アトピー完治の基本

48-報われるための努力

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■   ☆告白!体験者が明かす「アトピー克服の鉄則!」☆  第48話
□■     アトピー克服を支援するメルマガ      2006/01/16
□□■    関連サイト               読者数 12137人
□□□■   アトピー完治への道  www.atopy-1.info
□□□□■    アトピ性皮膚炎克服レポート www.1atopy.com
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━   
【このメルマガの趣旨】
アトピーを克服したい!そんなあなたをサポートするのがこのメルマガの使命です。
私<飛鳥 旬>自らの体験を通じて、自力でアトピーを克服する方法を一挙大公開!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
飛鳥です。
 
いよいよ2006年!
 
男の人も、女の人も
 
OLの人も、主婦の人も
 
学生の人も、会社員の人も
 
家族がいる人も、独りでいる人も
 
孤独な人も、孤独に慣れてしまった人も
 
ステロイドを使用している人も、ステロイドを切った人も
 
アトピー性皮膚炎の完治を目指し、勇気を持って前進できますように。
今年もどうぞ、よろしくお付き合い下さい。
 
それでは、今年最初の配信。
 
はじまり、はじまり。
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【本日の目次】
・あの頃
・あの頃を振り返って
・アトピーの戦士達へ
・編集後記       
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
         ◇◆◇ あの頃 ◇◆◇
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
「努力すれば必ず報われる」
「目の前の壁を乗り越えて道は切り拓かれる」
 
私達は幼い頃から、こんな言葉を教えられてきた。
そして多くの場合、これは必ずしも間違いではなかった。
 
私の場合も努力すれば、それなりの結果が得られる事も多かった。
しかしアトピーに関する限り、頑張れば頑張るほど情況は悪くなった。
 
「あれほど頑張ったのに・・・」
「あんなにお金を注ぎ込んだのに・・・」
 
何もしないより、努力して結果の出ない方が精神的なダメージは大きい。
頑張れば頑張るほど情況が悪くなる経験など、人生の中でもそれほど頻繁に
経験できるものではない。
 
私の青年期はアトピーに振り回され続けた。
 
「治したい!」と思うから期待する。
期待するから落込む。
 
いつもこの繰り返し。
 
そのうち気が付くと、何もかも前向きに考えられなくなっていた。
下手に期待して裏切られるよりも、最初から期待しない方が傷つかない。
 
どうせ何をしてもアトピーは治らない。
 
だったら、「治したい!」なんて思わない方が良い・・・・・
いっそアトピーを言い訳にして、自分に都合の悪いことは回避しよう。
 
孤立した世界で生きるのも悪くない。
とにかく、どうでもいいからアトピーから開放して欲しかった。
 
あの頃、アトピーじゃない人よりも自分が下等な人間のように感じた。
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
      ◇◆◇  あの頃を振り返って ◇◆◇
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
アトピー克服して得た教訓。
 
アトピーとは「努力すれば報われる」のではなく、「報われるための努力」を
する必要があると言う現実。
 
残念なことに、多くのアトピー患者は私と同じ間違いを犯している。
 
つまりアトピーを治して欲しい一心で病院めぐりを繰り返し、「アトピーに効く!」
と評判の健康食品やサプリメントに手を出してしまう。
また、保険の効かない民間薬局の高価な漢方薬に走る人もいる。
 
しかし私の経験では、アトピーは他人に治して貰う類の病気ではない。
ましてアトピーを直接治せる健康食品やサプリメントはこの世に存在しない。
 
アトピー本気で治したければ、自分自身で「治すための努力」をする以外にない。
 
だから、「努力の中身」を間違えてはいけない。
 
自分自身で出来る身近で簡単なことを放棄して、他人や健康食品に依存しても
アトピーは治せない。
 
アトピーを克服するためのキーワード。
それは「努力」や「根性」でもなければ、「我慢」や「忍耐」でもない。
 
むしろ「ポキッ!」と折れてしまうようなテンションの高い努力は邪魔になる。
 
アトピー性皮膚炎を克服する秘訣は「根気」。
そしてキーワードは「継続」だ。
 
生活習慣を見直し、徹底的に改善をはかる。
コレを地道にコツコツ継続することで、アトピー完治への道が開ける。
 
しかし、ご存知のように人間は継続することが苦手だ。
だから大抵のアトピー患者は実行に移さない。
 
そして安易な選択肢を選ぶ。
自分が努力するよりも、人やモノに依存する方が楽だから・・・・
 
アトピー治療の現場でも、実はもっとも欠如しているのがこの「継続」。
時間をかけてアトピー患者の生活指導をすることが出来ない。
 
結局、自分を管理できるのは自分だけ。
 
何をやってもダメだと嘆いていた私。
実は、アトピーを治すための本当の努力は何もしていなかった。
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
      ◇◆◇  アトピーの戦士達へ ◇◆◇
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
受入れ難い現実といかに向き合うか?
 
この答えを迫られた時、私はアトピーと正面から闘う道を選んだ。
いくら考えても、どんなに悩んでも、現実からは逃げ切れない。
 
アトピーから開放されたいなら、アトピーに翻弄されたくないなら、
そして金輪際、アトピーに振り回される人生に終止符を打ちたいなら、
 
アトピーを克服するしかない。アトピーに打ち克つしかない。
アトピーとの闘いに勝つしかない。
 
アトピーとの闘いに勝つ秘訣は己に克つこと。
 
アトピーが治らないのは医者のせいじゃない。
アトピーが治らないのはステロイドのせいでもない。
まして、アトピーが治らないのは親のせいではない。
 
すべては自分。
だから、アトピーを治すのも自分。
 
アトピーの戦士達へ
 
叩かれても、叩かれても、立ち上がろう!
99回負けても良い。100回負けても良い。
 
最後に勝利した者が本当の勝者だから。
 
アトピーの戦士達へ!
 
2006年。
勇気を持って前進しよう!
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  ◆◇ <編集後記> ◇◆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
今回も当メルマガをご覧頂きありがとうございます。
本年もよろしくお願いします。
今年最初のメルマガは、このメッセージでさよなら。
 
「夢をつかむことというのは、一気にできません。」
「小さなことをつみ重ねることで、いつの日か信じられないような力を出せる
ようになっていきます。」
 
by シアトルマリナーズ イチロー
 
夢をつかむ、イチロー262のメッセージより
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【おばあちゃんの手作りローション!】
買う前に自分で作ろう!
「コレを使えばアトピー治る!」なんて事は絶対にあり得ません。
あくまで、あなたのアトピー克服のサポート役としてご利用下さい。

「おばあちゃん直伝化粧水」
───────────────────────────────────
【アトピー克服の鉄則を知る!】
アトピー性皮膚炎を克服するための第一歩。
何故、アトピー克服には「胃腸の健全化」が大切なのか?
誰にでも分かる簡単な説明で徹底解説。

飛鳥旬の「実体験克服レポート」
───────────────────────────────────
<発行人>  飛鳥 旬
・関連HP  アトピー完治への道
       アトピ性皮膚炎克服レポート
・問合せ  asukairo@atopy-1.info
・次回発行予定 12月25日(日)
=====================================

47-アトピーが短期間で治らない訳

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■   ☆告白!体験者が明かす「アトピー克服の鉄則!」☆   第47話
□■     アトピー克服を支援するメルマガ 2005/12/18
□□■    関連サイト      読者数 10337人
□□□■    アトピー完治への道 https://www.atopy-1.info/
□□□□■ アトピ性皮膚炎克服レポート https://www.1atopy.com/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【このメルマガの趣旨】
アトピーを克服したい!そんなあなたをサポートするのがこのメルマガの使命です。
私<飛鳥 旬>自らの体験を通じて、自力でアトピーを克服する方法を一挙大公開!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
飛鳥です。
 
まだ12月なのに、何でこんなに寒いの?
昨日、子供が作った雪だるま。今もそのまま残っている。
その上、家の前の坂道が凍結して、愛犬の散歩もどことなくぎこちない。
もう、春が待ち遠しい今日この頃です。
 
ところで前回、手作りローションに関する話題を取り上げました。
そうしたら、多くの方からメールを頂きました。
 
その中のいくつかを紹介すると、
 
・ローションだけでなく、石鹸やシャンプーも天然素材で手作りできないか?
・手作りローションを、「さっぱり」と「しっとり」の2種類に増やせないか?
・もう少し保湿力の強いローションが欲しい。
 
と言った感じでした。
 
これ以外にも、私の知らない食物エキスや保湿成分もご紹介頂きました。
正直、ローションに対する関心がこんなに高いとは驚きです。
 
メールを頂いた読者の皆さん。ありがとうございました。
 
さて、今回のテーマは「精神力」。
 
例えば、マリナーズのイチローやヤンキースの松井。
私は時々、「奴らの精神力はどうなってるんだ?」って感じることがあります。
 
ヒットのない日が続いても、悪びれずにインタビューに応える姿。
思い通りのスイングが出来ない日は、きっと心中穏やかではない筈。
なのに、明日を信じて淡々としている。(私にはそう見える。)
 
そこで、もし松井やイチローがアトピー性皮膚炎で、頑張っても結果が出ない時、
彼らはどんな風に対処するのだろうか?
 
2004年7月、チームが最下位の苦しい状態に、
「こんなことは子供のときから、一度も経験した事がありません。」
と言った後、イチローの言葉です。
 
「苦しいことの先に、新しい何かが見つかると信じています。」  
 
夢をつかむ   イチロー262のメッセージ   ぴあスポーツ書籍 より
 
さて、今回もはじまり、はじまり。
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【本日の目次】
・計画なくして結果なし
・アトピーが一気に治らない理由
・アトピーは治してナンボ
・編集後記       
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
       ◇◆◇ 計画なくして結果なし ◇◆◇
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
私の経験では、アトピー性皮膚炎と言う疾患は、毎日の生活の中でやるべき事
をキチンと実行すれば、必ず治るようになっている。
 
でも、やるべきことをキチンと実行するには、計画を立てる必要がある。
計画を効率的に達成する為、一流のスポーツ選手は独自の工夫をする。
 
例えば、オリンピックに出場すると言う目標があれば、まず目標をクリアする
ためのトレーニングプログラムを作る。そしてそのプログラムを毎日、規則的に
実行する。
 
これが実行できない選手は、自然にドロップアウトして行く。
 
焦っても、急に良い成績は残せない。
また、気合や根性だけでもダメなのだ。
黙々とプログラムに沿ったトレーニングを実行しなければ、結果は出ない。
 
アトピー性皮膚炎もまったく同じ。
 
具体的な行動計画を作り、後は機械的にこなしてゆけばいいのだ。
やるべきコトを確実に行うことにより、計画が実現に近づく。
 
但し、アトピー患者とスポーツ選手。
ここには、確率と言う点からすると、大きな違いがある。
 
スポーツ選手の場合、いくらプログラムに沿ったトレーニングを積んだからと
言って、オリンピックに出場できるとは限りない。あまり言いたくないが、
人生には運もある。
 
しかも、オリンピック競技は一発勝負の場である。
現実には、今までの努力が水の泡になる選手の方が多い。
 
でも、アトピー性皮膚炎は違う。
アトピーとの闘いは、努力した分だけ報われる世界だ。
 
だから間違えてはいけない。
アトピー性皮膚炎との闘いで優位なのは、いつの場合も患者。
治されるのが嫌でいつもビクビクしているのは、実はアトピーの方なのだ。
 
ただ、アトピー性皮膚炎も簡単には引き下がらない。
あの手、この手を使って患者の「やる気」に水を注す。
 
アトピーは患者の精神にダメージを与えるのが一番効果的な事を知っている。
逆に「継続的な努力」をされるのが一番の弱点なのだ。
 
だから、半年、1年、2年、3年。
報われる時間に個人差があるのは当然。
 
アトピー性皮膚炎ときっぱりサヨナラしたければ、「闘い」は避けられない。
上手く「お付き合い」したり、「コントロール」出来るほど、楽な相手ではない。
 
「闘い」には、4つの結果しかない。
 
それは、「勝ち」「負け」「引き分け」「相打ち」の4パターン。
そこで、アトピー性皮膚炎との「闘い」に勝利する秘訣。
 
それは絶対に「負ける戦」をしないこと。
これに尽きる。
 
アトピー完治への道を歩み始めたら、「引き分け」でもいい。
「相打ち」になるケースもあるだろう。
だけど、最初から「負ける戦」だけはしてはいけない。
 
アトピー性皮膚炎との「闘い」に勝つ本当の意味。
 
それは、「己に勝つ」ことに他ならない。
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
      ◇◆◇  アトピーが一気に治らない訳  ◇◆◇
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
アトピー性皮膚炎は免疫疾患。
 
これは今更、私が説明するまでもない周知の事実。
ご存知のように、免疫の異常とは自分の免疫系が自分の体を攻撃すること。
 
ちなみにこの分野の研究はクスリの開発と直接結びつく為、多くの企業の研究者
も参入し、大いに盛り上がっています。
 
その結果、最初はただ症状からしか捉えられていなかった1型のアレルギーも
今では、レセプターやヒスタミンの遊離機構が遺伝子レベルで研究されている。
 
それでは今後、研究が進めば、アトピー患者の数は激減するのか?
 
それは私には判らない。
でも私なら、アトピー性皮膚炎を治す場合、直接免疫系には目を向けない。
 
理由は簡単。
今まで散々、免疫系に働きかける治療を受けてもアトピーは治らなかったから。
いい意味でも、悪い意味でも、これだけはどうしようも無い事実。
 
白血球やT細胞、或いはマクロファージと言った言葉を聞いた事があるだろうか?

これらは免疫細胞と呼ばれ、体内に侵入したウイルスや病原菌と戦い、病気の
発症を防ぐために働いている。

ところがこの免疫細胞。
出来の悪いボンクラが混ざると、花粉やハウスダストなど人体に無害なタンパク
質にまで過剰な反応して、アレルギーを引き起こしてしまう。
 
何故、こんなボンクラの免疫細胞が混ざるのか?
 
そこは、消化器系と自律神経系が人体にとってもっとも基本的な要素であること
が分かれば把握できる。つまりこの2つは、生命活動の土台としてすべての器官
や組織に影響を及ぼしている。
 
要するに、胃腸の働きが悪いと強い免疫系は育まれない。
その結果、敵も見方も判断できないボンクラな免疫細胞を配置させる結果になる。
 
生体を守る免疫細胞は、常に精鋭部隊を配置する必要がある。
この部分には、出来の悪いボンクラな免疫細胞を配置させてはダメなのだ。
 
だから、その為にはまず消化器系を正常に戻す必要がある。
これがアトピー性皮膚炎を克服する為の第一ステップ。
皆さん良くご存知の「胃腸の健全化」。
 
コチコチした便。
水分の多い、ベタベタした便。
ウサギのようなころころと小さな便。
 
やっぱりこんな便、全部ダメです。
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
      ◇◆◇  アトピーは治してナンボ  ◇◆◇
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
さて、今年も「胃腸の健全化」を中心にアトピー克服の秘訣を紹介してきました。
 
読者の方の中には、飛鳥はあまりにもアトピーの治し方を単純化していないか?
「胃腸の健全化」さえ上手くゆけば治ると言うのはあまりにも短絡的じゃないか?
 
と言った疑問をお持ちの方もいるでしょう。
 
もっともだと思います。
ところが、実際にはこれが上手くゆく。
 
何故なら、ポイントを外していないから・・・
 
そりゃ、世の中にはいろんな治療法があります。
中には、「これがアトピーの治療法?」って首を傾けたくなるものもある。
でも、否定はしない。
 
インチキじゃない限り、すべての治療にはそれなりの意味があると思うら・・・
でも私、高価なものだけはどうしてもパスです。
 
私の克服経験からすると、アトピー性皮膚炎を治すのに、毎月何十万も掛かる事
が信じられない。
 
アトピー性皮膚炎を克服する上で大切なのは優先順位意。
 
これを間違えると、ポイントを外してしまう。
冷静に考えて見て下さい。
 
炎症で皮膚に痒みが生じた際、永年外用薬を使用しても治らなければ、それは
単に皮膚だけでなく、体の内部に問題が発生しているくらいのことはシロウト
にでも想像は付くはずでしょう。
 
常に、根本的な部分から目を離さない。
結局、アトピーは治してナンボ。
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  ◆◇ <編集後記> ◇◆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
今回も当メルマガをご覧頂きありがとうございます。
今回のメルマガは、このメッセージでさよなら。
 
「びっくりするような好プレイが、勝ちに結びつくことは少ないです。」「確実
にこなさないといけないプレイを、確実にこなせるチームは強いと思います。」
 
by シアトルマリナーズ イチロー
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【おばあちゃんの手作りローション 好評発売中!】
買う前に自分で作ろう!
「コレを使えばアトピー治る!」なんて事は絶対にあり得ません。
あくまで、あなたのアトピー克服のサポート役としてご利用下さい。

https://asuka.atopy-1.info/products/detail.php?product_id=4
────────────────────────────────────
【アトピー克服の鉄則を知る!】
アトピー性皮膚炎を克服するための第一歩。
何故、アトピー克服には「胃腸の健全化」が大切なのか?
誰にでも分かる簡単な説明で徹底解説。
飛鳥旬の「実体験克服レポート」

https://asuka.atopy-1.info/products/detail.php?product_id=8
────────────────────────────────────
<発行人>  飛鳥 旬
・関連HP  https://www.atopy-1.info/
・問合せ  asukairo@atopy-1.info
・次回発行予定 12月25日(日)
=====================================

46-口に入れるもの、肌に塗るもの

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■   ☆告白!体験者が明かす「アトピー克服の鉄則!」☆    第46話
□■     アトピー克服を支援するメルマガ 2005/12/11
□□■    関連サイト 「アトピー完治への道!」  読者数 10437人   
□□□■   アトピー完治への道 http://www.atopy-1.info
□□□□■ アトピ性皮膚炎克服レポート https://www.1atopy.com
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━   
【このメルマガの趣旨】
アトピーを克服したい!そんなあなたをサポートするのがこのメルマガの使命です。
私<飛鳥 旬>自らの体験を通じて、自力でアトピーを克服する方法を一挙大公開!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
飛鳥です。
 
早いですね、もう12月。
今年も残り3週間ですが、いかがお過ごしですか?
みなさんにとって、今年はどんな年でしたか?
 
今年、メルマガを通じて、私にはひとつの出会いがありました。
 
それは現在「おばあちゃんの手作りローション」でお世話になっている社長との出会い。
 
実は、この社長、「化粧品は大量生産しない。」と言うポリシーの持ち主。
だから、スキンローションもすべて手作り。
 
では何故、大量生産しないのか?
 
そこには、社長の「こだわり」がありました。
 
ちなみに、「おばあちゃんの手作りローション」は、アトピー完治への道を歩む中
で、私が「痒み対策」として位置付けているもの。主成分はヨモギ、シソ、ユキノ
シタ、アロエなど、我家の近所で採取できる身近な野草ばかり。
 
ところで、この手作りローション。
私にも、大きな「こだわり」がありました。
 
私のこだわりと社長のこだわり。
これが無ければ、「おばあちゃんの手作りローション」は生まれなかった。
 
と言うのも、
既にご存知の方もいると思いますが、実はアトピー関連のメルマガでは読者数が
1万人を超えると、有料広告の依頼が結構入って来ます。
 
「貴メルマガで我社の商品を紹介して頂けませんか?」って感じで・・・
 
コレって結構いいお金になるし、メルマガ広告だけで稼いでいるツワモノもいる。
でも、このメルマガではスキンケアー商品や化粧品の広告は掲載しなかった。
(多分、これからもしないと思う。)
 
その理由は・・・
 
実は、「鮮度」
以前から、私はローションには「新鮮さ」を求めていたのです。
 
社長にとっても、化粧品の命は「鮮度」だったのです。
 
それでは何故、スキンローションに「鮮度」なのか?
 
最初に謝っておきます。
もし今回のメルマガ、化粧品関係の人が読んでいたらゴメンなさい。
 
さて、今回もはじまり、はじまり。
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【本日の目次】
・口に入れるもの、肌に塗るもの
・手作りの価値
・来年こそ、完治を目指せ!
・編集後記       
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
      ◇◆◇ 口に入れるもの、肌に塗るもの ◇◆◇
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
以前にも少し紹介しましたが、私には2年間の百姓経験があります。
 
百姓経験と言っても、兼業農家じゃありません。
サラリーマンを辞め、お米と野菜を栽培し販売していたのです。
 
だから、今でも食材には敏感。
 
新鮮な野菜、新鮮な魚、新鮮なお肉。
カロリー計算より、ビタミン含有量より、私にとっては「鮮度」が一番。
 
以前、新鮮な食材がアトピーにどれほど重要か、このメルマガでも紹介しました。
 
私達は、人間以外の「生命力」を頂戴して生きている。いや、活かされている。
だから腐食したモノ、毒のあるモノを食べると、身体が拒否反応を示してしまう。
 
これは、ある意味変えることの出来ない真理です。
 
でも、加工食品、インスタント食品には生命力がありません。
或いは、腐らないよう、腐食しないように加工されたものはどこか不自然・・・
断食をした後や、少食が身に付くと、こんな風に感じることもしばしば。
 
でも、作り手や売り手にとって、加工食品は実はありがたい存在でもある。
 
だって、腐らないですもん。
 
賞味期限が長いから、お店の商品棚にも長時間陳列できる。
野菜のように処分品で2割引き、5割引きにするリスクがないですから・・・
 
でも、やっぱり人間は「生命力」を頂戴して生きている。
 
医学や科学が発達して、「これ1粒で大丈夫!」「忙しいあなたをサポート!」
なんて、手間の要らない便利な食品が開発されるかもしれない。
 
でも、私ならそんな食事はまっぴらだ。
新鮮な野菜、新鮮な魚、新鮮なお肉の方が良い。
 
毎日の食生活が身体に及ぼす影響は、私達が想像している以上に大きい。
この事実を、私はアトピーを通じて嫌と言うほど痛感させられた。
 
だから、
カロリー計算より、ビタミン含有量より、私にとって大切なのは「鮮度」なのだ。
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
       ◇◆◇  手作りの価値  ◇◆◇
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
では、肌に塗るローションはどうでしょう?
 
「同じです。」
「口に入れるモノも、肌に塗るモノも。」って社長。
 
そりゃそうだ・・・
 
私のおばあちゃん。 
ヨモギは団子に。シソは梅干と一緒に。ユキノシタは天ぷらに。
そして、アロエはすりおろしてそのまま食べていた。
 
だから、私はローションにも「鮮度」を要求した。
そしたら、社長もローションの命は「鮮度」だと言う。
 
こうして「おばあちゃんのローション」は誕生しました。  
 
実際、社長の「鮮度」に対する執念は凄まじい。
その日に作ったローションは、すべてその日のうちに発送。
 
また、ひと月で使い切って欲しいから、容量は増やさない。
繰り返し使って欲しいから、価格は限界まで抑える。
 
そのための経営努力は計り知れない。
 
大量生産、莫大な宣伝広告、流通在庫、販売店支援に背を向け、オーダー
メイドの手作りに徹している。そこには、「新鮮なローションを届けたい!」
と言う想いが込もっているのだ。
 
アトピー性皮膚炎はローションだけで治せる疾患ではない。
アトピーが治せる便利な「魔法のローション」はこの世に存在しない。
 
だから、私は生活習慣を変え、少食に取り組み、胃腸の健全化を目指した。
それでも、痒みとの闘いが一気に休止する訳ではない。
 
「とにかく今、この痒みを何とかしてくれ!」
 
ステロイドを拒み続けた私にとって、おばあちゃんが教えてくれたローションは
何ものにも変えがたかった。
 
この季節になると思い出す。 15歳の冬。
 
母を亡くした私にとって、「手作り」の持つ意味は大きかった・・・
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
       ◇◆◇  来年こそ完治を目指せ!  ◇◆◇
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
来年に向けて あなたへのメッセージ
 
現在、「ステロイドは危険なクスリ」と言うイメージが定着しましたね。
でも、このステロイド。
ひと昔前には、これで症状をコントロールしている間に、アトピーが治ると言う
ケースも決して珍しくはなかったのです。
 
それから漢方薬。
これも、今でこそ白虎加人参湯や消風散でアトピーが完治する例は珍しくなり
ましたが、それでもひと昔前には効果的だったのですよ。
 
そこで、30年前と現在。 (私が15歳の頃です。)
この間に、我々の生活を取り巻く情況は激変しましたね。
アトピー以外にも花粉症や鼻炎など、アレルギー疾患は激増しました。
 
この様な情況の変化に伴い、従来型の治療方法では治らないアトピー患者も増え
ました。その典型例が私(飛鳥旬)です。
 
それでは、この「情況の変化」が意味するところは何でしょう?
 
それはアトピー性皮膚炎の治療に際して、
「その場しのぎの治療法はもはや通用しない」ということ。
つまり小手先のテクニックで症状を好転させる間に、自然治癒力を期待すると言う
方法は、もはや使えないと言うことです。
 
情況は変化します。
 
過去に効果的だった方法が現在も有効だと言う保障はありません。
だから一番確実な方法は、自ら「治すための行動」を起すこと。
つまり、自然治癒力の向上を待つのではなく、自力で治癒力を向上させる。
 
ちょっと厳しい話で申し訳ありません。
でも、自分から積極的に「治すための行動」を起さず、「他人」や「モノ」に
依存し続けるだけだと、現在のアトピーは治せない情況になっているのです。
 
 
忘年会など飲み会の多い季節になりました。
 
この時期、アトピーの克服を目指して頑張っている皆さんが辛いのは承知の上。
だからこそ残り少ない今年を悔いのないように、そしてまた新たなスタートを
切ってください。
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  ◆◇ <編集後記> ◇◆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
今回のメルマガはスキンケアローションの話題が中心でした。
「おばあちゃんの手作りローション」が販売されてからちょうど1年。
ご愛用頂いた読者の方から、いろんなご意見を頂きました。
そのお陰もあり、来年は更にグレードアップしたローションが出来るかも。
そんな期待に胸を膨らませています。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【おばあちゃんの手作りローション 好評発売中!】
買う前に自分で作ろう!
「コレを使えばアトピー治る!」なんて事は絶対にあり得ません。
あくまで、あなたのアトピー克服のサポート役としてご利用下さい。
        ↓
https://asuka.atopy-1.info/products/detail.php?product_id=4
────────────────────────────────────
【アトピー克服の鉄則を知る!】
アトピー性皮膚炎を克服するための第一歩。
何故、アトピー克服には「胃腸の健全化」が大切なのか?
誰にでも分かる簡単な説明で徹底解説。
飛鳥旬の「実体験克服レポート」
        ↓
https://asuka.atopy-1.info/products/detail.php?product_id=8
────────────────────────────────────
<発行人>  飛鳥 旬
・関連HP  https://www.atopy-1.info/
・問合せ  asukairo@atopy-1.info
・次回発行予定 12月18日(日)
=====================================================================

45-アトピーとストレス対策

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■   ☆告白!体験者が明かす「アトピー克服の鉄則!」☆  第45話
□■     アトピー克服を支援するメルマガ 2005/11/27
□□■    関連サイト     読者数 10457人
□□□■    アトピー完治への道 https://www.atopy-1.info/
□□□□■ アトピ性皮膚炎克服レポート https://www.1atopy.com/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【このメルマガの趣旨】
アトピーを克服したい!そんなあなたをサポートするのがこのメルマガの使命です。
私<飛鳥 旬>自らの体験を通じて、自力でアトピーを克服する方法を一挙大公開!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
飛鳥です。
いかがお過ごしですか?

今回、メールマガジンの配信が1週間遅れました。
申し訳ありません。

人間生きているといろんなことが起こりますね。
11月に入り、身内や知人に続けて悲しい出来事がありました。

12月に向けて、気持ちを切り替えたいと思います。

ところで最近、日本ってもの凄く物騒ですね。

子供を狙った殺人。
お年寄りを狙った強盗。
女性を狙った引ったくり。

毎日、新聞を見ているとため息ばかり。

そんな中
「アトピー良くなりました!」ってメール、本当に嬉しくなる。

「多くの人がアトピーを治す為に頑張っている!」

こんな風に感じる事で、実は、私自身が元気を貰っている。
元気と言えばもうひとつ、音楽も私に元気を与えてくれる。

元々クラシックが好きだけど、最近は70年代のハードロック。
特にKISSがお気に入り。

何故か、不思議と気持ちがリラックスできる。

そこで、今回は「ストレス」の話。

アトピーって、間違いなく「ストレス」との闘いです。
症状が悪化するほど、いろんな「ストレス」を受けることになる。

このアトピー患者が受ける「ストレス」は、どんな風に対策すればいいのか?

私がアトピーの時、もっとも有効だった「ストレス対策」を紹介しましょう。

さて、今回もはじまり、はじまり。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【本日の目次】
・アトピーとストレスの関係
・ストレスの本質
・私のストレス対策
・編集後記       
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
         ◇◆◇ アトピーとストレスの関係 ◇◆◇
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ストレスはアトピーの発生箇所で激変する。   by 飛鳥

私の場合、
アトピーと診断された当初、アトピーによるストレスは少なかった。
例えば、風呂上りに痒くなっても、それは大したストレスではなかった。

むしろ、この段階では、
アトピー自体のストレスよりも、外部的なストレスの方が強かった。
外部的なストレスとは、対人関係や仕事で問題を抱えている状態。

対人関係や仕事上のトラブル。
これは、多かれ少なかれ誰でも経験するだろう。

しかし、当時、
私は対人関係と仕事上のトラブルでかなり神経をすり減らしていた。
そしてこの慢性的なストレスは、間違いなく私のアトピーを悪化させた。

当然、
このストレスを、簡単に解決できる裏技は存在しなかった。

例えば、「プラス思考」

何度も挑戦したが、私には不向きだった。
「プラス思考」だけで、問題は解決できなかったのだ。
と言うか、私は今でも「プラス思考」の人間じゃないと思っている。

外部的なストレス、つまり対人関係や仕事上のトラブルには相手がいる。
そもそも自分だけでは解決できないケースも多い上に相性の問題もある。

それでも、まだこの頃、
私はアトピー自体のストレスを感じるまでには至っていない。

しかし、
アトピーとストレスの関係が激変する瞬間が来た。

それは、
 ・
 ・
 ・
 ・
 ・
 ・
 ・
 ・
 ・
 ・
顔に症状が出た時。

顔が痒くなった。
特に、額から眉毛の周辺が無性に痒くなったのだ。

ジワジワと、しかも確実に顔が赤くなってゆく。
そして誰が見ても、眉毛が薄くなって行くのが分かった。

この瞬間、私のストレスは今までのモノとはケタ違いになった。

中でも最大のストレス。
それは、まちがいなく「他人の視線」だった。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
         ◇◆◇ ストレスの本質 ◇◆◇
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

見知らぬ人に出会ったとき、人はまず相手の顔を見る。
その際、人間は理論ではなく、感情の方が優先するらしい。

理性が働くのはその後。
つまり言葉ではなく、顔やその表情でその人の第一印象は決まる。

アトピーが顔に出た時、
私はこの事実を否応なしに知らされることになる。

「アトピーの人」
「眉毛のない人」

これはオレ本来の姿じゃない!
でも、他人の目には自分じゃない自分が映っている。

コレは、どうしようもない現実。

でも、私は最後まで自分の中でアトピーを認めなかった。
それは、自分じゃない自分を認めることになるから。

本当の自分とアトピーの自分の間にあるギャップ。
実は、ストレスの本質はココにある。

当時、どこに行っても誰に聞いても、このギャップを埋める答えは無かった。
つまり、「アトピーはこうして治す。」と言う羅針盤が無かったのだ。

もしアトピーが不治の病なら、アトピーを認めるしか選択肢は無いだろう。

しかし、アトピーは治る。
いや、自分で治せるのだ。

だから、
問題は治る・治らないではなく、治す為の行動を起すか起さないか。

確かに時間は掛かる。根気も必要。
その上自分で自分を管理する努力も問われる。

それでもアトピーは治るのだ。

本来の自分とアトピーの自分とのギャップ。
このギャップが元凶なら、ストレスは徐々に消える。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
         ◇◆◇ 私のストレスの対策 ◇◆◇
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ストレス対策で重要なこと。

それは
 ・
 ・
 ・
 ・
 ・
 ・
 ・
 ・
 ・
 ・
見極め。

自分の努力で何とかなること。
自分の努力ではどうにもならないこと。

この2つを一緒にしてはいけない。

コレを混合すると、無駄にイライラした時間を費やすことになる。
私の場合、まずイライラする情況を作らないことが最初のストレス対策だった。

ここで、私のストレス対策を紹介する。

それは明日、イライラしない為に今日の内に事前に準備をすること。
つまり明日、起こるであろう出来事を事前に予測し準備しておく。

大抵の場合、
明日の準備をする人は意外に少ない。
これは、必ず予習をする学生の割合からも明らかだ。

例えば、明日の予定。

私の場合、明日は上司と一緒に得意先まわりだ。
得意先まわりと言っても、いつも通いなれているルート。
問題無いだろうと思い、今日何もしなかったとする。

すると思わぬ所で小さなトラブルに逢い、イライラすることになる。
そしてそのトラブルは今日、ちょっと準備すれば回避できる可能性が高い。

日常生活上でのストレスとは、大抵はこの手の次元のモノが多い。
つまり、ある程度予期していれば回避できるストレスなのだ。

ところが、
世の中には自分の力だけでは、どうすることも出来ないことも多い。
地震など天災がそうだし、私に言わせれば人間関係や仕事上のトラブル
でさえ、自分の力だけでは解決できない場合も多い。

だから、「これはどうしようもないことだ!」と割り切る。
少なくとも、そんな風に思った方は気が楽になる。

その分、自分が出来る身近な事には手を抜かない。
でも、自分の力だけではどうすることも出来ないことは静観する。

これが私のストレス対策。

「プラス思考」ではダメだった私。

意識を変える努力ではなく、行動を変える努力をした。
きっと、身近に応用できる事が多いですよ。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  ◆◇ <編集後記> ◇◆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
今回も当メルマガをご覧頂き有難うございました。
先週、初めて北海道に行きました。
旭川では雪が降っていました。
日本って広いですね。
これからもっといろんな所に行きたいです。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<発行人>  飛鳥 旬
・関連HP  http://www.atopy-1.info/
・問合せ  asukairo@atopy-1.info
・次回発行予定 12月11日(日)
────────────────────────────────────
【おばあちゃんの手作りローション 好評発売中!】
買う前に自分で作ろう!
「コレを使えばアトピー治る!」なんて事は絶対にあり得ません。
あくまで、あなたのアトピー克服のサポート役としてご利用下さい。

https://asuka.atopy-1.info/products/detail.php?product_id=4
=====================================================================

44-漢方薬2

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■   ☆告白!体験者が明かす「アトピー克服の鉄則!」☆   第44話
□■     アトピー克服を支援するメルマガ 2005/11/06
□□■    関連サイト       読者数 11057人
□□□■   アトピー完治への道 https://www.atopy-1.info/
□□□□■ アトピ性皮膚炎克服レポート https://www.1atopy.com/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【このメルマガの趣旨】
アトピーを克服したい!そんなあなたをサポートするのがこのメルマガの使命です。
私<飛鳥 旬>自らの体験を通じて、自力でアトピーを克服する方法を一挙大公開!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
飛鳥です。
いかがお過ごしですか?

早速ですが、
前回、メルマガに登場してくれた太郎君。 覚えていますか?
その後、ブログにコメントを書き込んでくれました。

>飛鳥さんこんにちは、メルマガ読みました。
>今後はもっと自分の体のことを徹底的に調べていきたいと思います!
>思い出してみると、水を飲みすぎてたなぁ?。 と感じます。
>僕がもらった漢方薬は「桃核承気湯」と言って、この漢方薬は桂枝茯苓丸と
>共に、駆おけつ剤の代表的な処方で婦人疾患に広く用います。
>婦人のお血、神経症状、便秘などを目標とし、月経不順、月経困難,月経痛
>など月経異常に、また頭痛、イライラ、めまいなどの神経症状に本方が適用
>されるそうです。
 
>処方
>桃仁5.0、桂皮4.0、芒硝2.0 甘草2.0、大黄2.0 だそうです! 

太郎君、自分なりに良く調べたと思います。
漢方薬に関しては過去、私も徹底的に調べた経緯があります。

実際、今でも少し体調が悪いと感じた時には漢方薬を良く利用します。

でも、漢方薬を民間の漢方薬局で入手することはありません。
だって高いですもん・・・

漢方薬は保険を使って病院で処方箋を貰うのが基本。
でも私に言わせると、それでも高い。

情報と知恵があえればお金は掛からない。
ちょっと手間は掛かるかもしれないけれど・・・

アトピーを克服するのにお金は掛からない。
いや、お金なんか掛けちゃいけない。

この点に関しては「関西のおばちゃん」にも負けないぞ!

さて、今回もはじまり、はじまり。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【本日の目次】
・予感的中!
・身近な薬草を見直そう!
・編集後記       

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
         ◇◆◇ 予感的中! ◇◆◇
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

前回、太郎君からこんなコメントが来ました。

>僕もここのところ調子がだんだんとよくなってきたのですが、
>今この間お医者さんがくれた漢方を飲んでいるのですが、
>(この漢方は冷えと便秘に効くそうです)これを飲み始めてから
>便秘はなくなり、毎日排出しています。が、太く、きれいなうんこではなく
>かなりやわらかいうんこで細い感じです痒みはまだかなりあります。
>これは飲んでいて逆に体に悪くないでしょうか?
>漢方だから悪いとは思わないのですが少し不安です。

そこで、私はこんなコメントを残しました。

君の処方された漢方薬の中に「大黄」と言う生薬が配合されていたら
その時は必ずメールを下さい。その理由は次回のメルマガで紹介しよう。

何故、私がこんなコメントを残したか?

わかる人。
少しは漢方薬を勉強した人ですね。

私はこのコメントを見て、直ぐにピン!ときました。

>便秘はなくなり、毎日排出しています。が、太く、きれいなうんこではなく
>かなりやわらかいうんこで細い感じです痒みはまだかなりあります。

ポイントはココ。

太くきれいなウンコじゃなく、やわらかくて細いウンコ。
便秘じゃないのにこの有様は何だ?

自力じゃない・・・・
強制的に排泄させている・・・・

出てるんじゃない・・・・
無理に出させている・・・・

私の経験から「大黄」と言う生薬はかなり即効性のある生薬です。
ちなみに漢方生薬は上薬・中薬・下薬の3つに分類されます。

つまり毎日摂取して体質を強化し、他の薬の副作用を軽減する生薬が上薬。
逆に作用は強いが、副作用が出やすいものが下薬になります。

ところで「大黄」は?

漢方薬を中心に下剤の定番となっている生薬。

つまり便秘には「大黄」と言われるほど漢方薬の世界ではメジャーです。

何故「大黄」はメジャーなのか?
それは「大黄」が便秘に良く効くからでしょう・・・

良く効かなければ、薬は売れません。

しかし「大黄」は漢方生薬では下薬であり、その上「寒薬」です。
「寒薬」とは身体を冷やす生薬のこと。

私は太郎君のお医者さんに文句をつける気はサラサラありません。
ごめんね。太郎君。君にはすまないと思う。

でも私の場合、
よほどでない限り「大黄」のお世話にはならない。

全く逆なんだ。

私がお世話になるのはいつも「温薬」。
つまり体の芯を徹底的に温める生薬を使ってきた。

私の実践してきた「胃腸の健全化」はこれが柱になっている。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
         ◇◆◇ 身近な薬草を見直そう! ◇◆◇
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

我が家の冬支度を紹介します。

冬支度と言っても、それほど大袈裟なものじゃありません。
準備するのは近所で取れるヨモギ。

このヨモギ。
これからのシーズンはお薦めです。

ヨモギの効能は数知れない。
からだの内部を温めてくれる。

お茶にして飲んでもいいし、お風呂に入れるのよし。
アトピー性皮膚炎を克服する必須アイテムと言ってもいいくらい。

特に女性の場合、
夏の冷房とか冬でも薄いストッキング1枚にスカートだったりする訳でしょ。

どうしても体を冷やしてしまう。

特に腰。
ヨモギを陰干しにしておいて、煮立てて絞ってからタオルに包んで当てる。
半身浴も良いけれど、これは本当に体の芯から温めてくれる。
騙されたと思ってやってみるだけの価値はある。

でも、ヨモギのティーバックなんて買うのはよしましょう。

お金が掛かるから・・・
いやいや、それもあるけど、あの手の商品は熱を加えて圧縮したり、いろんな
加工がしてあるから・・・

都会でもヨモギならちょっと探せば見つかる筈。
それから、ヨモギが自家製のお灸になるってご存知?

乾燥したヨモギの葉っぱを両手で綿毛になるまで揉むんです。
これも結構使えます。

自家製のお灸なんか作ってどうするの?って?
自分で調べてみてください。
きっとわかると思います。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  ◆◇ <編集後記> ◇◆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
今回も当メルマガをご覧頂き有難うございました。
最近、本当に出張が増えました。
四国・広島・岡山など西日本が多いですが、時には東京まで日帰りもします。
やっぱり健康って大切ですね。

又、嬉しい知らせを頂く機会も増えています。
名古屋のKさん。
写真付きのメールありがとう!
「力になれたらいいです。」ってコメント。最高に嬉しいです。
この写真見たら、勇気付けられる人たくさんいると思います。
お世辞じゃなく、本当にキレイです。
頑張りやさんのKさん。又、返信メールしますね。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<発行人>  飛鳥 旬
・関連HP  https://www.atopy-1.info/
・問合せ  asukairo@atopy-1.info
・次回発行予定 11月20日(日)
────────────────────────────────────────────────────────────────
【おばあちゃんの手作りローション 好評発売中!】
買う前に自分で作ろう!
「コレを使えばアトピー治る!」なんて事は絶対にあり得ません。
あくまで、あなたのアトピー克服のサポート役としてご利用下さい。

https://asuka.atopy-1.info/products/detail.php?product_id=4
================================================================

43-漢方薬1

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■   ☆告白!体験者が明かす「アトピー克服の鉄則!」☆   第43話
□■     アトピー克服を支援するメルマガ 2005/10/23
□□■    関連サイト      読者数 10,479人
□□□■    アトピー完治への道 http://www.atopy-1.info/
□□□□■ アトピ性皮膚炎克服レポート http://www.1atopy.com/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【このメルマガの趣旨】
アトピーを克服したい!そんなあなたをサポートするのがこのメルマガの使命です。
私<飛鳥 旬>自らの体験を通じて、自力でアトピーを克服する方法を一挙大公開!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

飛鳥です。
皆さんいかがお過ごしですか?

今回はまず、皆さんにお礼を申し上げます。

当メルマガがみごと殿堂入り!
殿堂メルマガとは創刊2年以上、読者数3000人以上のメルマガに与えられる称号。

これも皆さんのご支援の賜物。ありがとうございます。

しかしこの殿堂メルマガの称号も、まだまだ通過点。
まだまだアトピーに悩み苦しむ人は大勢。

このメールマガジンを読みながら、 耐え難い痒みと闘っている方もきっといるはず。
アトピーを克服する鍵が、医者の力量や最先端の医療機器ではなく、「患者自身が行う地道な努力」と言うのが私の持論。

私がホームページを作成しメルマガを配信したのが3年前。
当時、アトピーを治す秘訣が消化器官の強化と紹介しているサイトは稀。
それが現在、アトピー関連のサイトには「胃腸の健全化」と言葉が頻繁に登場している。
これは私にとっても嬉しいことです。

「胃腸の健全化」を体感し、アトピーを克服された方がどんどん増えている。
でも、もっともっと沢山の人にアトピーを克服して欲しい。
今後とも、よろしくお願いします。

今回も、はじまり、はじまり。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【本日の目次】
・太郎君の不安
・お粥を見直す
・編集後記         

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
         ◇◆◇ 太郎君の不安 ◇◆◇
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

太郎君は高校生。

今まで私のブログに3回程コメントを頂いています。
そんな太郎君から、こんなコメントが。

>僕もここのところ調子がだんだんとよくなってきたのですが、
>今この間お医者さんがくれた漢方を飲んでいるのですが、
>(この漢方は冷えと便秘に効くそうです)これを飲み始めてから
>便秘はなくなり、毎日排出しています。が、太く、きれいなうんこではなく
>かなりやわらかいうんこで細い感じです痒みはまだかなりあります。
>これは飲んでいて逆に体に悪くないでしょうか?
>漢方だから悪いとは思わないのですが少し不安です。

さて、このコメントを読んであなたは何を感じましたか?
私の返信コメントはこんな感じ。

太郎君へ こんばんは。
その後、元気ですか?
調子が良くて何よりです。
レポートを読んだ甲斐があったかな?

ところで今回、ちょっと大切なことを話すよ。
これは君がアトピーを完治する為にとても大切な話。
だから真剣に聞いて欲しい。

まず、今回肌の調子が良くなった理由。
この原因が何なのか? これを自分なりに考えるクセをつけること。
当然、これは間違っている可能性も高いだろう。
でも、それはそれで良いんだ。
大切なのは、パターンを見つけること。
思い当たることを全部思い出して欲しい。
そして思い当たる節があれば、これを徹底的にチェックする。
実は、ここがもの凄く大切なポイントになる。

例えば、調子の良くなった原因として、

その1 ネコを遠ざけたから。
その2 漢方薬が効いたから。

の2つが思い当たったとしよう。
すると、この2つ原因を徹底的に調べる。 だから、

>今この間お医者さんがくれた漢方を飲んでいるのですが、
>(この漢方は冷えと便秘に効くそうです)

と言った、他人事の様なスタンスじゃダメなんだ・・・
少なくとも、医者から貰った漢方薬の名前位は知っておかなくちゃ。
アトピーは自分で治す疾患と言う意味はそう言う事なんだ。

よく勘違いする人がいるけど、
自力で治すと言う意味は、医者や医療機関を否定することじゃない。

利用できるモノは最大限利用する。
自分が飲むクスリの内容程度は、自分で把握しなきゃ・・・

>これは飲んでいて逆に体に悪くないでしょうか?
>漢方だから悪いとは思わないのですが少し不安です。

それから、漢方薬だから悪いとは思わないと言うのも甘い!
漢方薬でもステロイドでも、クスリには多かれ少なかれ副作用がある。
それを理解した上で、できれば漢方薬の場合なら、その中に処方されている生薬に関心を持つ位の心構えが欲しい。

するとその生薬は人参や生姜、或いはミカンの皮だったりする。
つまり、身近に私達が食べているもの。
こういうコトって意外と大切。

それからウンコの話しだけど。

>便秘はなくなり、毎日排出しています。が、太く、きれいなうんこではなく
>かなりやわらかいうんこで細い感じです痒みはまだかなりあります。

要するに、お腹のゆるい時に出るウンコだね。
どうしてこんなウンコが出るんだろう?
私なら、まず胃の中の水分調節を疑う。つまり「水毒」だね。

簡単に言うと、消化器官で水分を上手く調節できていない。
要するに、君のウンコの柔らかい原因は、薬だけで治すじゃなく、自分の食生活を改善することで解決すると言う信号だ。

一見、アトピーとはまったく関係無いようだけど、実はここに大きなポイントがあるんだね。
レポートを読んだ君ならきっと理解できる筈。
最後に 君の処方された漢方薬の中に「大黄」と言う生薬が配合されていたら、その時は必ずメールを下さい。

その理由は、次回のメルマガで紹介しよう。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
   ◇◆◇ お粥を見直す ◇◆◇
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

私、アトピーは皮膚の病気じゃなく、弱った消化器官に原因があると思っている。
喘息だって同じことだ。

これは、「免疫学」をじっくり勉強して判りました。。

ところで、ここ2・3日、久しぶりに体調がかなり悪い。
そこで、早めにクスリを飲んで、早めに寝ることにした。

翌朝、すっかり体調が良くなった。
普通なら「元気になってよかったね」となるが、私はそんな風には思わない。
確かに薬は効いたが、私の体調を元に戻したのは私の体。

クスリは単にサポートしただけ。
ここを間違えてはいけない。
風邪やアトピーを直接治せる薬は、この世に存在しない。

病気を治すのは、あくまで自分自身の免疫細胞。
そこで、この免疫細胞。

例えば、アレルギー検査で御馴染みのIGE抗体は、B細胞と言う免疫細胞から作られる。
そして、このB細胞の70~80%は消化管にいるとされている。

これは、皮膚や気管に存在するB細胞の数より遥かに多い。
消化器官が健全で無いと、強い免疫系が育まれない原因がここにある。

では、消化器官を健全化するにはどうすればいいか?

お腹の調子が悪い時、 我われ日本人には素晴らしい知恵がある。
それは、「お粥」を食べる習慣。

「お粥」と言うと、病人が食べる味気ない食事と解釈する人がいる。
しかし、これは違う。 弱った胃腸に対して、消化吸収しやすくする知恵なのだ。

例えば鶏肉。
フライドチキンもお粥の中の鶏肉も材料は同じニワトリ。
どちらが消化吸収しやすい食事だろう?

便秘や下痢を繰り返すお腹にとって、負担が掛かるのはどっちだろう?
「お粥」と言う言葉が味気ないなら、「ちゃんこ」や「リゾット」でも良い。
冬の季節、お腹に優しく消化吸収の良い食事をお薦めする。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆◇ 編集後記 ◇◆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
今回も当メルマガをご覧頂き有難うございました。
最近、もの凄く出張が多くなりました。
今週末は広島の呉市に行きます。
ちょっとブログの間隔があいてしまいました。又、頑張ります!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【おばあちゃんの手作りローション 好評発売中!】
「コレを使えばアトピー治る!」なんて事は絶対にあり得ません。
あくまで、あなたのアトピー克服のサポート役としてご利用下さい。

http://asuka.atopy-1.info/products/detail.php?product_id=4
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<発行人> 飛鳥 旬
・関連HP アトピー完治への道  http://www.atopy-1.info/
 アトピー克服レポート http://www.1atopy.com/
・問合せ asukairo@atopy-1.info
・次回発行予定 11月06日(日)
・登録・解除はこちらから http://www.mag2.com/m/0000116963.htm
=====================================================================
★ 私のプロフィールはこちらです。
http://www.atopy-1.info/gm1.htm
======================================================================

42-完治への手ごたえ

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■   ☆告白!体験者が明かす「アトピー克服の鉄則!」☆   第42話
□■     アトピー克服を支援するメルマガ 2005/10/10
□□■    関連サイト 「アトピー完治への道!」      読者数 11,257人
□□□■    アトピー完治への道 http://www.atopy-1.info/
□□□□■ アトピ性皮膚炎克服レポート http://www.1atopy.com/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【このメルマガの趣旨】
アトピーを克服したい!そんなあなたをサポートするのがこのメルマガの使命です。
私<飛鳥 旬>自らの体験を通じて、自力でアトピーを克服する方法を一挙大公開!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

飛鳥です。

秋は天気が安定しませんね。
この時期、肌の調子が良くなる人もいれば、逆に悪化する人もいます。

夏場、汗をかくのが怖かった人。
これからの時期は安心かと言えばそうじゃない。

空気が乾燥すると、また痒くなってしまう。

私の場合もそうだった。
暑ければ汗をかいて痒くなるし、寒ければ皮膚がカサカサになって痒い。

結局、何だかんだ言っても、1年中いつも痒かった。

痒みは辛い。
だから多くの人は、痒みを抑えるためのモノに頼る。

ステロイド、保湿剤、その他アトピーグッズ、言い出せばきりが無い。

たしかに、痒みは辛い。
だからアトピーを完治させる過程でも、痒み対策は必要。

でも、多くの人がココで大切なことを忘れている。
いつまで経ってもアトピーを治せないのは、この「忘れ物」のせい。

この「忘れ物」とは?

さて、今回もはじまり、はじまり。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆◆ 本日の目次

・「治る!」と感じた瞬間
・特別なことは必要無し
・編集後記

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇◆◇「治る!」と感じた瞬間 ◇◆◇
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

30歳の時、アトピー完治へ向けて、私のあくなき挑戦が始まった。
当時、私は脱ステロイドによるリバウンドから京都のT病院で入院中だった。

もちろん、
それ以前にも「アトピーを治したい!」と言う気持ちは強かった。

でも、この入院体験を通じて、
「治したい」と言う漠然とした気持ちが、「治せる!」と言う自信に変わった。

実は、この自信の背景にはひとつの体験があった。

その体験とは

断食です。

正直、断食に関しては、メルマガやホームページでは紹介してこなかった。
それは、断食 ⇒ アトピーが治る と早合点する人が必ずいるから。

実は、これは非常に危険な発想だ。
実際、私が体験した断食は、修行僧が行うような厳しい断食じゃない。

その結果、1ヶ月の入院体験を通じて、肌の痒みは劇的に改善した。
これは、今までの感覚とは全く違うものだ。

確かに、肌はカサカサしている。
しかし赤味を帯びた皮膚の炎症は劇的に改善されている。

この時、私は頭をハンマーで殴られたような衝撃を受けた。

「そうなんだ・・・・」

これは同時に、
「オレのアトピーは治る!」と確信できた瞬間だった。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇◆◇ 特別なことは必要無い ◇◆◇
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

何か特別なコトをすれば、アトピーが治ると思っている人がいます。

○○を食べればアトピーは治る。
○○を食べなければアトピーは治る。
栄養素の○○を吸収すればアトピーは治る。

から始まって、

半身浴をすればアトピーは治る。
ストレスを無くせばアトピーは治る。
肌に○○を塗ればアトピーは治る。

などなど、これも数えればキリがありません。

だったら、

断食をすれば、少食にすれば、朝食を抜けば
アトピーが治るのかといえば、これもチョッと違う。

断食や少食、朝食抜くことは、あくまで手段に過ぎない。

つまり断食や少食、朝食を抜いた結果、消化器官の働きが活発化したら、
アレルギーの活動は沈静化する。

だからアトピーを治す上で大切なことは、まず自分の生活習慣を見直すコト。

そして改善ポイントが分かったら、毎日の生活の延長線上で実行できるレベルに
落とし込み、それを自分なりにプログラム化すること。

難しく考えすぎちゃいけない。
単なる予定表と思えばいいのだ。

アトピーを治す為にやることはたったコレだけ。
本当にたったコレだけの事が実行できれば、アトピーは見事に消える。

後は継続できるか、バカバカしくなって途中で投げ出すかのどちらか。

これだけは、忘れないで欲しい。

アトピー克服のカギ。
コレを握っているのは、医者でも最先端の医療技術でもない。

このカギを握っているのは、他でもない自分自身だ。
結局、私が体験したのは「アトピーは自分との闘い」と言う現実。

痒み対策は大切だ。

しかし大きな「忘れ物」はしないように・・・・

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆◇ <編集後記> ◇◆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
今回も当メルマガをご覧頂き有難うございました。
断食する場合、くれぐれも信頼できる指導者の下で行ってください。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<発行人>  飛鳥 旬
・関連HP  http://www.atopy-1.info/
・問合せ  asukairo@atopy-1.info
・次回発行予定 10月16日(日)
・解除はこちらから http://www.mag2.com/m/0000116963.htm
・ このメールマガジンのバックナンバーはこちら
http://www.mag2.com/m/0000116963.htm
────────────────────────────────────
【おばあちゃんの手作りローション 好評発売中!】
買う前に自分で作ろう!
「コレを使えばアトピー治る!」なんて事は絶対にあり得ません。
あくまで、あなたのアトピー克服のサポート役としてご利用下さい。

https://asuka.atopy-1.info/products/detail.php?product_id=4
=====================================================================

41-「継続」なくして「完治」なし

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■   ☆告白!体験者が明かす「アトピー克服の鉄則!」☆  第41話
□■     アトピー克服を支援するメルマガ 2005/09/25
□□■    関連サイト      読者数 11,047人
□□□■    アトピー完治への道 http://www.atopy-1.info/
□□□□■ アトピ性皮膚炎克服レポート http://www.1atopy.com/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【このメルマガの趣旨】
アトピーを克服したい!そんなあなたをサポートするのがこのメルマガの使命です。
私<飛鳥 旬>自らの体験を通じて、自力でアトピーを克服する方法を一挙大公開!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

飛鳥です。

3連休はいかがお過ごしでしたか?
私は子供の運動会や妻の誕生日など、家族との時間を楽しく過ごしました。

そんな中、
今日のお昼は、家族4人で中華料理店へ。

ギョーザ、ラーメン、酢豚、鳥のから揚げ、チャンポン、天津飯を注文。
すべて完食しました。

それから、サーティーワンへ直行。
ここでもお気に入りのアイスを完食。

そこには、家族の笑顔がありました。

でも・・・

アトピーと闘っていた頃、
正直、とてもこんな日が来るとは思えなかった・・・・

毎日が不安で一杯だったから。
理想と現実のギャップを埋められない。

特に「胃腸の健全化」に取り組み始めた頃、

「大丈夫かな・・・・」
「こんな事で本当に良くなるのかな・・・・」って。

毎日、こころが揺れ動く。
でも、新しいコトを始める時、誰にも不安はつきもの。

理想と現実のギャップ。

どうすればいいんだろう?

さて、今回もはじまり、はじまり。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ◆◆ 本日の目次

・不安からの脱出
・「負け戦」をするな!
・編集後記       

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
         ◇◆◇ 不安からの脱出 ◇◆◇
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

新しいコトを試みる時、誰にでも不安はつきものです。

「大丈夫かな?」
「失敗しないかな?」って・・・

もちろん、私も同じです。

「アトピー克服の第一ステップは胃腸の健全化」
今、私はこんな風に断言できる。

それは、自分の克服体験が物語っている。
だから「少食」を中心に消化器官の強化を訴えてきた。

くどいかも知れないけれど、
「胃腸の健全化」無くして、アトピーの改善はあり得ない。

知らない人は、こちら

https://www.atopy-1.info/kanti1.htm

でもコレって、最初から確信していた訳じゃない。
実は、もの凄く不安だった。

その結果

「少食だ!」って思っても実行できない。
「甘い物は食べない!」と誓っても、実行できない。

結局、残ったのは自己嫌悪だけ。

「何とかしなきゃいけない・・・・」
「このままの状態だとヤバイ・・・」

この頃、
アトピーの悪化から会社を欠勤することが多く、もうこれ以上は休めない。
その上、もう民間療法や健康食品に注ぎ込む金さえ無くなった。

18年間。
何をやっても駄目だった。

だからと言って、
「胃腸の健全化」に取組んで、トントン拍子でアトピーが良くなった訳じゃない。

やっぱり不安はあった。
でも、不安な気持ちを持ちながら継続した。

ただ継続した。
失敗する日もあったけど、気持ちを切り替えてまた続けた。

たいした理由があった訳じゃない。
強いて言うなら、これしか選択の余地が無かった。

そしたら、奇跡が起こった。
あれほどお金を掛けても治らなかったアトピー。

お金が無くなって、お金を掛けない方法を継続したら消えた。
「不安から脱出する方法」があるとしたら、

私は、「ただ継続すること」って答えるだろう。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
         ◇◆◇ 「負け戦」をするな! ◇◆◇
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■ アトピーは一気に治せない

今、大きな記録に向かって戦っている人がいます。

ご存知、マリナーズのイチロー。
今シーズンも200本安打まであと7本と迫っています。

そのイチロー。
昨年、258安打の世界記録を達成した際、こんなコメントを残しています。

「小さいことを積み重ねる事が、とんでもない所に行くただひとつの道。」

コレって、理屈では分かっていても、なかなか実感できない。
でもアトピーを克服するには、もの凄く重みのある言葉。

実は、アトピーも一気には治せない。
一気に治そうとすると、「負け戦」への道を歩んでしまう。

これが過去、多くのアトピー患者を絶望へ追いやった理由。

一気に治す必要はありません。
一気に治す方法を探すよりも、二度とアトピーが再発しない生活習慣を身に
付ける方が大事。

その為には、

入れるよりも、排泄する方が大事。
肌の状態より、ウンコの状態の方が大事。

だから

少食にする。
最低、50回以上は噛む。
甘い物には手を出さない。

これだけは最低限継続した方が良いと思います。

より詳しく知りたい方は
https://www.1atopy.com/index.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  ◆◇ <編集後記> ◇◆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
今回も当メルマガをご覧頂き有難うございました。

ブログへのコメントを頂きありがとうございます。
頂いたコメントに関しては、こんな風に必ず返事を書いています。

http://asukairo.atopy-1.info/

これからも、コメントお待ちしています。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<発行人>  飛鳥 旬
・関連HP  http://www.atopy-1.info/
・問合せ  asukairo@atopy-1.info
・次回発行予定 10月02日(日)
・解除はこちらから http://www.mag2.com/m/0000116963.htm
・このメールマガジンのバックナンバーはこちら 
http://www.mag2.com/m/0000116963.htm
────────────────────────────────────
【おばあちゃんの手作りローション 好評発売中!】
買う前に自分で作ろう!
「コレを使えばアトピー治る!」なんて事は絶対にあり得ません。
あくまで、あなたのアトピー克服のサポート役としてご利用下さい。

https://asuka.atopy-1.info/products/detail.php?product_id=4
=====================================================================

40-パン食

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■   ☆告白!体験者が明かす「アトピー克服の鉄則!」☆  第40話
□■     アトピー克服を支援するメルマガ 2005/09/11
□□■    関連サイト      読者数 10,335人
□□□■    アトピー完治への道 http://www.atopy-1.info/
□□□□■ アトピ性皮膚炎克服レポート http://www.1atopy.com/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【このメルマガの趣旨】
アトピーを克服したい!そんなあなたをサポートするのがこのメルマガの使命です。
私<飛鳥 旬>自らの体験を通じて、自力でアトピーを克服する方法を一挙大公開!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

飛鳥です。

いかがお過ごしですか?
先週は台風接近にも拘わらず、出張で四国に行きました。

案の定、強風のために電車が瀬戸大橋を渡れず、岡山県の児島駅で待機。
満員の車内でイライラしながら強風が収まるのを待っていました。

すると、

「お急ぎの所、ご迷惑をお掛けします。」
「我々JR職員は皆様の大切な命をお預かりしています。」
「恐れ入りますが、安全が確認されるまでお待ち下さい。」

と言う車内アナウンス。

「そりゃそうだ・・・・」 

自然による災害は避けがたい。
それよりも大切なのは、その前後の対策。

アメリカのハリケーンの報道を観ていると、善後策の大切さを痛感する。

今回の出張。
とにかく無事に帰宅できたのは、JR職員さんのお陰だと思います。

と云うことで、 

今回もはじまり、はじまり。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ◆◆ 本日の目次

・「パン食」に付いて
・克服への「原理原則」
・編集後記       

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
         ◇◆◇ 「パン食」に付いて ◇◆◇
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

さて、今回は「パン食」に関する質問を頂きました。

>飛鳥さん こんばんは。
>今回は食事についての質問です。

>CD版の資料に「パン食を避け」とありますが、その理由が知りたいんです。

>私なりに色々考えてみました。
>市販のパンには砂糖や卵や乳製品、油や添加物が使われてるからでしょうか?
>もしくは小麦自体が胃腸の負担になるんでしょうか?

>もし、前者の理由であれば、無添加の天然酵母パンなら
>食べてもいいのかなーと思いまして…何しろ無類のパン好きなので^^;

>飛鳥さんのご意見をお聞かせ下さい。     Aさんより

「パン食」に付いては私のメルマガ第一弾、
「アトピーを段階的に改善するワンポイント講座」でも紹介しました。

アトピーを克服する場合、
何故、「パン食」がダメなのか?

再度、私なりの経験を紹介します。

アトピーを克服する上で「パンの常食」がお薦めできないのは、
パンに含まれるイーストフードや防腐剤を心配してのコトだけではありません。

問題がこれだけなら、
Aさんがご指摘の様に全粒粉、天然酵母を使用したパンを食べればいいですね。

問題はそうじゃない。
これは、「食生活のスタイル」として捕らえる必要があるからです。

ちなみに、
このメルマガは「アトピーを完治させたい!」と言う方のために書いています。

ご存知のように、
アトピーの場合、「改善」と「完治」の差は計り知れないほど大きい。

ステロイドは離脱できても、アトピーそのものを治せない人は大勢います。

コレって「アトピー完治」を目指す場合、
小手先のテクニックが通じない証じゃないかな?

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
         ◇◆◇ 克服への「原理原則」 ◇◆◇
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■ 克服への原理原則

ものごとにはルールや原則がある様に、アトピー克服にも原則ってあります。
これを無視してはダメですね。

人間にとって最も大切な食べ物は、“水とでんぷん”

つまり肉や乳製品を主食にしているのは、エスキモーやごく一部の人たちだけで、
世界中のほとんどの人は、コメ、小麦、雑穀、イモ類、トウモロコシが主食です。

“水とでんぷん”の効果的な摂取。
これが健康な身体を維持するための原則です。

私の経験からすると、いかに効果的に水とでんぷんを摂取するか?
その結果、いかに排泄できるかが免疫力を高めるキーポイントだと思います。

そして、私たち日本人にとって、
最も効果的にでんぷんを摂取する方法とは、

おコメを食べる事です。

残念ながら我々日本人は、パンでは充分にでんぷんを摂ることができない。
身体を維持する最低量すら、パンの常食では不足してしまいます。

まだあります。

パンを食べる時、食卓の上はどの様なスタイルになっているでしょう?
パン自体には、マーガリン、バター、ジャム、マーマレード。

副食には、サラダがメインとなります。
これには、ドレッシングやマヨネーズ。

更にハムエッグにウインナーやベーコンエッグ。
飲み物もコーヒーや牛乳など、胃腸を冷やす陰性の食事がメインとなります。

つまり、パン食は砂糖や油脂油だらけの食事といっても過言ではありません。
また、これらの副食には添加物の危険が一杯です。

これがご飯だと、どうなりますか?

目の前のパンをひとつ食べるのが良いか悪いか?
これは本人の置かれた状況に拠るでしょう。

でも大切なのは、毎日の生活習慣をどんな風に組み立てるか?

「完治」に拘るなら、
ここがポイントになると思います。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  ◆◇ <編集後記> ◇◆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
今回も当メルマガをご覧頂き有難うございました。

このメルマガは基本的に隔週配信ですが、これからは出来るだけ週刊で配信
したいと思っています。
これからもよろしくお願いします。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<発行人>  飛鳥 旬
・関連HP  http://www.atopy-1.info/
・問合せ  asukairo@atopy-1.info
・次回発行予定 9月18日(日)
・解除はこちらから http://www.mag2.com/m/0000116963.htm
・ このメールマガジンのバックナンバーはこちら 
http://www.mag2.com/m/0000116963.htm
────────────────────────────────────
【おばあちゃんの手作りローション 好評発売中!】
買う前に自分で作ろう!
「コレを使えばアトピー治る!」なんて事は絶対にあり得ません。
あくまで、あなたのアトピー克服のサポート役としてご利用下さい。

http://www.atopy-1.info/ro-syonn.htm
=====================================================================

37-急がば回れ

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■   ☆告白!体験者が明かす「アトピー克服の鉄則!」☆   第37話
□■     アトピー克服を支援するメルマガ 2005/08/07
□□■    関連サイト   読者数 10,098人
□□□■    アトピー完治への道 http://www.atopy-1.info/
□□□□■ アトピ性皮膚炎克服レポート http://www.1atopy.com/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【このメルマガの趣旨】
アトピーを克服したい!そんなあなたをサポートするのがこのメルマガの使命です。
私<飛鳥 旬>自らの体験を通じて、自力でアトピーを克服する方法を一挙大公開!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

飛鳥です。

突然ですが、
来週はお盆休みの為、1週間早めの配信です。

と言うのも、私のホームページ。
既に作成してから、2年になります。
そこで、お盆休みにリニューアルしたいと思っています。

パワーアップした新しいホームページ。
楽しみにして下さい。

さて、今回も はじまり はじまり。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ◆◆ 本日の目次

・小手先のテクニック
・編集後記       

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
         ◇◆◇ 小手先のテクニック ◇◆◇
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■ 「知識」の限界

苦しいからこそ、辛いからこそ、
「手っ取り早く治せる方法はないか・・・」
「どこかに良い医者はいないか・・・・」って、
そんな情報を探している人、結構多いと思います。

でも、いろんな情報集めて、いろんなモノを買い漁って、
実際のとこ、どうでしょう?

ちなみに私の場合、全然ダメでした。

情報を集めて、アトピーグッズを買って上手く行くなら、
情報収集家やお金のある人は全員、アトピーを治せなきゃおかしいですよね。

でも、現実はそうじゃない。

これって、何故でしょう?

それは、

「小手先のテクニック」に頼ってしまうから。
要するに、本当にアトピーを治す為の行動じゃないってことです。

その結果、「医者が悪い」、「ステロイドが悪い」、「環境が悪い」
挙句の果てには、「親が悪い」って・・・・・
コレ、全部違います。

結局、アトピーが治らないのは、本人が治す為の行動をおこしていないから。
そもそも「他人」や「モノ」に依存する姿勢に問題があるってことです。

確かに、
「知識」はあった方が良いと思います。
でも、「知識」は「実践」で活かさないと意味がない。

では、何でもかんでも「実践」できるかと言えば、それは難しい。
結局、どうすればアトピーを克服できるのでしょう?

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  ◆◇ <編集後記> ◇◆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
今回も当メルマガをご覧頂き有難うございました。
世の中、「楽して○○しよう!」とか「ラクラク○○克服法!」の類が大流行
ですね。

でも、とことん自分で努力するコトって大事な事じゃないでしょうか?
更に「努力」なんて意識しなくても、毎日の習慣のようになっていたら・・・・
アトピーなんて絶対治せる。
「努力」って言葉、あまり好きじゃない自分だけど・・・・
これでアトピーを克服できた事実だけは間違いない。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<発行人>  飛鳥 旬
・関連HP  http://www.atopy-1.info/
・問合せ  asukairo@atopy-1.info
・次回発行予定 8月21日(日)
・解除はこちらから http://www.mag2.com/m/0000116963.htm
・ このメールマガジンのバックナンバーはこちら 
http://www.mag2.com/m/0000116963.htm
────────────────────────────────────
【おばあちゃんの手作りローション 好評発売中!】
買う前に自分で作ろう!
「コレを使えばアトピー治る!」なんて事は絶対にあり得ません。
あくまで、あなたのアトピー克服のサポート役としてご利用下さい。

https://asuka.atopy-1.info/products/list.php?category_id=7
=====================================================================