の経験則である。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆◇ <編集後記> ◇◆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
当メルマガをご覧頂きありがとうございます。
「足利事件」の菅家さんを18年前に有罪に追い込んだDNA鑑定。でも、DNA鑑定も進化して、MCT118法がSTR法に変わると結果も変わる。無罪。アトピーも「遺伝なので治りません」と断言したお医者さんの説も時間が経てば覆る。過信はいけないが、客観的なデータは大切。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
「コレを使えばアトピーが治る!」
 という物はこの世には存在しません。
アトピー克服のサポート役としてご利用下さい。
→【飛鳥旬のスキンケア商品】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
アトピー性皮膚炎を克服するための第一歩。
何故、アトピー克服には「胃腸の健全化」が大切なのか?誰にでも分かる簡単な説明で徹底解説。
→【飛鳥旬の実体験克服レポート】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<発行人>  飛鳥 旬
・関連サイト アトピー完治への道
       アトピー性克服レポート
・問合せ  asukairo@atopy-1.info
・次回発行予定 07月26日
・登録、解除はこちらから
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
私のプロフィールはこちら
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

97 味覚失調症は怖い

■ 告白!体験者が明かす「アトピー克服の鉄則!」
■ アトピー克服を支援するメルマガ 
■ 第97話 2008/11/09
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 
■ 関連サイト
   アトピー完治への道
   アトピー性皮膚炎克服レポート
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【このメルマガの趣旨】
アトピーを克服したい!そんなあなたをサポートするのがこのメルマガの使命です。
私<飛鳥 旬>自らの体験を通じて、自力でアトピーを克服する方法を一挙大公開!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
飛鳥です。
皆さん、如何お過ごしですか?
今日の奈良県は雨模様。ちょっと肌寒いです。これから朝、布団から出るのが辛くなりますね。
 
ところで皆さん、昼食はいつもどんな風に取っていますか?私は仕事柄、ほぼ100%外食なんですけど、注文した品が来るまでさりげなく周りを観察していると結構面白いですよ。
 
例えば香辛料を大量に振り掛ける人。周りにいるでしょ?私の見る限り、この手の人は必ず一定の割合で社会に存在しますね。
 
もちろん、私の会社にもいますよ。もうキョーレツな人が…。その光景を見た誰もが固まってしまうんです。
 
ウドンやソバに大量の七味は当たり前。ダシが真っ赤に染まっていますから。こんなのはまだまだ序の口。極めつけは、やっぱりファミレスのハンバーグでしょうね。コレはもう壮絶です。
 
まずは手首のスナップを効かせながらハンバーグに大量のコショーをぶっ掛ける。この時点で私はもうアウト!クシャミが出ないよう距離を保つだけで精一杯。で、次に大量の一味を延々と掛け続ける。もうこの時点で店員さんと周りのお客は目が点になっている。
 
ところが、話はこれだけでは終らない。続いてハンバーグの横の野菜とジャガイモには大量のタバスコをガバガバ。気が付けば、ハンバーグ定食は鮮やかなエスニック料理に変身!
 
とにかく全体が真っ赤に変色している。これを見た隣の席の外人が、「オーマイガーッ!」お母さんは子供に「マネしちゃだめよ!」なんて。
 
でも、ちょっと不思議なんですよ。だってこの人。辛いモノなら何でも大好きかと言えばそうじゃない。塩や味噌、醤油を使った辛いモノはダメなんですよね。「何それ?」って思いますよね。
 
でもそれは、全然不思議じゃないんです。それは、し・げ・き を求めているだけだから。ここでのポイントは「刺激」が求めているかいないか?ココなんですね。
 
実は私、アトピーの時、刺激のある食べ物が大好きだったんですよ。なので全然、人にはエラそうなこと言えないんですけどね。でもアトピーの人は気をつけた方がいいですよ。こういう食べ方は…。
何故って?それは味覚の問題なんですね。
 
さて、今回もはじまり、はじまり。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【今回のテーマ】
・味覚失調症は怖い
・入院中の出来事
・編集後記       
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆ 味覚失調症は怖い ◆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
あれは昭和61年。私のアトピーが劇的に悪化する少し前だった。ボディコンファッションが大流行。ディスコ・マハラジャが連日大盛況。そんなバブル景気真っ盛りの頃の話だ。
 
前年の夏に起こったエスニック料理ブームを発端に、激辛ブームが到来した。辛い食べ物は発汗作用を促し、新陳代謝を良くする。
 
その結果、血行が良くなり健康にも良い。テレビでは医者も医学的な観点からそんな説明をしていた。その結果、巷には「激辛」を謳ったスナック菓子やインスタント食品が溢れた。
 
激辛スナック菓子「カラムーチョ」
レトルトカレー「LEE」の「辛さ×10倍」
 
あの頃、この二つは特に私のお気に入りだった。ところで確かに、刺激的な辛さは食欲を増進する。コレは本当の話だ。
 
ご飯(お米)だけを大量に食べ続けることはできない。ところが辛いモノとドリンクのセットなら、いくらでもお腹に入るのだ。
 
ちなみに暑い国ではスパイスのよく効いた辛い料理が好まれる。実際、食欲が減退した時、辛い料理を食べるのはとても理にかなっているだろう。インドのカリーやタイのトムヤムクン。これらはその代表例だろう。
 
ところが、これらの国々と日本では気候も風土も違う。当時の私はそんな事情などまったくお構いなし。焼き肉にはコチジャン&キムチ。これを冷たいビールと一緒に胃腸に流し込んでいた。
 
アトピーの方は…。当然、ガンガン悪化していった。何でこんなことになったか?
 
それは多分、激辛食品による味覚障害だ。味覚失調症と言い換えてもいい。恐らく、アトピーになる人の多くはこれではないだろうか。
 
入院期間中の「断食体験」を踏まえ、私自身の話をしよう。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆ 入院中の出来事 ◆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
平成4年2月14日
バレンタインデーの朝、私は京都のT病院に入院した。
 
アトピーの悪化により掻き壊した皮膚から黄色ブドウ球菌が浸入、敗血症を起こして高熱が続いた後、抗生物質でようやく小康状態を取り戻した直後の入院だった。
 
この入院期間中、私は「すまし汁断食」を経験した。ワンクールは1週間。朝食は抜き。最初と最後の4日間を除く3日間は「すまし汁」だけの断食である。これを3回繰り返した。すると不思議なことが起こった。
 
誤解されると困るので断っておくが、よく体験談なんかで紹介されているような「断食をして宿便が出たらアトピーが綺麗に消えました!」なんて美談は、私の場合には起こらなかった。
 
ただ、皮膚の炎症は明らかに軽くなった。アトピーが綺麗に治った訳ではない。が、1日の内、痒みを感じる時間はゆっくりと確実に減っていった。実際に体験してみるとよくわかるが、コレだけでも大変な驚きである。
 
「すまし汁」だけの断食が終るとゆっくり回復食に戻る訳だが、この瞬間、自分が今まで味覚失調症であったことを嫌と言うほど痛感させられた。何故なら、それまでの私はお粥に味なんて無いと思っていたからだ。だが、これは大きな間違いだった。
 
「ホームレス中学生」ではないが、お米にはちゃんとお米の味がある。これは断食のような飢餓的な状況を体験すれば良く分かるだろう。なので「味の向こう側」は嘘ではない。実際に存在する味なのだ。
 
でも普段、B級グルメに毒された舌先だけの味覚になれてしまった私には、お粥の味など理解できなかった。だから重湯なんて、一生自分には縁のないものだと思っていた。
 
退院してから、さらにビックリしたことがあった。それは鰹節から取った本物のダシと、食品添加物から作ったダシの違いが判るようになったこと。それからポテトチップスを食べたら舌がピリピリしたこと。
 
終戦後何日も空腹を体験した人なら、多分ポテトチップスはいきなり食べられない。「今までこんなに濃い味のものを食べていたのか…」そんな風に思った。
 
前回のメルマガでは少しだけ納豆の話をした。今回は少し付け加えたい。私は毎日殆ど納豆を食べているが、納豆に付属してあるダシは使わずに捨てる。
 
理由?それは単純だ。味が変だから。納豆を買ったら付いてくるあの「○○タレ」は私の舌には不自然だ。
 
醤油を使っている。納豆には醤油が合う。ブドウ糖果糖液糖なんて名のダシはいらない。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆◇ <編集後記> ◇◆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
当メルマガをご覧頂きありがとうございます。
早いものでメルマガを配信してから、もう5年が過ぎようとしています。最近アトピーを克服した方からメールを頂く機会が増えました。
「飛鳥さん!まだメルマガ配信されていたんですね。」とか
「その節はお世話になりました。」とか。ついつい話が長くなるのですが、彼らの話をまとめてみると、やっぱりアトピーと言う病気は改善レベルと完治の間には大きな壁があるような気がしましたね。結局、アトピーを完治させた人と言うのはこの壁をしっかり越えている。なので、次回はこの壁に付いて紹介します。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ご自身のスキンケアにお役立てください。
 →「飛鳥旬の保湿クリーム」

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
「コレを使えばアトピーが治る!」
 という物はこの世には存在しません。
アトピー克服のサポート役としてご利用下さい。
→「おばあちゃん直伝化粧水しっとりタイプ」
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
アトピー完治のヒントになれば嬉しいです。よろしければご一読ください。
 →アトピー完治への道 図書シリーズ

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<発行人> 飛鳥 旬
・関連サイト アトピー完治への道
       アトピー性克服レポート
・問合せ asukairo@atopy-1.info
・次回発行予定 11月30日
・登録、解除はこちらから
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
私のプロフィールはこちら
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

96 ヨーグルトとアルカリイオン水

■ 告白!体験者が明かす「アトピー克服の鉄則!」
■ アトピー克服を支援するメルマガ 
■ 第96話 2008/10/19
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 
■ 関連サイト
   アトピー完治への道
   アトピー性皮膚炎克服レポート
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【このメルマガの趣旨】
アトピーを克服したい!そんなあなたをサポートするのがこのメルマガの使命です。
私<飛鳥 旬>自らの体験を通じて、自力でアトピーを克服する方法を一挙大公開!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
飛鳥です。
皆さん、如何お過ごしですか?
今日の奈良県は見事な秋晴れ。清々しくて、気持ちのよい一日でした。

ところで、NHKスペシャル「世界同時食料危機」を見ましたか?
穀物価格高騰のあおりを受け、世界ではパンやチーズを食べられない人達が急増。今までなら最貧国だけの食糧危機が、現在は世界中に広がりつつある。その一方、アメリカの穀物メジャーと呼ばれる巨大商社が巨万の富を得ている。

以前、このメルマガでも紹介しましたが、フランス料理やイタリア料理はあってもアメリカ料理やオーストラリア料理ってあまり聞かないですよね。

これって、食べ物に対する民族の違いがモロに出ていると思うんです。つまり私達日本人やフランス人は食を文化として捉えてきた経緯がある。その一方、アングロサクソン系の人達は食を戦略物資と捉えている。これはもう、どちらが正しいとか正しくないと言う問題じゃないですね。

例えば私達日本人の中に、「トウモロコシをガンガン生産して燃料にしよう!」なんて発想がありますか?

「えっ?それって…。勿体無いやん!」貧乏性の私なら、ついついそんな風に思ってしまう。「食べ物を粗末にするとバチが当たる」なんて…。トウモロコシの美味しい食べ方なんかを真剣に調べてしまうワケですよ。でも、違うんでしょうね。アングロサクソンの人達は…。

でね。今回、何故こんな話をするかと言うと、実はアトピーと凄く関連性があるから。例えば、「アトピーの原因はよくわからない」って言われますよね。私にとっては「そりゃそうだよ」って話なんですよ。だって、食糧問題ともビッミョーに関係するアトピーを医学的な分野だけで見ても分からないことだらけだと思うもの…。

ちなみにアトピーを含め、アレルギー疾患が多いのは先進国だけ。これには白人、黒人、黄色人種と言った、人種は関係ないんですよ。

そう、アレルギーは先進国特有のビョーキです。
なのでアトピーを治す場合、専門分野の医学的な知識は先生方にお任せするとして、患者としては先進国の日本に住む者としての対策が必要なワケです。今回はそのコツを紹介することにしましょう。
さて、今回もはじまり、はじまり。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【今回のテーマ】
・ヨーグルトよりも…
・読者からのメールより
・編集後記       
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆ ヨーグルトよりも… ◆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
乳製品の値上がりが凄まじい。
牛乳、チーズ、ヨーグルト。軒並み、2~3割程度値上げされている。

そしてもうひとつ。私達の生活に大きな影響を与えているものがある。小麦だ。

現在、小麦はほぼアメリカからの輸入に頼っている為、こいつが値上がりすると、家計は大きな打撃を食らうことになる。パン、うどん、ラーメン、パスタ等の麺類を初め、お菓子類はすべて値上げ。これは外食産業にとっても大きな打撃となるはずだ。

その一方で比較的価格が安定している食材もある。米、大豆を中心とした食材だ。特に米は今年も豊作だったせいもあり、価格は安定している。大豆も最近ではめっきりアメリカとカナダ産が増えたが、それでも納豆なら3パック100円程度で販売されている。

ところで「胃腸の健全化」の話をすると、決まってヨーグルトの質問メールが来る。「飛鳥さん。胃腸の健全化」にはやっぱりヨーグルトですよね。大体こんな感じである。

ちなみに私はヨーグルトをお勧めしたことは一度もない。日本では腸内細菌 = ヨーグルトのイメージが定着しているようだ。そういう意味ではコマーシャルの影響は大きい。

だが私の経験からすると、お腹の調子を整えるにはヨーグルトよりも納豆の方がより効果的だ。と言うか、日本人には絶対納豆の方が合っている気がする。

それからもうひとつ。こんにゃくは絶対お勧めの食材だ。こんにゃくは腸内でいろんな不要の異物を吸着して大便に排泄させる作用があり、腸内有益菌の培養の働きがあるので「胃腸の健全化」には最適だ。なので、コイツを利用しない手はない。

ところでアトピーを完治させた今、私はどんな食生活をしているのか?
今でもアトピーを治す為に取り組んでいた食生活を続けているかのかと言えば、必ずしもそんなことはない。

人にはエラそうなことを言っておきながら…。アトピーなんてそんなものだ。治してしまえば、何だって普通に食べられる。ただ便通が悪くなると体調が悪くなることだけは熟知しているので、この点だけは食生活にも気を付けている。

その中で具体的にやっているのは、納豆をほぼ毎日食べることと、コンニャクを使った料理を週に一度食べること。たったこれだけでも、私の場合便通はかなり良い。まあこれは私自身の経験からやっていることなので、個人差はあるだろう。

だがアトピーを治したいからと言って、無理して高いヨーグルトを買う必要なない。それだったらご飯と味噌汁。それに納豆とコンニャクをベースにした料理の方が安くて効果的だろう。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆ 読者からのメールより ◆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
先週、読者の方からメールを頂いてビックリしたことがあった。

それはアルカリイオン水の大量飲用&超酸化水の使用でアトピーが治ると言う療法がまだ存在していたことだ。これは過去、関西では兵庫県のA病院の療法として有名だったが、90年代末に患者からの苦情が殺到。その後、A病院ではこの療法を中止している。一時はマスコミにも取り上げられて注目されたのだが…。

この療法は医療機関と提携したメーカーから高額なアルカリイオン水生成機を購入させ、超酸化水は病院で購入させると言う仕組みで、水は1リットル600円(当時)とかなり高額だった。

確かに、超酸化水は黄色ブドウ球菌を殺菌して数を減らす役目はある。だが、この水はアトピーそのものを治す水ではない。アルカリイオン水だってそうだ。

アルカリイオン水は飲み水としては美味しい。これは子供でも知っている。でも、これでアトピーが治るというのは明らかに言い過ぎた。こんな療法はもうとっくに絶滅していたと思っていたのだが、どうやらそれは私の見方が少し甘かったようだ。

ちなみに超酸化水とはPH2.7以下、酸化還元電位1100ミリボルト以下の水で今なら普通に医療機関が殺菌目的で設備している所もある。つまりこの水はアトピーの悪化を防ぐ目的としては有効だが、決してアトピーそのものを治す水ではないと言うこと。ご注意あれ。

そう言えば、80年代~90年代にかけていろんな水が流行ったものだ。
強酸性水、アルカリイオン水、
電解水、波動水、磁場変性水、
サンクエスト水、還元水、
パイウォーター、明礬水
ハーモニーウォーター…。

もっとあったけれど、もう忘れてしまった。あの水たちは今、何処に行ってしまったのだろう水が有効だと言うなら、少なくともその中味をよく調べる必要がありそうだ。大事なお金を巻き上げられてからでは遅すぎる…。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆◇ <編集後記> ◇◆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
当メルマガをご覧頂きありがとうございます。
本当はね。納豆が良いとかコンニャクが良いとか、そういう断片的なこと言うのはあまり良くないんですよね。私には良くても、他の人にはダメってこともあるし。でも、まあこの二つに関しては大丈夫かなって。正直、そんな思いもありました。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ご自身のスキンケアにお役立てください。
 →「飛鳥旬の保湿ジェル」

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
「コレを使えばアトピーが治る!」なんて事は絶対にあり得ません。
あくまで、あなたのアトピー克服のサポート役としてご利用下さい。
        ↓
→「おばあちゃん直伝化粧水しっとりタイプ」
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
アトピー完治のヒントになれば嬉しいです。
よろしければご一読ください。
 →アトピー完治への道 図書シリーズ

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<発行人> 飛鳥 旬
・関連サイト アトピー完治への道
       アトピー性克服レポート
・問合せ asukairo@atopy-1.info
・次回発行予定 11月09日
・登録、解除はこちらから
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
私のプロフィールはこちら
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

95 「脱ステロイド」よりも大切なこと

■ 告白!体験者が明かす「アトピー克服の鉄則!」
■ アトピー克服を支援するメルマガ 
■ 第95話 2008/09/28
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 
■ 関連サイト
   アトピー完治への道
   アトピー性皮膚炎克服レポート
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【このメルマガの趣旨】
アトピーを克服したい!そんなあなたをサポートするのがこのメルマガの使命です。
私<飛鳥 旬>自らの体験を通じて、自力でアトピーを克服する方法を一挙大公開!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
飛鳥です。
皆さん、いかがお過ごしですか?
9月です!秋です!私はこの時期、仕事が終ると自宅へ直行。夕食を食べるのがとても楽しみなんです。
 
それはね。9月になると新米が食べられるから。これがもう最高に旨い!炊きたてはモチロン。冷めても美味しいんです。早場米の九州は別として、普通、本州の農家は9月に稲刈りをするでしょ?
 
我が家は三重県の農家から直接お米を分けてもらっているのですが、これが毎年、9月の半ばになると新米が到着するわけです。流通を経由していないので古米や古古米(ここまいと読みます)を混入される心配もないし、今話題になっている事故米なんてありえない世界です。
 
実は私、アトピーが治ってから数年間、百姓をしている時期がありました。当時は食管法が改正され、お米の販売が自由化された最初の頃でした。なので、私、自分の作ったお米は自分で販売していたのです。名刺の肩書きに「百姓」って書いてね。
 
今回はその体験から、アトピーの方に是非とも知らせたい情報があります。
 
さて、今回もはじまり、はじまり。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【今回のテーマ】
・「脱ステロイド」よりも大切なこと
・結局 最後は生命力
・編集後記       
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆「脱ステロイド」よりも大切なこと◆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
先日、アトピー治療に関するある人のブログを読む機会があった。普段、アトピー関連のブログには関心のない私だが、この時ばかりは最近でもめずらしいほどの過激なタイトルだったので、自然と目が止まった。
 
「ステロイドを止めない限り、アトピーは絶対、絶対、絶対、治せない!!」こんなタイトルだった。ブログの書き手はステロイドの副作用で辛い目にあった経験があるらしい。
 
この手のヒステリックなステロイド批判は1980年代後半から90年代の初め頃にピークを迎えたが、その後は少しずつ下火になっていった。
 
その背景には恐らく、ステロイド離脱に成功してもアトピーが治らないままの人の存在があったと思われる。実際、ステロイドを止めてもアトピーのままの人は多い。
 
彼らは言う。「私、ステロイドを止めてもう5年以上経ちます。でも、アトピー治らないんですよね。」
 
一方、それでも尚、アトピー患者の大半が今でもステロイド外用薬に対する不信感や不安を払拭できないままでいる。
 
「ステロイドって一度塗ったら蓄積されて、内臓をボロボロにするんでしょ…」
 
「ステロイドって免疫抑制剤だから塗ると免疫力がどんどん落ちるんですよね…」
 
ちなみに、放射性同位元素を使った検査では体に塗ったステロイドは数日で皮膚から消失することが判明している。血液からも体からも残留性は認められていない。
 
じゃ、実際の所はどうなのか? 私にはよくわからない。ただ私の経験からすると、ステロイドに限らず毎日クスリに依存した生活を続けていると、何となく自分の生命力みたいなものが低下する気がする。
 
そしてアトピーを克服する場合、大切なのはステロイドを止めるとか止めないとか、そんな問題じゃなく、いかに自分の生命力の底上げをするか?もう、これに尽きるのではないかと思う。
 
自分のアトピーを治すのは医者でもなければ薬でもない。自分自身。つまり自分の体の免疫力だから。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆ 結局、最後は生命力 ◆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
自分の生命力を手っ取り早くアップさせる魔法のような方法はない。しかし時間を掛ければ、確実にアップさせる方法ならある。
 
その第一は食生活を変えること。
簡単な理屈だが、自分の生命力をアップさせたければ生命力のあるものを食べるのが一番だ。ココを勘違いする人が多いのだが、栄養のバランスが大切だからとと言って、工場で加工されたバランス栄養食を摂ってもダメなのだ。
 
何故なら、そこには生命力がないから。
なので、自分の生命力(治癒力)を向上させたいなら、まずは生命力のあるものをしっかり咀嚼して食べることが基本になる。
 
では、生命力のある食べ物とは何だろう?
ココでも勘違いする人がいる。
 
例えばステーキ。ステーキはご馳走だ。でも、ステーキに生命力があると思っているなら、それは大間違いだ。ステーキそのものにはそれほど生命力はない。
 
何故なら、ステーキは部分食だから…。ステーキは単に牛の一部分を食しているに過ぎないからだ。私の経験からすると、生命力のある食べ物とは丸ごと全部食べられるものだ。
 
例えば高級魚の刺身ではなくて、シラスや雑魚などの小魚。これ以外でも、新鮮な野菜には生命力が溢れている。
 
このように見て行くと、玄米は最高の主食ということになる。でも玄米を食べるのが辛いなら、私は白米でも良いと思っている。
 
できるなら玄米を買い、その日に食べる分だけ精米して食べるのが理想的。でもそれが出来ないなら、白米でも良いじゃないか。私は、単にこれだけでもアトピーには絶対良いと思っている。
 
工場で加工された生命力のないインスタントやレトルトを食べるより、アトピーの場合、お米をしっかり食べていれば間違いないからだ。アトピーを治す上でご飯をシッカリ食べることはそれほど大切なことなのだ。
 
それはサプリメントを探すことより、脱ステロイドに取り組むことより、アトピーに効く!と言われる健康食品を買うより優先順位は上だろう。
 
先日、久しぶりに昼食でコンビニの弁当を食べた。私は、基本的にコンビニ弁当は食べない。食べない理由は弁当の裏に記載されている添加物を見ると食欲が失せるからなのだが、先週はひょんなことから差し入れのコンビニ弁当を食べることになった。
 
食べ終わってやたら喉が渇いた。夕方まで何度も水を飲んだ。当然、お腹はポチャポチャ鳴っている。それでもまだ喉が渇いた。
 
アトピーの頃、当たり前のように食べていた物が、今は受け付けない…。変われば変わるものだ…。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆◇ <編集後記> ◇◆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
当メルマガをご覧頂きありがとうございます。
「バナナダイエット」が大流行ですね。スーパーでもバナナの売り切れが続出とか。我家でも最近、長女の朝食はバナナに様変わり。マスコミの影響って大きいですね。で、納豆、バナナと来て、次は何なんでしょう?バナナや納豆なら良いけど、お願いだからメロンとかマスカットなんてのは止めてね。我家の家計にも影響しそうだから…。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【飛鳥旬の保湿ジェル】
オイルフリーで、サラッとした使用感。
顔にもご使用いただけます。
 →「飛鳥旬の保湿ジェル」

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【おばあちゃん直伝化粧水しっとりタイプ】
胃腸の健全化のサポート役としてご利用下さい。
→「おばあちゃん直伝化粧水しっとりタイプ」

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【飛鳥旬のアトピー完治への道(単行本)】
私も自分を支えることが精一杯のころがあった。
「アトピーの苦しみは誰しも同じ。大丈夫だよ」
これを伝えたくて話せなかった過去も記しました
→飛鳥旬の「アトピ完治への道」

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<発行人> 飛鳥 旬
・関連サイト アトピー完治への道
       アトピー性克服レポート
・問合せ asukairo@atopy-1.info
・次回発行予定 10月19日
・登録、解除はこちらから
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
私のプロフィールはこちら
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

94 「アトピーだけと健康」はありえない

■ 告白!体験者が明かす「アトピー克服の鉄則!」
■ アトピー克服を支援するメルマガ 
■ 第94話 2008/08/06
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 
■ 関連サイト
   アトピー完治への道
   アトピー性皮膚炎克服レポート
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【このメルマガの趣旨】
アトピーを克服したい!そんなあなたをサポートするのがこのメルマガの使命です。
私<飛鳥 旬>自らの体験を通じて、自力でアトピーを克服する方法を一挙大公開!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
飛鳥です。
毎日暑い日が続きますが、いかがお過ごしですか?「もう夏バテだよ!」なんて早くも弱音を吐いている人はいませんか?
 
実は私、アトピーの時は夏が大の苦手でした。いや苦手なんてどころの話じゃなく、もう完全に半病人でしたね。とにかく体がだるくて、頭もボーッとしっぱなし。とにかく、喉が渇くので、いつも水分ばかり摂っていました。
 
ちなみに水分と言っても、当時は炭酸飲料がアトピーに悪いなんて知らないから、冷たいドリンクを平気で、1リットルくらい、ガンガン飲んでいました。するとお腹の調子は悪くなるわ、食欲は減退するわ。もう完全に悪循環でした。
 
全身、倦怠感のかたまりのような状態で、ひたすら時間をやり過ごしていました。汗が出るとモーレツに痒くなるので、とにかく「早く涼しくなれ!」って感じでね。
 
でも今は違うんですよ。もちろん喉は渇きます。汗も出ますしね。でも、アトピーの時のような喉の渇き方じゃないし、お腹の調子だって悪くならない。夏は決して嫌いじゃないんです。要するに、とても元気ですね。
 
そこで今回は、元気に夏を乗り切るコツを紹介しましょう。おっと、その前に確認。元気になるのとアトピーが治るのと、順番はどちらが先だと思いますか?
 
順番は、逆なんですよ。アトピーが治ったら元気になるんじゃなくて、元気になればアトピーが治る。私自身、「オレはアトピーだけど健康!」と平気で思っていた時期もありました。
 
さて、今回もはじまり、はじまり。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【今回のテーマ】
・「アトピーだけと健康」はありえない
・夏、元気になる秘訣
・編集後記       
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆「アトピーだけど健康!」はあり得ない◆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
「アトピーだけど…どちらかと言えば健康は方だな。」アトピーと診断されても、10年くらいはそんな風に思っていた。実際、定期的な健康診断では、いつも「異常なし」だった。
 
確かに体は痒い。でも自分が病人だと言う認識は無かったし、アトピーだってずーっと悪いままのではなかった。事実、ステロイドも毎日手放せないほどではなかった。
 
あの頃、私のアトピーは良くなったり悪くなったりを繰り返していたからだ。ところが10年が過ぎて症状が顔に出始めた頃から、私のアトピーは一気に重症化し始めた。と同時に、体調もすぐれない日が続くようになった。
 
ステロイドが手放せなくなったのもこの頃(27歳)だ。それは当時の写真を見てもよくわかる。表情はいつもウツロ。目にまったく力がない。
 
実際、あの頃は何をしても楽しめず、アトピーのことばかり考えていた。「アトピーさえなければ…」「アトピーが治って元気になれば…」
 
ところで、あの頃、私は頭の中でこんなイメージを描いていた。
 
□ ステロイドを止める 
  ↓
□ アトピーが治る
  ↓
□ 健康になる 
 
いつもステロイド離脱のことばかり考えていた。ところが今振り返ると、これはどうやら順番が違っていたようだ。恐らく、真実はこんな感じだと思う。
 
■健康に近づく(元気)
  ↓
■アトピーが自然に消える
  ↓
■ステロイドは必要ない
 
アトピーは何故厄介なのか?
それは多分、「痒み」と言う症状が「間違った生活習慣への警告」であることを、患者自身がなかなか自覚できないからだろう。
 
実際「間違った生活習慣への警告」なんて言われても、普通はピンと来ない。「そんなこと言われても身に憶えがないよ…」となってしまうのがオチだ。
 
その結果「どうして私だけが…」となる。このパターンからも分かるように、アトピーと言う病気は自己反省をするより、どうしても被害者意識の方が先に来てしまう。
 
ところが成人型のアトピーに関する限り(乳幼児の場合は別)、アトピーになった原因もアトピーを治す鍵も、すべては自分の中にある。だからアトピーは健康食品やサプリメントを飲んだだけでは治せないし、他人に治して貰うことを期待するような病気でもない。
 
ちょっと精神論的な言い方かもしれないけれど、「自力で治す!」と言う強い意志がなければ、アトピーと言う病気の治療は前に進まない。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆ 夏、元気になる秘訣 ◆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
夏、アトピーの人が元気になる秘訣をふたつ紹介しよう。最初は「リゾット」だ。リゾットとは「お粥」のことだが、これは弱った胃腸に効く。
 
便通が整わない人。元気の無い人はこれを主食にすることだ。ちなみに、リゾットは主食にしなくては意味がない。
 
「今日はラーメンを食べたけど、何だかリゾットはアトピーに良いみたいだから、一緒に食べておくか!」ではまったく意味がない。朝、昼、夜と基本はすべてリゾット。まあ、会社や学校で昼食は無理と言う人はご飯でいい。
 
私の経験からすると、「夏バテには焼肉!」と言うのはウソだ。私の場合、体力が落ちて元気が無い時、焼肉を食べて元気になった記憶がない。
 
それなら、リゾットでお腹の調子を整えて、汗もウンコも、出すものはスッキリ出した方がよっぽど元気になる。そしてアトピーにも良い。
 
それからもうひとつ。夏、風呂にはいらず、シャワーだけなんてのは最低だ。夏こそ、風呂に入ってしっかり体のメンテナンスをしなくてはいけない。
 
何故か?
夏場のエアコンはアトピーにとって最悪だから。いやアトピーだけじゃなく、クーラーによる「冷え」は体全体を蝕む。
 
通勤・通学で外を歩くと汗が吹き出る。ところが、一歩部屋に入ればヒンヤリ。要するに、私達は夏には気温25度と35度の世界を行き来している訳だ。
 
でも、これはもうある意味仕方が無い。エアコンの是非を問い始めると現代文明の是非にまで話が到達しそうで面倒だ。だから、お風呂でしっかり体の「冷え」を取ってメンテナンスする。これはとても大切なことだ。
 
まあ難しい理屈はさておき、この二つをシッカリ抑えれば体が変わる。
 
■食生活を「お粥」中心にするのは難しいだろうか?
■シャワーを止めて、しっかり入浴するのに頭を抱える人はいるだろうか?
 
元気になるのに、特別やコトは必要ない。同時に、アトピーを治すのにお金の掛かることや特別なことをする必要もない。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆◇ <編集後記> ◇◆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
当メルマガをご覧頂きありがとうございます。
来週からお盆や休みっ!でも何で!何でガソリン、リッター180円もするのよ!今年はもう近場でゆっくりするしかないですね。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【飛鳥旬の保湿ジェル】
オイルフリーで、サラッとした使用感。
顔にもご使用いただけます。
 →「飛鳥旬の保湿ジェル」

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【おばあちゃん直伝化粧水しっとりタイプ】
胃腸の健全化のサポート役としてご利用下さい。
→「おばあちゃん直伝化粧水しっとりタイプ」

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【飛鳥旬のアトピー完治への道(単行本)】
私も自分を支えることが精一杯のころがあった。
「アトピーの苦しみは誰しも同じ。大丈夫だよ」
これを伝えたくて話せなかった過去も記しました
→飛鳥旬の「アトピ完治への道」

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<発行人> 飛鳥 旬
・関連サイト アトピー完治への道
       アトピー性克服レポート
・問合せ asukairo@atopy-1.info
・次回発行予定 09月07日
・登録、解除はこちらから
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
私のプロフィールはこちら
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━