アトピー完治の基本

36-食べ過ぎと呼吸

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■   ☆告白!体験者が明かす「アトピー克服の鉄則!」☆   第36話
□■     アトピー克服を支援するメルマガ 2005/08/01
□□■    関連サイト     読者数 9988人
□□□■    アトピー完治への道 http://www.atopy-1.info/
□□□□■ アトピ性皮膚炎克服レポート http://www.1atopy.com/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【このメルマガの趣旨】
アトピーを克服したい!そんなあなたをサポートするのがこのメルマガの使命です。
私<飛鳥 旬>自らの体験を通じて、自力でアトピーを克服する方法を一挙大公開!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

飛鳥です。
8月になりました。

週末、家族で一泊旅行に。
行き先は、和歌山県の那智勝浦温泉。
大自然の中、海水浴と観光を楽しんできました。
もちろん、天然温泉も満喫。

夕食はホテルのバイキング。
昔から私の悪いクセで、バイキングと聞くとハメを外したくなる。
ハメを外すって?世間では、「暴飲暴食」と言う。
年に1、2度、私は意図的にこの「暴飲暴食」を楽しんでいます。

ホームページやメルマガでアトピーを克服する手段として「少食」を薦めている張本人が「暴飲暴食」したらどうなるのか?

さて、今回も はじまり はじまり。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【本日の目次】
・「食べ過ぎ」と「呼吸」の関係
・「当たり前」のことだけで大丈夫
・編集後記
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇◆◇ すべて関連している ◇◆◇
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■  「食べ過ぎ」と「呼吸」の関係

とにかく食べまくりました。 お腹はもういっぱい。
でも、目の前に美味しそうなケーキがあるから、またガンガン食べる。
「あー苦しい!」 って言いながら、また、デザート、コーヒー、ジュース。
部屋に帰ったら、またビール。

そしたら、どうなると思います? アトピーに逆戻り?
私の場合、もうアトピーに逆戻りはなく、大勢に影響は無い。
でも、よく観察すると、 明らかに、いつもの自分の身体とは違う。

お腹がいっぱいになると、明らかに違う自分の体の変化。
実は、「呼吸」
食べ過ぎると、「呼吸」が浅くなってしまう。
判りますか?呼吸が浅い感覚?

平たく言うと、口だけでパクパクしている状態。
呼吸が浅いと、眠りも浅くなり、 いつものように熟睡できない。
そして朝起きると、背中が少し張っている。

でも、この程度の変化は、見逃してしまうことが多い。
こんな時、私は朝食前に、柔軟体操をみっちりします。
すると来ました! 迷わずトイレに直行!

「爽快!&快感!」 排泄後、直ぐに呼吸が深くなったのを実感。
鼻から吸った空気を、しっかり口から吐き出している。

この感覚がある限り、私がアトピーに逆戻りすることはありません。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇◆◇ 「当たり前」のことだけで大丈夫 ◇◆◇
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■ 小さな変化を見逃すな

冷たいカキ氷を食べたら、こめかみがキーンとしますよね。
この現象、冷たいものが、いきなり胃の中に入るからですよね?
つまり、こめかみの周りと、胃の神経がつながっているってこと。
私達の身体は、全部関連して繋がっているからこそ機能するんですね。

「食べ過ぎ」と「呼吸」の関係。 「胃」と「こめかみ」の繋がり。
今でこそ判るけれど、アトピーの時には全然気付かなかった。

「お腹一杯、好きなものを食べて何が悪い?」と、ウソぶいてたあの頃。
そのくせ痒くて眠れない日が続くと、「特別なことをしないとアトピーは治らない」「すぐに治る、必殺技があるんじゃないか?」 と急に弱気になったりする。

「全然良くならない」
「医者が悪い」
「病院が悪い」
「ステロイドが悪い」
「医療制度が悪い」

今振り返れば、悪いのは自分。勘違いも甚だしい。

アトピーを治す必殺技を探すよりも、「当たり前」のことを「当たり前」にやるだけで、必ず上手く行くんです。
「治りました」と連絡をいただく方は、この「当たり前」のことを継続した人。
つまり「自力で治す」ことに目覚めた人達ってことですね。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆◇ 編集後記 ◇◆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
今回も当メルマガをご覧頂き有難うございました。
好評に付き、「実体験克服レポート」を増刷しました。
アトピー克服の第一ステップとしてご覧下さい。
それでは次回もお楽しみに!

http://asuka.atopy-1.info/products/detail.php?product_id=8

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【おばあちゃんの手作りローション 好評発売中!】
「コレを使えばアトピー治る!」なんて事は絶対にあり得ません。
あくまで、あなたのアトピー克服のサポート役としてご利用下さい。

http://asuka.atopy-1.info/products/detail.php?product_id=4
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<発行人> 飛鳥 旬
・関連HP アトピー完治への道  http://www.atopy-1.info/
アトピー克服レポート http://www.1atopy.com/
・問合せ asukairo@atopy-1.info
・次回発行予定 8月14日(日)
・登録・解除はこちらから http://www.mag2.com/m/0000116963.htm
=====================================================================
★ 私のプロフィールはこちらです。
http://www.atopy-1.info/gm1.htm
=====================================================================

31-アトピーは自分にしか治せない

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■   ☆告白!体験者が明かす「アトピー克服の鉄則!」☆   第31話
□■     アトピー克服を支援するメルマガ     2005/05/22
□□■    関連サイト               読者数 12442人
□□□■   アトピー完治への道 www.atopy-1.info
□□□□■ アトピ性皮膚炎克服レポートwww.1atopy.com
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【このメルマガの趣旨】
アトピーを克服したい!そんなあなたをサポートするのがこのメルマガの使命です。
私<飛鳥 旬>自らの体験を通じて、自力でアトピーを克服する方法を一挙大公開!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
飛鳥です。
いかがお過ごしですか?
 
昨日、久しぶりに皮膚科へ行きました。
と言っても、私ではなく長男の足の裏にできたイボを取るために。
 
患部をドライアイスで焼く治療に、長男もタジタジ。
「熱い!」「痛い!」「痛い!」「熱い!」
「どっちなんだよ?」と聞いても、本人も良く判らない様子・・・
 
しかし、私が驚いたのは患者の数。
 
開院時刻ピッタリの到着なのに、受付には既に長蛇の列。
そして、長男の診察は32番目。(土曜日の朝なのに・・・)
家内の話だと、GW明けの先週は同じ時刻で54番目だとか・・・
 
「どーなってるんだ?」
 
そこで、待合室を見渡してみる。
そこには予約制にも拘わらず、30人ほどが診察を待っていました。
 
でも意外だったのは、ひと目でアトピーと分かる人がいなかったこと。
アトピー患者は、もう皮膚科へは行かないのかな?
 
でも、コレってある意味、懸命な選択だと思います。
 
私自身、アトピーを治すプロセスでは、まったく皮膚科には通っていません。
実は皮膚科ではなく、内科を利用させて頂きました。
 
チョッと失礼な表現ですが、内科では「お世話になった」のではなく、
「利用させて頂いた」と言う所がポイントです。
 
さて、病院で待つのが大嫌いな私は、長男を連れてマクドナルドへ。
そこでゆっくりと朝食を取った後、1時間後に再び皮膚科へ。
 
「ジャストタイム!」
直ぐに診察室に通され、長男の治療は5分で完了。
 
過去、50件以上も病院ジプシーをすれば、それなりに要領も良くなるようです。
 
さて、今回も はじまり はじまり。
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ◆◆ 本日の目次
・ 相性に付いて    西洋医学とアトピー
・ ココが大切     アトピーは自分で治す疾患
・ 編集後記      読者の方からのメール
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
         ◇◆◇ 西洋医学とアトピー ◇◆◇
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
■ アトピーと西洋医学
 
アトピーと診断された当初、私はこんな風に思っていた。
 
「医者は病気を治すプロだから・・・」
「云うことを聞いていれば、そのうち治るだろう・・・」
 
ところが、いつまで経っても治らない。
逆に、症状は悪化するばかり。
 
その結果、私はアトピーを治して欲しい一心で病院ジプシーを繰り返す事になる。
「自分のアトピーを治してくれる医者がどこかにいる筈だ!」と信じて・・・
しかし通院した病院での治療は、どこも似たり寄ったり。
ご存知のように、ステロイド剤と抗アレルギー剤を中心にした対症療法だ。
 
この様に言うと、私が現在医学を否定していると思われるかもしれない。
しかし、それは違う。
 
私は過去、ステロイドの副作用で苦しんだ経験から、医療機関を否定していた。
 
しかし、今は少し違った見方をしている。
 
医者や医療機関と言っても、その実情は千差万別だ。
アトピー治療に熱心な医者もいれば、既に情熱を無くした医者もいる。
学者肌の医者もいれば、商魂たくましい医者もいるのだ。
 
しかしそれ以上に、アトピー患者が認識しておくべきポイントがある。
 
それはアトピー治療に関する限り、現代医学は「相性が悪い」と言う事実だ。
と言うより、「免疫疾患」全体に対して、現代医学は「相性」が悪い様に思う。
 
一方、私は自分の子供が交通事故に遭ったら、迷わず病院に直行する。
そして外科手術が必要なら、その場でそれを選択する。
何故なら、コレは現代医学のもっとも得意な分野だからだ。
 
そしてこの場合、子供の運命を左右するのは、医師の力量や病院の医療設備だ。
しかし、私がアトピーを治す過程で大切だと痛感したのは、この様な医師の
力量や医療設備では無い。
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
         ◇◆◇ アトピーは自分で治す疾患  ◇◆◇
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
■ アトピーは自分にしか治せない
 
私がアトピーを克服してから、新薬は次々と開発された。
プロトピックはその代表例だと言える。
 
しかし新薬が開発されても、残念ながらアトピー患者の数は減らない。
10年後、私がもしこのメルマガを書いているとしたら、多分同じようなコメント
をすると思う。
 
つまり、「今のままだったらアトピー患者の数は絶対に減らないし、アレルギー
疾患も治せないままだ。」と・・・
 
これは何を意味しているのか?
 
結論から言うと、
 
アトピーは、医者やクスリに治してもらう類の疾患ではない。
 
つまりアトピーを治すのは、医者の力量や医薬品の開発ではなく、むしろ“患者
が行う地道な努力”の中にあるからだ。
 
結局、アトピー克服の糸口は自分自身が握っている。
 
だから、アトピーを本気で治したいなら、「医者が悪い!」とか、「ステロイド
は悪だ!」と言っているヒマは無い。
 
そんな時間があるなら、さっさと治す為の行動を起こす方が早い。
 
必死でスキンケアーをするのもいいが、少なくとも、「免疫学」の基本程度は知っ
ておいた方が良いだろう。
 
確かに「免疫学」は難しい。
その上、アトピーを治す具体的な解決策が提示されていないのだから、無視した
くなる気持ちも判る。
 
しかしアトピーが免疫疾患である以上、「免疫学」は私に多くのコトを教えて
くれた。
 
アトピー治療に関する限り、医者やクスリはサポート役と割り切り、「治すのは
自分!」と腹をくくる方が懸命だ。
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  ◆◇ <編集後記> ◇◆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
読者の方から嬉しいメッセージを頂きました。 紹介します。
 
>飛鳥さん、
 
>余りに楽しいので、近況を報告しちゃいます。
>漢方薬を忘れ、早4ヶ月。子供とは週末、「体を鍛えるぞー」と、11月ごろから
>毎土日、公園で極寒の中、3-4時間は遊びました。
>3月に始めたジョギング?では、最初50mで喘息で息が切れ、直ぐに家へ、
>そして吸入。
>毎日続けたら、今朝は絶好調で、約3km?を10分くらいで走れました。
>(でも飛ばし過ぎて、
>家でほんの少し吸入をしちゃいました)
>通勤で、人ごみを歩くだけで、呼吸困難になったのが、今ではエスカレーター
>をわざと使用せず、階段を駆け上がれるようになり、体が軽く、嬉しくなります。
>排便もすばらしく、飛鳥さんに出会わなければ今ごろ、絶対「痔」で手術をして
>いたと思う、こんな思いがうそのように出ます。
>目のかすみの進行も止まり、ほっとしています。
 
>今後の目標はジョギングの距離を伸ばし、タイムが良くなったら、市民マラソン
>に出ようかと。
>喘息患者がこんなん出来たらそりゃー素晴らしい。
 
>そうそう、皮膚の方は、腸が元気なせいか、タンパクを利用でき皮膚再生能力が
>高いのか、少し掻いても赤くもならず、もう一般ピープルの仲間入りですね。
>1日に1-2分痒い時がありますかね。これは普通の人でもそうでしょうね。
 
>先日、妻が「ほんと綺麗ね、昔はすごかったよね。体中どす黒かったし」って
>事を言ってました。
>「そうだっけ?」もう、あの時は忘れてしまって、なんか勿体ない気がしています。
>写真とか、日記とかつけとけばよかった。
 
>ただの、自慢?なので、返信不要です。
>でも、メルマガは続けます。
>殿堂入り頑張って下さい。
 
アトピーも喘息も根本は一緒。
それを証明してくれた読者の方。メール有難うございました。
きっとこのコメントで勇気を貰った人がいると思います。
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<発行人>  飛鳥 旬
・関連HP アトピー完治への道 www.atopy-1.info
     アトピ性皮膚炎克服レポート www.1atopy.com
・問合せ  asukairo@atopy-1.info
・次回発行予定 6月05日(日)
・解除はこちらから
────────────────────────────────────
【おばあちゃんの手作りローション 好評発売中!】
 買う前に自分で作ろう!
「コレを使えばアトピー治る!」なんて事は絶対にあり得ません。
あくまで、あなたのアトピー克服のサポート役としてご利用下さい。
   ↓
「おばあちゃん直伝化粧水」
===================================

30-ステロイドの役割と限界

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■   ☆告白!体験者が明かす「アトピー克服の鉄則!」☆   第30話
□■     アトピー克服を支援するメルマガ 2005/05/08
□□■    関連サイト                  読者数 12342人
□□□■   アトピー完治への道 www.atopy-1.info
□□□□■ アトピ性皮膚炎克服レポートwww.1atopy.com
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【このメルマガの趣旨】
アトピーを克服したい!そんなあなたをサポートするのがこのメルマガの使命です。
私<飛鳥 旬>自らの体験を通じて、自力でアトピーを克服する方法を一挙大公開!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
飛鳥です。
 
みなさん、如何お過ごしですか?
長かったゴールデンウィークも終わりました。
 
しかし、早い物でこのメルマガも、今回で29回目の配信。
 
今のペースでゆくと、40回目を配信する頃には、このメルマガの配信スタンドで
ある「まぐまぐ」さんの「殿堂メルマガ」の仲間入りすることになります。
 
「殿堂メルマガ」とは、読者数3000人以上で2年以上配信し続けているメル
マガに与えられる栄誉で、配信者にとってはチョッと嬉しかったりする看板です。
 
さて、今日は長男(小学5年生)と、家の中でプロレスごっこをしました。
 
やはり、私は強い!
まだまだ、長男の敵ではありません。
 
それでも、お互いカーペットに顔をこすりつけながら、関節技を出そうとします。
フローリングの上は痛いから、カーペットの上が闘いの場です。
 
「エッ?」
「カーペット?」
 
(ダニやハウスダストだらけ?)のカーペットに、肌を擦り付けてプロレスごっこを
している私と長男。 アトピーなんて別世界の話のようです。
 
長男はまさか、父親がアトピーのメルマガを書いているとは知らないでしょう。
 
さて、今回も はじまり はじまり。
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ◆◆ 本日の目次
・嫌だったお付き合い   努力の仕方
・ココが大切       目指すのは完治
・編集後記
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
         ◇◆◇ 「嫌だったお付き合い」 ◇◆◇
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
■ 努力の仕方
 
もし、アトピーが治るなら、「どんな努力でもする!」と思っている人は多い。
一時的な感情ではなく、本気で腰を据えて「治したい!」と思っている事は、
メールの内容からも明らかだ。
 
私の場合、症状がモロに顔に出始めた28歳から30歳がこの時期だ。
あの頃はもう本当に、にっちもさっちも行かない、八方ふさがりの状況だった。
毎日、「アレ?どうしたの顔?」と聞かれるのが嫌で、人に逢うのが辛かった。
 
この頃、アトピー自体がマイナスで、普通の生活を送る為には、アトピーを治して
ゼロに戻す必要があると真剣に考えるようになった。
 
だから、私が病院で知りたかったのは、アトピーを前提とした生活上の「考え方」
や「心の持ち方」ではなく、アトピーそのものを治す具体的な方法だった。
 
これから先、「アトピーとお付き合いしながら人生を楽しもう!」と言った気持ち
などサラサラなかったし、皮膚科で「焦らず気長に頑張ればいい。」と言われても、
「何を気長に頑張るのか」さっぱり判らなかった。
 
私が欲しかったのは、「この様な経緯を踏みながら、半年後に完治を目指します。」
と言った医師の毅然とした態度と、具体的な治療内容だった。
これなら言われなくても、体の中から自然に頑張る気持ちが沸いてきたと思う。
 
しかし、今振り返ると、これは期待する方が間違っていた。
 
何故なら、対症療法的なアプローチを続けている限り、せいぜいコントロールや
お付き合い程度が限界だと言う事を、私自身が身を持って体験したからだ。
 
私に言わせれば、ステロイドを真面目に塗り、抗ヒスタミン剤を飲み、アレルゲンに
接触しない努力は、アトピーを完治させる為の頑張りではない。
 
確かに、症状をすみやかに改善させなければならないケースはある。
だから、絶対に対症療法的な治療を否定してはいけない。
 
「ステロイドはダメ」と言うだけなら、簡単なのだ。
 
しかし、この治療の「役割」と「限界」は、医師よりもむしろ患者自身が客観的に
把握しておく必要がある。
 
ただ私の知る限り、対症療法的な手段で症状を好転させながら、様子を見続けると
言う治療法は、成人性のアトピーに関する限り、どうみても確率の悪いやり方だ。
 
この点だけは、乳幼児や子供のアトピーと大きく異なる。
対症療法が有効なのは、根本治療がベースにあってこそ。
 
私はそんな風に思う。
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
         ◇◆◇ ココが大切! ◇◆◇
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
■ 目指すのは完治
 
私は、皮膚科で「遺伝」や「体質」と言った言葉を聞く度に、気が重くなった。
 
何故なら、この言葉は、「アトピーが治らない事実」を遠回しに表現している
ケースが大半だったから・・・
 
確かに、アトピーには「体質」や「遺伝的な要因」はあると思う。
 
それでも、これらの要因はアトピーを治す上で、必ずしも足かせにはならない。
むしろ遺伝なんて乗り越えるべき対象と見れば良いだけの事だし、子供のアト
ピーだって、親が必要以上に責任を感じる必要は無いと思う。
 
私は同じ努力をするなら、症状を改善するだけの努力よりも、アトピーを治す
努力がしたかった。
 
当時から、アトピーを完治したのは私だけではなかったのだから・・・
 
私は、絶対にアトピーを治したかった。
 
実際、アトピーの人なら判ると思うが、ステロイドを使用しながら生活の質を維持
するのも、それはそれで結構大変なことだ。
 
私にも物事に白黒をつけず、灰色を選ぶ選択肢もあったと思う。
実際、世の中には敢えてハッキリ白黒つけない方がいい場合も多い。
 
しかしアトピーに関する限り、これから先もお付き合いするか?それとも奇麗に
サヨナラするか?私の場合、今振り返っても、選択はこの2つしかなかったような
気がする。
 
そして私は、アトピーときっぱりサヨナラする道を選んだ。
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  ◆◇ <編集後記> ◇◆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
私の家の周辺では、ヨモギ、スギナ、イタドリ、ビワなどが手に入る季節になり
ました。
例えば、今の時期のヨモギとスギナは乾燥させ、お茶にして飲むと最高です。
「何に最高か?」もちろんアトピーです。
ヨモギもスギナも体の冷えを取り除き、体の中の余分な水分を排泄してくれます。
「排泄」は、アトピーを治す為のキーワード。
立派なウンコ出ていますか?
勢いのあるオシッコがでますか?
あなたのアトピーを克服するサポーターは、最先端の医学理論ではなく、
結構身近な所に生えている植物だったりします。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<発行人>  飛鳥 旬
・関連HP アトピー完治への道 www.atopy-1.info
     アトピ性皮膚炎克服レポート www.1atopy.com
・問合せ  asukairo@atopy-1.info
・次回発行予定 5月22日(日)
・解除はこちらから
────────────────────────────────────
【おばあちゃんの手作りローション 好評発売中!】
買う前に自分で作ろう!
「コレを使えばアトピー治る!」なんて事は絶対にあり得ません。
あくまで、あなたのアトピー克服のサポート役としてご利用下さい。
  ↓  
「おばあちゃん直伝化粧水」
=====================================

29-本当に解決すべき問題

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■   ☆告白!体験者が明かす「アトピー克服の鉄則!」☆   第29話
□■     アトピー克服を支援するメルマガ 2005/04/17
□□■    関連サイト                 読者数 11342人
□□□■   アトピー完治への道 www.atopy-1.info
□□□□■ アトピ性皮膚炎克服レポートwww.1atopy.com
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【このメルマガの趣旨】
アトピーを克服したい!そんなあなたをサポートするのがこのメルマガの使命です。
私<飛鳥 旬>自らの体験を通じて、自力でアトピーを克服する方法を一挙大公開!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
飛鳥です。
 
みなさん、如何お過ごしですか?
今日の奈良県は暖かくて、気持ちの良い天気でした。
 
最近、読者の方からのメールが多くて、どうしても自分の事が後回しになりましたが、
4月から、入浴後の1時間は自分の為だけに使うことにしています。
 
ところで、先日、京都のT病院に行ってきました。
このT病院は、もともと私がアトピーの時にお世話になった病院で、ステロイド離脱
によるリバウンドで身動きが取れなくなった時、緊急入院した経緯があります。
 
今回、この病院を訪問した理由は、私のメルマガ読者の方が入院したからです。
 
私は読者の方と会うことは殆んどありませんが、入院先がT病院と言うこともあり、
京都まで足をのばす事にしました。
 
久しぶりに訪れたT病院。
 
私の以前の個室は変わっていたけれど、それ以外は当時のまま。
私が退院してから10年以上が経ったけど、私のアトピー克服の原点は、この病院
から始まったような気がします。
 
T病院を知るまでの私は、実は、医療機関に対して不信感だらけだったのです。
しかしこのT病院は、今まで通院した皮膚科とはすべてが違う。
 
メルマガ読者のTさんの場合、診療時間がなんと40分!
初診とはいえ、さすがに驚きです。
 
「治療の基本は信頼関係」と言う原点は、私の頃から変わっていないようです。
 
さて、今回のテーマは皮膚科と患者のズレに付いて見てゆきます。
 
ちなみに、T病院は皮膚科ではありません。
内科・アレルギー科・呼吸器科・消化器科・リューマチ科の病院です。
 
アトピーを治療する病院は、皮膚科だけではありません。
 
さて、今回も はじまり はじまり。
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ◆◆ 本日の目次
・皮膚科と患者のズレ  スタンスの違い
・ココが大切      本当に解決すべき問題
・編集後記
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
         ◇◆◇ 「皮膚科と患者のズレ」 ◇◆◇
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
■ スタンスの違い
 
アトピー患者の多くは、アトピーを治したくて皮膚科を訪れる。
 
私の場合もそうだった。
皮膚科にお金と時間を使って行く目的は、アトピーを治したいからだ。
 
しかし皮膚科のスタンスは、少し違うようだ。
大抵の皮膚科では、この様に言われる。
 
「もっと気楽にアトピーと付き合う方法を考えましょう」
 
この時点で、既に患者と話が噛み合わない。
更に、患者に追い討ちをかける言葉が連発する。
 
「アトピー性皮膚炎は完治が難しく、良くなったり悪くなったりを繰返します。」
「症状をコントロールできても、遺伝的な要素まで治す訳には行きません。」
「だから病気と知恵比べのつもりで、リラックスして付き合えばよいのです。」
 
ところが、患者の想いは違う。
 
「アトピーを完全に治したい!」のだ。
アトピーを治したいと願う患者に対して、アトピーは治らないことを前提に話を
進める皮膚科医。 最初からスタンスが180°違うのだ。
 
すると、こういう会話になる。
 
患者「えっ!リラックスして付き合う?」「アトピーって治らないんですか?」
  「私の知人には、アトピーを完治した人もいますが・・・」
医者「それはね、今、たまたま症状が隠れているだけだよ。」
  「アトピーは完治しない。」
  「それじゃ、とにかく今日はコレで様子をみよう。」
患者「・・・・・・・・」
 
実は、この構図は大病院の皮膚科でも、小さな皮膚科でも変わらない。
 
それでも、患者は医者の指示通り何回か通院する。
「コレで様子をみよう。」と言われた、その結果を報告するために・・・・
 
でも、殆どは続かない。
 
その理由は至って簡単 
いつまで経っても、様子を見ているだけだから・・・
 
そのうち、皮膚科への通院そのものが苦痛になる。
 
良く考えれば、コレは当然かもしれない。
皮膚科では、初から「アトピーは治らない。」と言っている。
 
アトピーとお付き合いするのが嫌なら、患者の選択肢は2つしかない。
 
ひとつは、「アトピーを治すこと」を前提にした医療機関を見つけること。
もうひとつは、自分で治すことだ。
 
しかし、アトピーを治す事を前提にした医療機関を見つけるコトは容易ではない。
その点、私は恵まれていたかもしれない。
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
         ◇◆◇ ココが大切! ◇◆◇
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
◆  本当に解決すべき問題
 
私達の毎日は忙しい。
処理しなければならない事柄や、解決すべき問題が次から次へと押し寄せてくる。
 
この様な情況の中、アトピー患者の大半は学校や会社に通う中で、同時にアトピー
も治さなくてはならない環境に身をおいている。
 
そこで、「手っ取り早くアトピーを治したい。」と考えるのも無理はない。
人間誰しも、面倒なことはさっさと片付けたいからだ。
 
コレはある意味、当然かもしれない。
 
しかしその結果、「本当に解決すべき問題」が何か?を見失ってしまう。
しかも、これが「アトピーを治せない最大の理由」である事に、実は本人が気付いて
いない。
 
そこで、少しだけ手を休めて「本当に解決すべき問題」に付いて考えて欲しい。
 
一般的に、「アトピーは症状が十人十色だから治療も難しい」と言われる。
これは一見、もっともらしく聞こえる。
しかし真実は逆だ。
 
私に言わせると、「アトピー治療を難しくしていのは、症状に注目するから」となる。
つまり、症状に注目すると、そこから先は“茨の道”を歩く可能性が高いのだ。
 
症状は、あくまで結果に過ぎない。
 
アトピーを克服する為には、結果ではなく、原因に眼を向ける必要がある。
このポイントを無視して、肌の情況に一喜一憂していると、アトピーを治せないまま、
5年や10年くらいは、アッと言う間に過ぎてしまう。
 
私は最初、アトピーが皮膚の病気だと思っていた。
 
皮膚のバリアー機能に問題があるから、アトピーになるのだと・・・
肌が乾燥してバリアー機能が低下して、そこからアレルゲンが侵入するのだと・・・
 
だからスキンケアーをはじめ、肌の保湿には常に細心の注意を払ってきた。
しかし、いくら皮膚のバリアー機能の強化に励んでも、アトピーは治せない。
 
勘違いしてはいけない。
アトピー性皮膚炎は皮膚の病気ではない。
 
皮膚のバリアー機能が低下するのは、あくまで結果に過ぎない。
コレが原因だと思って勘違いすると、すべての努力は報われない事になる。
 
結論を言おう。
 
アトピーを克服する上で、「本当に解決すべき問題」とは、胃腸の健全化だ。
このポイントだけは、絶対に外してはいけない。
高価なスキンケアー商品や浄水器、評判の良いサプリメントを使用すれば、
一時的に症状は好転するかもしれない。
 
しかし胃腸を健全化する事が出来なければ、アトピーは根本的に治せない。
アトピー患者の大半は、この大切な事実を見失っている。
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  ◆◇ <編集後記> ◇◆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
春になりました。
これからの季節は、アトピーを克服するベストシーズンです。
「アトピーを治すのにベストのシーズンなんてあるのか?」と思うでしょ?
実は、あります。
ハッキリ言って、冬場は現状維持でOKです。
これから10月くらいまでが勝負です。
「アトピーを計画的に治す為の年間プログラム」を自分なりに作成して下さい。
寒い時期に「冷え対策」をするのは当たり前。
大切なのは、暑い時期の「冷え対策」です。
 
それから、今の時期にしておく事があります。
ヨモギ、スギナ等の薬草を取って乾燥させてローションを作るのです。
薬草の採取は、今がベストシーズンです。
作り方は「おばあちゃんの手作りローション」を見て下さい。
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<発行人>  飛鳥 旬
・関連HP アトピー完治への道 www.atopy-1.info
     アトピ性皮膚炎克服レポート www.1atopy.com
・問合せ  asukairo@atopy-1.info
・次回発行予定 5月8日(日)
・解除はこちらから
────────────────────────────────────
【おばあちゃんの手作りローション 好評発売中!】
買う前に自分で作ろう!
「コレを使えばアトピー治る!」なんて事は絶対にあり得ません。
あくまで、あなたのアトピー克服のサポート役としてご利用下さい。
   ↓
「おばあちゃん直伝化粧水」
===================================

26 ワンステップで完治を目指さない

□■ 告白!体験者が明かす「アトピー克服の鉄則!」
■□ アトピー克服を支援するメルマガ 
□■ 第26話 2005/02/27 読者数 9,468人
■□ 関連サイト
   アトピー完治への道
   アトピー性皮膚炎克服レポート
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【このメルマガの趣旨】
アトピーを克服したい!そんなあなたをサポートするのがこのメルマガの使命です。
私<飛鳥 旬>自らの体験を通じて、自力でアトピーを克服する方法を一挙大公開!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
飛鳥です。
 
寒いです。
新婚の時、マンション暮らしだった頃が少し懐かしい今日この頃です。
(もう、かなり古い話ですが・・・)
 
私の場合、アトピーが悪化するのは決ってこの季節。
とにかく何をやっても、どんなに頑張っても一向に改善しない。
 
その上、一度良くなったアトピーが逆戻りしたりする・・・
年末から3月くらいまでは、いつも落ち込みシーズンでした。
 
夏は汗をかく為、一見、アトピーが悪化している様に感じるけれど、これは単に皮膚が
刺激を受けているだけで、アレルギーの活動性が活発化している訳じゃない。
これは今の時期、体が暖まった時に始まる発作的な痒みとは意味が違うんですね。
 
今の時期、アトピーが悪化せず現状維持をキープできるなら立派です。
私の体験では、アトピー患者にとって一番過酷な季節はやっぱり “冬” ですから。
 
で、結論から言うと、慌てる必要はありません。
 
それはアトピーを計画的に治す場合、この様な状況は既に織り込み済みのシナリオ
だからです。
 
今でこそエラそうなコトを言っていますが、長い間、私はこのあたりの状況が良く判らず、場当たり的なコトばかりを繰返していたんですね。
 
春を信じて頑張りましょう!
 
今回も はじまり はじまり。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ◆◆ 本日の目次
・ 敗談シリース アトピーは一気に治せない
・「ココが大切!」 段階を踏むことの意味
・ 編集後記
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆ 失敗談シリーズ ◆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ アトピーは一気に治せない
 
私の場合、アトピー歴は18年でした。
 
アトピーを克服してから今年で10年目。
この間一度もアトピーは再発していません。
 
そして多分、これからもアトピーにはならない。
多少、体調が悪くなる事があってもアトピーにはならない。
 
何故こんな事が言えるのか?
 
それは、ほんの少しだけど私の体質が変わったから・・・
本当に少しだけど・・・ この違いがアトピーになるかならないかを決定付けている。
 
そして今は、この違いを維持するための生活習慣が当たり前になってしまった。
 
アトピーが治る時、そこには難しい理屈は存在しない。
今の体質がほんの少しだけ変わればアトピーはきっと治る。
 
やっぱり、コレに尽きると思います。
 
でも、自分の生活習慣を変えるのは、口で言うほど楽じゃない。
誰だって、面倒な事は出来るだけやりたくない。
今までの生活習慣の延長線上で暮らすのが一番楽だから・・・
 
だからアトピーを治す時には、今までの延長線上で出来る身近なことからスタート
するのがコツだと思います。
 
「玄米食べなくちゃ!」って頑張るよりも、毎日のご飯を少しお粥気味にする方が
楽だし、弱った胃腸には消化吸収されやすい。
 
ところで私の場合、過去18年のアトピー生活の中、「コレ、ひょっとして治った?」
と感じるほどアトピーが改善した時期が何度もありました。
 
でも・・・  治らない。
そして再び悪化する肌を見ながら、自己嫌悪に陥ってゆくのです。
 
「何でダメなんだ・・・」
「せっかく調子良かったのに・・・」
 
考えれば考えるほど混乱。
何が何だかまったく判らない。
 
毎年、12月から3月はいつもこんなコトを繰返していたのです。
 
どうやら私の経験からすると、「チョッと調子の良い時」と言うのが、実は一番
大切な状態の様な気がします。
 
と言うのも、この「チョッと調子の良い時」と言うのが、実は次のステップへの移行
するタイミングだったりするからです。
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆ ココが大切! ◆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆  段階を踏むことの意味
 
前回紹介したように、私の場合、自分なりに改善プログラムを実践してからほぼ
3年でアトピーを完治させる事が出来ました。
 
実際には1年程で痒みはまったく無くなっています。
しかし今までの私だったら、ココでまた逆戻りしたかも知れない。
 
ところがこの時以来、私のアトピーは殆んど悪化することなく完治したのです。
そして現在まで、アトピーが再発することはありません。
 
何故、ココまで完璧にアトピーとサヨナラする事ができたのか?
 
その秘訣を教えましょう。
 
それは次の段階を踏んだから・・・
 
要するに、今までは胃腸を健全化させ冷え対策の段階。
その結果、アレルギーの活動性は沈静化し症状も安定してきた。
 
だから、ここまではコレでよし。
ココからは次のステップを踏む必要がある。
 
つまり、ここからは今までの方法論は一旦忘れる。
ココが大切なポイント。
 
そして身体そのもののを鍛える段階に入る。
 
この段階では、やれ漢方薬だ、○○薬だ、と言ったチマチマとした方法は忘れる。
そして毎日毎日、とことん身体を鍛えることに徹する。
 
実はコレが非常に大切なんですね。
 
「もう後一歩!」
のアトピー患者の詰めが甘いのは、実はこの部分です。
 
アトピーの場合見逃されがちだけど、「治す」コトばかりに気をとられていると、次の
ステップの「鍛える」部分が抜け落ちてしまう。
 
逆に言うと、身体を鍛えるのはこの段階に到達してからで充分だというコト。
 
痒みが酷く、アレルギーの活動性が活発な時に激しい運動なんかしても、身体が
その段階まできていないのだから・・・・
 
そんな時はムリをせず、柔軟体操などのストレッチタイプの運動に徹底します。
 
今の時期も同じですね。
寒いのにムリしてランニングするのはその段階の人だけ。
 
焦らず、確実にステップを踏んで治しましょう。
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆◇ <編集後記> ◇◆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
そろそろホームーページをリニューアルしようと思っているのですが、かなり
時間が掛かりそうなので、ブログによる情報配信を検討しています。
詳細はこのメルマガでお知らせします。
 
ところで久しぶりにアトピーに関するいろんなホームページを見たのですが、以前と
比べると随分、医療機関やステロイドに対するバッシングの数が減ったような気が
します。私個人としては、良い傾向だと思います。
医者やステロイド批判をしてもアトピーは治らない。
だって元々アトピーは自分で治す病気なのだから・・・
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<発行人>  飛鳥 旬
・関連サイト アトピー完治への道
       アトピー性克服レポート
・問合せ  asukairo@atopy-1.info
・次回発行予定 3月13日(日)
・登録、解除はこちらから
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【おばあちゃんの直伝化粧水 好評発売中!】
「コレを使えばアトピーが治る!」なんて事は絶対にあり得ません。
あくまで、あなたのアトピー克服のサポート役としてご利用下さい。
        ↓
「おばあちゃん直伝化粧水」
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

25 ガマン、根性では続かない

□■ 告白!体験者が明かす「アトピー克服の鉄則!」
■□ アトピー克服を支援するメルマガ 
□■ 第25話 2005/02/06 読者数 9,398人
■□ 関連サイト
   アトピー完治への道
   アトピー性皮膚炎克服レポート
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【このメルマガの趣旨】
アトピーを克服したい!そんなあなたをサポートするのがこのメルマガの使命です。
私<飛鳥 旬>自らの体験を通じて、自力でアトピーを克服する方法を一挙大公開!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
飛鳥です。
 
寒い日が続きますが、いかがお過ごしですか?
私の住む町は山間部なので、この時期は1年でももっとも厳しい季節です。
 
毎晩、犬の散歩に行きますが、この時期だけはどうしても億劫になります。
それでも愛犬の嬉しそうな様子を見ると、思わず外に飛び出してしまいます。
 
さて、今回のテーマは、「アトピーはいつになったら治る?」です。
 
自分なりに努力した結果、アトピーってどの位で良くなるのでしょう?
 
これは私がアトピーの時、一番関心のあるテーマでした。
アトピーを治そうと頑張れば頑張るほど、結果が欲しくなりますね。
 
「いつになったらこのアトピー治るんだ・・・」
と落ち込んでいると、意外と症状が改善したり
 
「何となく調子いいな・・・」
と思っていると、急に痒くなったり・・・
 
「今、オレのアトピーって改善してるの? それとも悪化してるの?」
 
私の場合、この様なコトを繰返している内に、結局、長い目で見ればアトピーは
少しずつ悪化してたんですね。
 
で、本音を言うと
 
私の知る限り、成人性のアトピーに関しては生活習慣を根本的に見直さなければ、
奇跡でも起きない限り、自然にアトピーが消滅する可能瀬はゼロに等しい。
 
と思っています。
コレはあくまで、私自身が知る範囲の話ですが・・・
 
そして確かに乳幼児や子供場合は、少し事情が違う。
こちらの場合、「自然消滅、結果オーライ型アトピー」は今でも結構いますから。
 
このあたりの状況は、やはり消化器官の状態に関係しているようです。
今回も はじまり はじまり。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ◆◆ 本日の目次
・失敗談シリース 「いつになったら治るんだ!」
・「ココが大切!」 我慢や忍耐はアテにならない
・編集後記
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆ 失敗談シリーズ ◆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 「いつになったら治るんだ!」
最近では少なくなりましたが、私のアトピーが悪化の一途を辿っていた頃には、
「コレを飲めばアトピーが治る!」とか「痒いアトピーがピタッと治る!」と言った
商品がかなり氾濫していました。
 
今だったら、薬事法で一発にアウト! ですね。
 
でも、私としては「ヤバイ・・・」と思いつつも、「ひょっとしたら・・・」と言う、ワラをも
掴む思いで試した経験が何度もあります。
 
何でこんな事になるのか?
 
それは
アトピーが痒みだけでなく、精神的に追い詰められるからですね。
 
それじゃ、この精神的に追い詰められる理由は何か?
 
それは、アトピーがいつ治るか判らないから・・・です。(多分)
少なくとも、私の場合はそうだった。
 
どんなに辛くても、「半年か1年先には治るよ。」
って言われれば、大抵の場合は頑張れる。(きっと)
 
アトピー患者に何が辛い? 
 
と質問すれば、大抵は「痒み」って答えるかもしれないけど、本当に辛いのは
実は「何時治るか判らないこと」なんだと思います。
 
「俺、こんな状態のままでキチンと仕事できるのか?」
「私、このままじゃ結婚できないかも・・・」
 
なんて、知らず知らず追い詰められてゆく。
そしてこの精神的な重圧は、ひたすら耐えるしかない場合が多いです。
 
はっきり言って、精神的に余裕がなくなります。
 
以前、私がアトピーで苦しかった時、何度もやり場の無い焦りが心の底から
込み上げて来たのを今でも良く憶えています。
 
そんな時、健康食品の体験談でこんな風にコメントされていました。
「あの時は辛かったけど、今はアトピーに感謝しています!」
 
なんて・・・
 
当時、私にこのコメントは全然響かなかった。
で、今ならこのコメントが良く判るかと言うと、まったく大違い。
 
アトピーなんか、さっさとサヨナラするに限る。
そしてその先にある、自分本来の道をシッカリと歩む方が爽快に決っている。
 
って、私思っています。
 
そこで、結局、アトピーってどの位の期間で治るのか?
と言う問題ですが
 
コレは一般論で話す訳にもゆかないので、私の場合で紹介すると、場当たり的な
方法から方向転換して、かなり綿密な計画を立て、自分の弱みを知った上で実践
プログラムを実行した結果、1年で見違える程アトピーは改善しました。
 
そう。改善した。
(かなり表現は控えています。)
 
でも、この時点では完治ではない。
 
私は自分の経験上、アトピーと言う疾患は、実は症状を改善させる以上に、再発
させない為の努力の方が要求されると思っています。
 
アトピーを本当に克服したかったら、アトピーを治す前から、事前にこの事実を意識
しながら、実際のプログラムに取り掛かるのが大きなポイントになると思います。
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆ ココが大切! ◆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆  我慢や忍耐はアテにならない
それじゃ私の場合、実際、完治までにどの程度の時間が掛かったのかと言うと、
これは改善プログラムを実践してから丸々3年だと思う。
 
コレは私が33歳の時で、この時以来、私はアトピーとはまったく無縁の生活です。
 
18年間に渡るアトピー歴。
ステロイド歴は15年以上。
 
この様なケースですら、キチンとしたプログラムに沿って生活習慣を見直してゆけ
ば、1年程度でアトピーは驚くほど改善しました。
 
ココで何が言いたいか?
 
それはアトピーの克服は、決して短期決戦方の勝負をしてはいけないという事。
 
私の様に、自分が知らないだけで自分のアトピーを治してくれる健康食品やサプ
リメントが何処かにある筈だ、と信じて短期決戦をしないこと。
 
そう。
アトピーの克服は長期戦なんだ。
 
ところで、ちょうど今、受験の季節ですね。
 
1年は短いようで長い。
この期間の中で勝利を掴もうとすると、ここでは単なる精神論だけでは乗り切れ
ない壁があります。
 
要するに「努力」や「根性」だけでは乗り切れない。
 
私はアトピーも同じだと思うのです。
 
やっぱり、「我慢」や「忍耐」だけでは乗り切れない可能性が高いコトを知った上で
実践的な計画を立てた方がよさそうです。
 
例えば、私が仮に今アトピーだったとすれば、今はひたすら我慢の時期。
現状維持でよしとします。
 
そして勝負を5月から8月末までの4ヶ月間に集中させる。
それまではひたすら自力を蓄える。
 
この時期に、決して激しい運動なんかしない。
例えば、部屋の中でストレッチに重点を置いた運動に終始します。
 
その理由は
一度自分なりに考えて見てください。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆◇ <編集後記> ◇◆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
現在、ホームページのリニューアルを検討しています。
ホームページもデザインに懲りだせばキリがないですね。
私はアトピーの情報がメインなので、あくまでコンテンツ重視でゆきます。
リニューアルしたらこのメルマガでも紹介しますので、又、見に来てください。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<発行人>        飛鳥 旬
・関連サイト アトピー完治への道
       アトピー性克服レポート
・問合せ  asukairo@atopy-1.info
・次回発行予定 2月20日(日)
・登録、解除はこちらから
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【おばあちゃん直伝化粧水 好評発売中!】
「コレを使えばアトピーが治る!」なんて事は絶対にあり得ません。
あくまで、あなたのアトピー克服のサポート役としてご利用下さい。
        ↓
「おばあちゃん直伝化粧水」
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

20 シッカリ食べなさい!

□■ 告白!体験者が明かす「アトピー克服の鉄則!」
■□ アトピー克服を支援するメルマガ 
□■ 第20話 2004/11/16
■□ 関連サイト
   アトピー完治への道
   アトピー性皮膚炎克服レポート
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━   
【このメルマガの趣旨】
アトピーを克服したい!そんなあなたをサポートするのがこのメルマガの使命です。
私<飛鳥 旬>自らの体験を通じて、自力でアトピーを克服する方法を一挙大公開!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 
こんにちは。
飛鳥です。
 
【ムシキング】
 
皆さん、ムシキングって知ってますか?
スーパーのゲームコーナーで子供の行列が出来ていたら・・・
それが “ムシキング” です。
 
我が家の長男が今、コレにハマっています。
見かけは単なるゲーム機ですが、スゴイのはゲームよりカード。
100円のゲームに付いてくるこのカード、レアものにプレミアが付きます。
 
長男ご自慢のカードはおよそ20枚。
そのカードがなんと! ナント!  なーーーんと!
 
インターネットのオークションで、1枚7000円で売れました。
1枚100円のカードが7000円・・・・・
 
これ以外のカード、コレも結局、総額1万円以上で落札。
ちなみに、このオークションでの超レアものカード、最高額の落札金額3万円!
 
「あいた口がふさがりません。」
恐るべし オークション!ムシキング!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ◆◆ 本日の目次
・「失敗談シリース」 シッカリ食べなさい!
・「ココが大切!」  ウンコは大事だよ
・「読者質問コーナー」 克服のヒント
・ 編集後記
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆ 失敗談シリーズ ◆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 「シッカリ食べなさい!」
 
実は私、ひとりっこ生まれのひとりっこ育ちです。
私の年代で「ひとりっこ」は、一般的にあまり良いイメージはありません。
 
「ひとりっこ」=「わがまま」→「利己主義」と言うイメージがあったようです。
「利己主義」がアトピーの原因!なんて真面目に言われたコトもありました。
それでも「先祖の霊」よりは少しマシ?
 
それでも当時は真剣に悩みました。
 
「こんなオレの性格がアトピーに影響しているのかな。」なんて・・・
当時の私を振り返れば、メルマガでアトピーの克服体験を語る飛鳥の姿はありません。
 
はっきり言って、弱者です。
積極的になろうとするほど、消極的な自分に気付いていました。
 
ところで、この問題はさておき、私の場合、小さい頃から食は細い方でした。
そして子供の「食が細い」場合、大抵の親はこう言います。
 
「シッカリ食べなさい!」
 
私の場合もそうでした。
母親が、私の食事をずっと監視しています。
 
「残したい・・・」 なんて雰囲気じゃありません。
 
「9人兄弟の11人家族なら、こんなコトないだろなぁ・・・」
って空想していると、追い討ちをかけるように
 
「早く食べなさい!」
 
「ひとりっこは辛い・・・」
しかし、実は最近、コレとまったく同じ状況が我が家で発生しました。
 
我が家のムシキング? 長男(4年生)です。
とにかく食が細い。(私の遺伝?)
食事の量は、長女(6年生)の3分の1以下です。
 
さすがに家内が心配します。
育ち盛りの子供の食事量が少ないと、どうしても母親は気になります。
 
「元気が出ないよ。」
「大きくなれないよ。」
「女の子にモテないよ。」
 
でも、私は全然心配していません。
 
お菓子やジュースが好きで、ご飯を食べない子がいます。
これは明らかに問題ですね。
 
親にアトピー素因がある場合、特に子供には出来るだけ甘い食べ物は与えない
方が懸命だと思います。
 
しかし私は自分の経験から、子供の「食が細い」コト自体には、それ程神経質になる
必要はないと思っています。
 
そもそも「食が細い」こと自体、それ程大きな問題でしょうか?
どうして「たくさん」食べなきゃいけないのでしょうか?
 
それより、食べること以上に大切なコト、忘れていませんか?
 
「シッカリ食べなさい!」 より大切なコト。
 
それは・・・・・        
 
 「シッカリ出してる?」
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆ ココが大切! ◆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆ 「ウンコ」は大事だよ!
 
「シッカリ食べなさい!」を連発するお母さんへ
わが子をアトピーから守る秘訣を、こっそり教えます。
ポイントは2つです。
 
まずは、ひとつ目。
それは「入れる」為の食事から「出す」為の食事に切り替えるコト。
 
「栄養だ!」「カロリーだ!」って言ってる親に限って、入れるコトしか考えていま
せん。どんなに栄養のあるモノでも、吸収できなきゃ意味がありません。
 
「入れたモノをキチンと排泄すれば、アトピーにはならない!」と言う法則を知って
いれば、「入れる量」よりも「消化する力」の方が大切なコトは、子供でも判ります。
 
ポイント 2つ目。
子供の「ウンコ」は、親が定期的にチェックをするコト。
 
コレも、大抵のお母さんは実行していません。
自分の子供がアトピーだと嘆く前に、最初にチェックするのはコレです。
 
「チェック」と言っても、子供の「ウンコ」をトイレでチラッと眺める程度では全然ダメ。
 
「不合格」です。
「合格」するためのポイント。 それは “割り箸” です。
 
後はお解かり頂けますよね?
 
「何、コレーッ!」
「昨日のトウモロコシがそのまま!」
「昨日あんなに食べたのに、何故コレだけしか出てないのよ?」
「あれだけの食べたモノは、どこに消えたの?」
 
消化不良 腸内異常発酵・・・
 
「こりゃ、アトピーにもなるわ!」
「何とかしなくちゃ!」
 
アトピーだけじゃありません。
本気で自分の子供の健康を願うなら、定期的に子供の「ウンコ」チェックを実行する。
たったコレだけで、難しい医学書を読むより、確実な情報が手に入ります。
 
「我が子をアトピーから守る情報満載!」です。
 
自分の為ならできないことでも、子供の為ならできることも有ります。
アトピーを治すのに「カッコよさ」も「スマートさ」も「お金」も必要ありません。
 
私はたったこの2つだけで、伝統的な我が家の「遺伝」を断ち切りました。
その結果、子供はアトピーではないのです。
 
コレは私だけではありません。
 
実は、私の同級生の数人がコレを実行して、我が子のアトピーを治しています。
その為、今でも同窓会の時は子供の「ウンコ」話しで盛り上がったりします。
 
「ウチの子は、こんなウンコが出たら要注意!」
「最近子供がウンコ見るな!ってうるさいのよ。」などなど
 
子供のアトピー。
私の知る名医はこんな風に言ってます。
 
「子供のアトピーは間違いなく治る。」
「但し、親と医者が足を引っ張らなければ。」と・・・
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ■ 読者質問コーナー 
  <アトピーを克服するヒント!>
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
今回はこんな質問を頂きました。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 質問 : 私は29歳(男)で、アトピー歴は20年です。
       飛鳥さんのメルマガは、いつも楽しみに拝見しています。
       又、ホームページも隅から隅まで読みました。
       飛鳥さんは胃腸の健全化を目指す上で、動物性のタンパク質を
       控える事が大切と指摘されていますが、私は肉が大好物でなか
       なか止める事が出来ずに少食も苦戦しています。
         <中略>
       肉を止めればアトピーは治るのでしょうか?
       私は甘い物はほとんど食べないので、食べるものに関しては肉だけ
       が気になっています。
       飛鳥さんは今でも、肉は食べないのでしょうか?
       飛鳥さんのホームページには、アトピーが治れば「何でも食べられる」
       と書いて有りましたが。
       よろしくお願いします。
                    岡山県  Y S さん
 
■ 私の回答
 
       「肉を止めればアトピーは治るのでしょうか?」
       多分、治らないと思います。
       肉を止めるだけでは治らないけれど、逆に肉を食べてもキチンと消化
       吸収できる状態になったら、アトピーは出ないと思います。
       要するに、出せればOK。出せなければNGですね。
       私の場合、今は「焼肉」「串かつ」「酢豚」「ヤキトリ」「カツ丼等
       何でも食べています。ちなみにケーキも和菓子も食べます。
       そして食べたものはシッカリと出せる様、胃腸の調子を見て判断します。
       一般論からすれば逆かもしれませんが、私の場合、食べ過ぎるとウンコ
       の量が減ります。
       コレは、私の胃腸の消化吸収能力をオーバーしたからと思っています。
       そしてウンコが腸内に停滞すると、体調が悪くなります。
       具体的には、目覚めが悪くなり目が疲れやすくなります。
       そんな時は、食べる量を極端に少なくします。
       そうするコトで翌朝、スポーンって感じで出てくれます。
       その結果、又、体が軽くなり体調も良くなります。
       こんなコトを繰返している内に、もう9年の歳月が流れました。
       この間、アトピーとはまったく無縁の生活をしています。
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆◇ <編集後記> ◇◆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
エスキモーの主食はアザラシで、パイナップルやトロピカルドリンクは飲まない
そうな。
その上、一年中アザラシの肉を食べても、アトピーにはならないそうな。
「何で?」「動物性のタンパク質そのものじゃん!」「飛鳥の嘘つき!」
エスキモーはアザラシの肉だけ食べて、ポイッとはしないそうな。
アザラシの肉をサーロインやヒレに分けず、丸々一匹すべてを食べるそうな。
 
昔のアメリカインディアンも、バッファローから生活のすべてを賄っていたそうな。
バッファローの角から骨、ゼリーから脳まですべて食べつくす「全体食」で健康を
維持していたそうな。
「全体食」で、食べるもののバランスが保たれるコトを知っていたそうな。
「部分食」では、バランスを維持できないそうな。
又、食べきれない分は保存食にしたそうな。
 
保存食は生活の知恵から生まれた方法だ。
同じ人間の知恵でも、保存食と加工食品は全然違う。
 
命をベースにした保存食。
経済を重視した加工食品。
 
アトピーにはどっちが大切?
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<発行人>        飛鳥 旬
・関連サイト アトピー完治への道
       アトピー性克服レポート
・問合せ csz500@kcn.ne.jp
・次回発行予定 11月30日(火)
・登録、解除はこちらから
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
私のプロフィールはこちら
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

18 大切な克服までの流れ

□■ 告白!体験者が明かす「アトピー克服の鉄則!」
■□ アトピー克服を支援するメルマガ 
□■ 第18話 2004/10/11
■□ 関連サイト
   アトピー完治への道
   アトピー性皮膚炎克服レポート
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 
【このメルマガの趣旨】
アトピーを克服したい!
そんなあなたをサポートするのが、このメルマガの使命です。
このメルマガは「どうすればアトピーが治るのか?」と言う疑問に対して、
私自身の実体験をベースに、克服の秘訣を解りやすく紹介しています。
 私のプロフィールはこちらです。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【目次】
・ 大切な「克服」までの流れ
・ すべてオープンにする!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 大切な「克服」までの流れ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
三連休はいかがお過ごしでしたか?
 
私は現在、読者の方から毎日平均2,3通のメールを頂きます。
内容は当然、アトピーに関する質問です。
すると、今まで1350人位の方からメールを頂いたコトになります。
 
そして、頂いた質問の内容を見る限り、アトピーを治す知識に関しては、プロ顔負けの人が多いコトも良く判りました。
 
しかし実は私自身、自分がアトピーの時、「アトピーの知識なら誰にも負けない!」と自負していました。
 
アトピー歴、18年でしたから・・・
しかし結局、恥ずかしながら、自分のアトピーを治せない。
 
この理由は、簡単です。
 
それは・・・ “断片的な知識”だったから・・・
残念ながら、“使える知識”では無かったのです。
 
例えば、「ヨーグルトはアトピーに良い!」と言う情報(?)
コレ、実際にアトピーを治す上で使えます?
 
「使える!」と思っている人がいたら、ゴメンナサイ。
確かにヨーグルトは、アトピーに良いかも知れない・・・
 
しかし、大切なコトなのでハッキリ言います。
 
私の実体験からすると、アトピーの時最大の弱みは、克服までの“トータル的
な知識”を持てないコトです。
 
私は自分がアトピーの時、「アトピーに効く!」と言われる健康食品や、手っ取り早く治してくれそうな民間療法に飛びついた経験があります。
 
「とにかく、何でもいいから早く治してよ!」
これが本音だったからです。
 
当然のコトながら、そんな簡単にアトピーは治ってくれません。
しかし、今振り返って見ると「コレはコレで仕方なかった・・・」と思います。
 
当時、「克服までの流れを知り、自分で努力するコトが大切」と言われても、理解できたかどうか、物凄く疑問だからです。
 
しかしその後、成人性のアトピーが他人任せで治らないコトを、嫌と言うほど経験しました。
 
やはり、断片的な知識や他人任せのやり方では、限界があったのです・・・
 
その後、10年以上にわたる試行錯誤を試みた結果、アトピーを克服する過程大切さを痛感するコトになりました。
 
一気に治したい気持ちをグッと堪えて・・・
アトピーと克服するための優先順位を守る!
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ すべてオープンにする!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
そこで、質問を頂いた方の数が700人を超えた頃、私は腹を決めました。
 
「すべてオープンにする!」
「克服までの一貫した流れの中で知識や情報を公開する!」と・・・
 
とは言うものの、今まで私は自分自身の情報に関しても、個人的にメールを
頂いた方に対しては、オープンに公開していました。
 
しかし、公共性の高いホームページやメルマガでは公開しにくい情報があるコトも事実で、この部分に関しては今でも公にしていません。
 
それでも今回、私が自分の情報を公開した理由。
それは、「知識や情報は、一貫性のある流れの中で理解しなければ意味がない」と感じたからです。
 
もっと簡単に言うと
 
「ほーっ なるほど!」
「アトピーって、こうして治すのか!」と感じて欲しかったからです・・・
 
私が「アトピーを完治させるために、アトピーをどのように客観視したか」などを書いた、本やレポートです。
  ⇒興味のかる方はどうぞ
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
発行人     飛 鳥 
関連サイト アトピー完治への道
       アトピー性克服レポート
問合せ asukairo@atopy-1.info
次回発行予定  10月24日 日曜日   
・登録、解除はこちらから
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

17 消化器官の完成度よりも働き

□■ 告白!体験者が明かす「アトピー克服の鉄則!」
■□ アトピー克服を支援するメルマガ 
□■ 第17話 2004/09/07
■□ 関連サイト
   アトピー完治への道
   アトピー性皮膚炎克服レポート
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 
【このメルマガの趣旨】
アトピーを克服したい!そんなあなたをサポートするのがこのメルマガの使命です。
私<飛鳥 旬>自らの体験を通じて、自力でアトピーを克服する方法を一挙大公開!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【目次】
・ 食事はアトピーに関係ない?
・ コレってホント?
・ 大切なのは“正常な働き”
・ 成人性アトピー克服の基本
・ 編集後記
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
皆さん いかがお過ごしですか?
私の住む奈良県は、朝晩、メッキリ涼しくなりました。
しかし地震に台風、今週は大変です。
 
それでは約束通り、今回は食事付いて徹底検証したいと思います。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 食事はアトピーに関係ない?
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
アトピーの本質を「皮膚の病気」だと解釈していると、いつまで経っても治
すコトはできません。
 
又、アトピーを現代医学でも治せない厄介な病気、と捉えてしまうと、治す
気力さえ萎えてしまいます。
 
私は、アトピーを治す為の基本的な知識や情報と言うのは、私達シロウトに
でも、充分に手の届く範囲に存在するモノだと思っています。
 
今回は、その一例を紹介しましょう。
 
私は、自分がアトピーの時、何度も何度も、医者に質問した事があります。
 
その内容とは
 
私   「先生、アトピーって食べ物と関係していません?」
医者  「君の場合は関係ない」
私   「どうして?」
医者  「君はもう大人だから」
    「食べ物がアトピーに関係するのは、赤ちゃんと子供の場合だけだ」
私   「どうして、赤ちゃんと子供だけなんです?」
医者  「それは、消化器官がまだ発達していないからだよ」
    「腸のバリア機能が完成していない」
私   「なるほど・・・」
医者  「その為、未消化のタンパク質を吸収し、アレルゲンにしてしまう」
私   「そうですか・・・」
    「だから、消化器官が既に完成した君の場合は大丈夫だよ」
私   「はい」「判りました」
 
と言った感じで、これはどの病院へ行っても、似たり寄ったりでした。
 
でも、コレってホント?
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ コレってホント?
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
食事と成人性のアトピーは関係ない!
 
嬉しい反面、私は自分の体験から「何か怪しい・・・」と感じていました。
何が怪しいのか? 
 
地獄の様な痒みの中から得た、私なりの解説をします。
 
ご存知の様に、私達の食事の中に含まれる“タンパク質”は、そのまま
“タンパク質”の形で体内に吸収され、栄養素になる訳では有りません。
 
食べたモノは、一旦、アミノ酸の様な小さな分子に分解されます。
 
しかし現実には、食事に含まれている“タンパク質”が、すべて教科書
通り、アミノ酸の様な小さな分子に分解されるのかと言うと、これは必ず
しもそうとは限りません。
 
つまり、お米や野菜の中に含まれる“タンパク質”は、消化される過程
で、比較的簡単に小さな分子まで分解されますが、一方、玉子や数の子、
イクラや肉類は同じタンパク質でも消化に手間取り、必ずしもアミノ酸
の様な小さな分子に分解されている訳ではないからです。
 
要するに、
完全に消化されないタンパク質、これを“未消化タンパク”と言います。
 
しかし、この“未消化タンパク”が、直接アレルギーの原因になる訳で
はありません。
 
何故なら、そこには“腸のバリア”があるからです。
 
“腸のバリア” つまり、小腸の粘膜は偉大です。
 
何故なら、このバリアは“未消化タンパク”が近づいても、弾き飛ばして
しまい、コレを血液中に侵入させないからです。
 
しかし、このバリアが未完成な赤ちゃんや子供の場合はどうでしょう?
 
“未消化タンパク”を血液中に進入させ、痒みの元になるヒスタミンやロイ
コトリエン等の物質を放出するキッカケを与えてしまいます。
 
以上の説明は非常にもっともらしく、一見、説得力があるように感じます。
 
でも、コレってホント?
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 大切なのは“正常な働き”
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
一見、もっともらしく聞こえる今までの説明には、大きな盲点があります。
 
それは、赤ちゃんや子供のバリア機能が未完成で、大人なら完成している
という点です。 コレは言い換えると、アレルギー発生の確率を、バリア
機能の完成度で判断しているコトになります。
 
しかし、私は別の考えだ。
バリア機能の完成度、つまり消化器官の完成度なんてアトピーには関係ない。
 
それなら、何が問題なのか?
それは、赤ちゃんでも、子供でも、大人でも、大切なのは“消化器官の正常な働き”
コレに尽きます。
 
赤ちゃんは、赤ちゃんなりに
子供は、子供なりに
そして大人は、大人なりに消化器官が正常に働いていれば、アトピーには
ならない。
 
完成しているか、未完成かは関係ありません。
バリア機能が未完成の子供でも、アトピーでない子もいれば、立派に完成
したバリア機能を持った大人でもアトピーの人はいます。
 
大切なポイント
それは、消化器官が正常に働いているか? いないか? コレです。
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 成人性アトピー克服の基本
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
とは言うものの、確かに、赤ちゃんや子供の場合、消化器官が発達するに従っ
てアトピーが改善する場合も有ります。
 
消化器官の発達に伴い、バリア機能そのものも正常化するパターンです。
 
私はコレを「結果オーライ、自然消滅型アトピー」と呼んでいますが、確か
に、今でもこのパターンは見られます。
 
しかし、成人性のアトピーの場合、残念ながら事情はまったく違います。
私は成人性のアトピーの場合、奇跡でも起きない限り、自然にアトピーが消
える可能性は限りなくゼロに近いと思っています。
 
何故なら、それはもう既に完成している消化器官の働きを、自ら低下させる
原因を自分自身で作ってしまったからです。
 
この原因には、確かにストレスやそれ以外の外部要因もあるでしょう・・・
 
しかし、私は消化器官の働きを低下させる原因としては、やはり食事の占める
ウエイトが大きいのではないかと思います。
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【編集後記】
最後までお読み頂きありがとうございます。
気が付けば、今年も9月。
私のメルマガも、16回目になりました。
私の場合、アトピーに関しては“ネタ切れ”する事は無いようです。
まだまだお伝えしたい事はたくさんあります!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
発行人     飛 鳥 
関連サイト アトピー完治への道
       アトピー性克服レポート
問合せ asukairo@atopy-1.info
次回発行予定  10月10日 日曜日 
・登録、解除はこちらから
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
私のプロフィールはこちら
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

16 アトピー対策の基本「入れるより出す!」

□■ 告白!体験者が明かす「アトピー克服の鉄則!」
■□ アトピー克服を支援するメルマガ 
□■ 第16話 2004/08/10
■□ 関連サイト
   アトピー完治への道
   アトピー性皮膚炎克服レポート
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【このメルマガの趣旨】
アトピーを克服したい!
そんなあなたをサポートするのが、このメルマガの使命です。
このメルマガは「どうすればアトピーが治るのか?」と言う疑問に対して、
私自身の実体験をベースに、克服の秘訣を解りやすく紹介しています。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【目次】
・なぜ“少食”なの?
・アトピー対策の基本 「入れるより出す!」
・少食のポイントとは?
・編集後記
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
皆さん いかがお過ごしですか?
私の会社は昨日から盆休みに入りました。
 
今年のお盆休みは身近な所で家族サービスしたいと思っています。
お盆中に最後の内容チェックをして、次回のメルマガで紹介する予定です。
 
さて、今回のテーマは“少食”です。
 
この“少食”に関しては、皆さんからの質問が後を絶ちません。
アトピーを治すまでは“少食”が大切だと理解できても、コツが判らずに
苦労されている方が多いようです。
 
そこで今回は、飛鳥流の“少食法“をご紹介します。
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ なぜ“少食”なの?
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
私は自分がアトピーの時、毎日の苦しさから逃れたい一心で健康食品を始め、
ありとあらゆるモノに手を出しました。
 
「スバリ!アトピー改善に○○!」
「かゆいアトピーを根本から改善する○○!」
「○○で辛いかゆみがスッキリ!」
 
この手の商品をいくつも購入していると、お金に羽が生えてしまいます。
我家では、保険の効かない漢方薬や健康食品代に家内が悲鳴を上げました。
 
では、実際にアトピーを治す為にお金は掛かるのでしょうか?
 
一般的には慢性病になると、物凄くお金の掛かるイメージがあります。
又、糖尿病やガン等の場合、保険がなければ悲惨な状況にも・・・
 
ところが、
私の経験からして、アトピーを治すのにお金は殆ど掛かりません。
 
これを理解するにはアトピーを治す為に必要な“柱”になる部分と、それに付随する“枝葉”の部分が一体何なのか?
コレをシッカリと見極める必要性がありそうです。
 
一般論として「アトピーには胃腸の健全化が大切!」と言われても、ピンと来る人は珍しいでしょう。
 
「はぁ? 胃腸? アトピーに?」
「関係無いだろ・・」「ありえなーい。」
「ちびまる子ちゃんの山根君だって、胃腸が弱くてもアトピーじゃないぞ!」
 
そもそもアトピーを治すのに、何で胃腸が関係するのかよくわかりません。
 
「アトピーには漢方薬!」
「アトピーにはスキンケア!」
「アトピーには除去食!」
 
こちらの方がよっぽど判りやすいですね。
まして「アトピー対策は少食から」なんて言われても・・・
 
それじゃ、アトピー対策の“柱”って何? “枝葉”の問題って?
何で少食なの? ご飯の量を減らせばアトピーが治るの?
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ アトピー対策の基本 
  「入れるより出す!」

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
アトピー対策の“柱”とは、「入れるより 出す!」
私は自分自身の経験から、コレに尽きると思っています。
 
私のアトピー時代には、
 
・惚れ惚れするほど立派なウンコが    “出ない”
・気持ちの良い珠のような汗が      “出ない”
・勢いのあるオシッコが         “出ない”
 
要するに、口から入れた食べ物を気持ちよく排泄出来ない。
だから、手段を変えて出すしかない・・・
 
言い換えると、体の排泄機能が正常になった時、アトピーは嫌でも治る。
難しい理屈はさておき、私はコレを自分自身で体験しました。
 
従って
アトピー克服の“柱”は、排泄機能の向上。
そして“枝葉”とは、この排泄機能の向上をサポートするすべてのモノ。
 
この部分のケジメはキチンとつけておきましょう。
つまり私の経験からは “柱”の部分にお金は掛かりません。
お金の掛かるのはむしろ“枝葉”の部分です。
 
又、コレって
男でも女でも、太っていても痩せていても、陰性体質でも陽性体質でも関係ない。
 
目指す方向は同じ。排泄能力の向上です。
ほんの少し努力の仕方が違うだけ。
でも、排泄能力を向上させるには、胃腸の働きは無視できません。
 
東洋医学的には消化器官の総称を “気”と位置づけています。
この“気”改善する為、身近に出来る事から始めましょう!
 
「何をどうのように始めるの?」
 
食事はゆっくり、良く噛んで味わいながら食べましょう。
私はコレが“少食”の基本だと思っています。
そしてこの”少食”を続ける事で、排泄能力を向上させましょう。
 
それでは、この“少食”を継続させる為のコツを公開します。
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ “少食”のポイントとは? 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 
私はおよそ10日間の“断食”を経験した事があります。
 
これは入院中の“少食療法”の一環でしたが、私はこの時、あまりにも自分
のアトピーが早く改善するのに驚きました。
 
食事を取らない事で、面白いほど痒みが楽になったからです。
 
しかし、この状態はその後も継続した訳ではありません。
“断食”をはじめ“少食”にする事そのものが相当なストレスだからです。
 
一方、当時の私を振り返ると、食べる事自体に何か罪悪感を持っている様な
所があり、少食を実行できない事でいつも自己嫌悪に陥っていました。
 
その結果、62kgの体重が43kgまで落ち込みました。
 
当時の私の心境を再現すれば
 
「ラーメン食べたいなぁ・・・」
「焼肉食べたいなぁ・・・」
「でも今のオレは食べられない・・・」
「アトピーが治るまでは・・・」
「あー早く好きな物が食べたいなぁ・・・」
 
って感じて、いつも食べる事で頭の中が一杯でした。
でも、これってハッキリ言って失敗でした。
 
私の場合を例に、その理由を紹介します。
私は本来、インスタント食品はあまり好きでは有りません。
カップラーメンやレトルトのカレー等は以前から殆ど食べない方でした。
 
しかしいつも頭の中で“少食”のことばかりを考えていると、本来ならそれ
程好きでもない筈のインスタント食品を無性に食べたくなるのです。
 
インスタント食品だけではありません。
何故か、体に良くないモノばかり無性に食べたくなるのです。
 
こんな体験は初めてでした。
この体験から私が学んだ事。
 
”少食”は胃腸の働きを良くする為の手段であり、早くアトピーを治したい
からと言って、体重が減るほど我慢する必要はない。と言う事です。
又、食べ物に関して「アレは駄目!」「コレも駄目!」も必要ありません。
 
“少食”を継続的に実践する最初のコツは、“タンパク質の摂り方”です。
 
要するにアトピーを克服するための食事のポイントは、タンパク質を完全に
消化する事です。
 
コレは言い換えると、体内で未消化タンパクを作らない事だと言えます。
 
牛肉やタマゴにはタンパク質が含まれています。
又、ご飯や野菜にもタンパク質は含まれています。
 
さて、牛肉やタマゴのタンパク質とご飯や野菜のタンパク質。
 
どちらが人間にとって消化しやすいのでしょう?
又、どちらが消化する際、胃腸に負担が掛かるのでしょう?
 
次回のメルマガでは、アトピーと食事について徹底検証しましょう。
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【編集後記】
最後までお読み頂きありがとうございます。
前回のメルマガで私の使用していた“おばあちゃんの手作りローション”を
紹介したところ、多くの方か問合せを頂きました。
ローションの中身は「ヨモギ」や「ゆきの下」そして「ビワの葉」や「シソ」
をアルコールに浸けただけモノですが、これらの薬草の中には炎症を抑える
成分が入っていたのです。
これは決してアトピー克服の“柱”ではありませんが、毎日の痒み対策には
非常に効果的だったと言えます。
こんな所にもお金をかけない知恵が埋まっています。
このメルマガでは、お金をかけず、時間をかけず、自力でアトピー克服を
目指す方法を判りやすくお伝えします。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
発行人     飛 鳥 
関連サイト アトピー完治への道
       アトピー性克服レポート
問合せ asukairo@atopy-1.info
次回発行予定  9月5日 日曜日
・登録、解除はこちらから
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
「おばあちゃん直伝化粧水」はこちら
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━