120 親友の生き方

■ 告白!体験者が明かす「アトピー克服の鉄則!」
■ アトピー克服を支援するメルマガ 
■ 第120話 2011/02/13
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 
■ 関連サイト
   アトピー完治への道
   アトピー性皮膚炎克服レポート
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━   
【このメルマガの趣旨】
アトピーを克服したい!そんなあなたをサポートするのがこのメルマガの使命です。
私<飛鳥 旬>自らの体験を通じて、自力でアトピーを克服する方法を一挙大公開!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 
飛鳥です。
今日は、小春日和の暖かい一日でした。
皆さん、いかがお過ごしですか? 
 
突然ですがコレ、何だかわかります?
セーラームーン 幼稚園~小学校低学年
モーニング娘 小学校高学年~中学生1年
OSK日本歌劇団 中学1年~中学3年まで
平成ジャンプ 中学3年~高校2年まで
水樹奈々 高校3年現在
 
実はウチの娘のマイブーム
マイブームと言っても、軽く見ちゃいけない。それはそれは熱狂的なんですから。
 
ちなみに今は、水樹奈々。
娘に独占されたテレビ&ブルーレイは、常に水樹奈々が。私と長男は、怒涛のような彼女の音楽で溺れそうになっています。要するに、強烈な『凝り性』なんですよね。その分、飽きるのも早いんです。
 
でも、時々思うんですよね。
『自分の若い頃、そっくりやん…』
 
と言うのも、私。
玄米菜食。紅茶キノコ。クロレラ。青汁。アロエ。アルカリイオン水などなど…。とにかく、いろんな健康法に凝りましたからね。今も本棚に残っています。『紅茶キノコ健康法』中満須磨子著 地産出版
 
当時、紅茶キノコはテレビ、週刊誌でも大々的に紹介されていて、ワイドショーでも連日、『アトピーが消えた!』『小児喘息が治った!』『眼底出血が治った!』と、大騒ぎしていましたからね。そりゃ、やりますって。
 
大きめのビンに砂糖入りの紅茶を入れ、その中に『紅茶キノコ』と称されるキノコを浮かべるんです。すると、これが『万病に効く!』と言うワケで。あの、紅茶キノコは今、いずこ。
 
それに比べりゃ、水樹奈々。
『エーやん。可愛いし。歌上手いし。』
『でも、お父さんは松田聖子の方がエエけどな。』
 
とか言いながら、ついつい娘に甘くなる。今日この頃でございます。
それでは今回も、はじまり。はじまり。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 
【今回のテーマ】
・親友 Nの生き方
・オマエが来てくれ
・編集後記       
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 
◆ 親友Nの生き方 ◆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 
今まであまり気にしていなかった人物が、ある日を境に突然、存在感を増すことがある。私の場合、高校時代の同級生、Nがそうだった。
 
あれは、高校2年の学園祭の時だった。
クラスの催し物で、『フィーリングカップル5対5』と言うお見合いをやることになり、私は司会&アシスタント組。Nはカップル成立か否かを判断する電光掲示のテーブルを作る組になった。
 
私達の組はリハーサルを終え、準備は万全。後は、当日を待つばかりの状態になっていた。
 
ところが、Nの属する電光掲示のテーブルを作る組は大苦戦。『お見合い成立!』のスイッチをオンにしてもハートマークが点灯せず、誤動作を繰り返す。放課後、皆で悪戦苦闘するのだが状況は変わらない。
 
そんな中、とうとう学園祭前日になってしまった。その時、泊り込みを申し出たヤツがいた。Nだ。
 
『N?』ちょっと意外だった。と言うのも最初、Nは今回の企画に対しては反対グループのひとりだったからだ。
 
Nの立場なら『オレ、帰るわ』と言って投げ出しても不思議ではなかったし、実際、それを責める生徒もいなかったに違いない。
 
ところがNは平然と、しかも当然のように泊り込みを申し出た。『どーして?わざわざ貧乏くじを引く?徹夜になるぞ』正直、『要領の悪いヤツ』だと思った。
 
が、人の心とは不思議なものだ。そんなNの申し出に、なぜか私が共感してしまったのだから。断っておくが、私は学園祭のイベントに徹夜で取り組むようなタイプではない。
 
そんな私が、『痒くなったら嫌やなぁ』とアトピーのことを考えながらも、とにかく気が付けば司会&アシスタント組を代表して泊り込みを申し出ていた。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 
◆ オマエが来てくれ ◆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 
『腹減ったやろ?
 オレ、牛丼買って来るわ!』
『うん。頼む』
あの夜、Nと交わした会話はこの程度だった。
 
元々、電気配線のことなんてまったく分からない私。できるのは使い走りくらい。後は、ひたすら作業を見守るしかなかった。事実、『作業を見守るのがオレの作業や。』とうそぶいていた。
 
AとBをつなぐ。ダメ。
AとC。これもダメ。
次はAとD。
 
束になった配線とN達の格闘は明け方まで延々と続いた。『分かったよ。ココや。』
 
午前4時過ぎ。冷静に、そしてホッとした表情でそう告げたのはやはりNだった。
 
皆が、Nを囲むような形になった。直ぐ試運転に取り掛からなければならない。皆が固唾を呑む中、相思相愛のハートマークは見事に点灯した。
 
本来なら、ここは万歳三唱する場面である。完成を祝して、お互い肩を抱き合うシーンである。が、Nには万歳三唱も抱擁も、あまり似合わなかった。
 
Nとはそういうヤツだ。そういう姿が似合わない分、ニコッとした笑顔が印象的だった。この時以来、私とNとは30年来の付き合いになった。
 
ところで、私が本格的にアトピーを治そうと決意した時、実は、Nのことをかなり意識しながら日々の生活を送っていた時期がある。
 
『Nのように。Nのように』と。
 
Nはいつもおとなしくて、感情を表面に出すタイプではなかった。事実、ボウリングでストライクを出した時も、宝くじで20万円当たった時も、Nは、決してガッツポーズなどしなかった。
 
自分のやるべきことが分かっていて、いつもそれに淡々と取り組んでいる。Nは、徹底してそーゆうタイプのヤツだった。それは、何が楽しくて生きているのか分からないような生き方だったけれど、次から次へと新しいものを追い求めては一喜一憂している自分とは対照的な生き方でもあった。
 
『自力でアトピーを治す。』
 
そう決心した時、Nの存在がまたひとつ大きくなっていた。Nには言わなかったけれど、単純に『見習おう…』と本気で思った。
 
そんなNが一昨年。突然、脳幹出血で倒れた。失語症と半身不随。言葉を失っても、元々口数の少ないNの表情はあまり変わらなかったが、麻痺した右手はNらしくなかった。
 
胃ろうの手術も受けた。胃ろうとは、口から食べ物を取る事が難しい人に対して、人工的に胃に小さな穴を作ってチューブを設置し、水分・栄養を流入させるための処置だ。『元気な時のNにはもう戻れない…』チューブを見た瞬間、そう思った。が、それでも奇跡が起こること願っていた。
 
容態が急変したのは年明け早々。人工呼吸器をつけたICUでの生活が二ヶ月続いた。そして2月初め。穏やかな日差しの日曜日。Nは静かに旅立った。享年49歳。
 
『お疲れさん』
『オマエが倒れてから、奥さんは大変や。』
『ところでな、人間って臨終の時、頭に輪のある天使が降りてきてくれるらしいな?』
『そう。お迎えの瞬間。オマエの時もきっとそんな感じやったやろ?』
『でもな。オレの時は天使の代わりにオマエが来てくれ。』
『そしたらオレ、安心して一緒にゆくわ。』
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 
◆◇ <編集後記> ◇◆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 
当メルマガをご覧頂きありがとうございます。
今日は梅の花を観に行きました。梅とひとくちに言っても種類はたくさんあるのですね。『梅は咲いたか桜はまだかいな~』。梅の木の隣で、桜が花の準備をしていました。もうすぐ春ですね。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
アトピー完治のヒントになれば嬉しいです。
よろしければご一読ください。
 →アトピー完治への道 図書シリーズ

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ご自身のスキンケアにお役立てください。
 →アトピ完治への道 スキンケアシリーズ

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<発行人>  飛鳥 旬
・関連サイト アトピー完治への道
       アトピー性克服レポート
・問合せ  asukairo@atopy-1.info
・次回発行予定 3月20日
・登録、解除はこちらから
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
私のプロフィールはこちら
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

119 癒し、励まし、パワー

■ 告白!体験者が明かす「アトピー克服の鉄則!」
■ アトピー克服を支援するメルマガ 
■ 第119話 2010/12/28
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 関連サイト
   アトピー完治への道
   アトピー性皮膚炎克服レポート
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━  
【このメルマガの趣旨】
アトピーを克服したい!そんなあなたをサポートするのがこのメルマガの使命です。
私<飛鳥 旬>自らの体験を通じて、自力でアトピーを克服する方法を一挙大公開!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━  
飛鳥です。今年も残りわずか。
皆さん、いかがお過ごしですか?
 
まず今回はご連絡から。
ご愛用頂いております『おばあちゃんの手作りローション』と『クリーム』。次回の出荷が、1月11日(火曜日)になります。急な話で申し訳ありません。
 
これは作業場の一斉メンテナンスによるもので、業者さんとの調整で急遽、年明け早々に行うことになりました。ご利用頂いております皆様にはご迷惑をお掛けしますが、何卒ご理解の程よろしくお願い申し上げます。尚、27日までに頂いたご注文分に関しては、すべて出荷済みです。
 
さて、今回のメルマガは1年の総決算。今年1年、読んで頂いてありがとうございました。
 
感謝を込めて はじまり。はじまり。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━  
【今回のテーマ】
・癒し、励まし、パワー
・編集後記       
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━  
◆ 癒し 励まし パワー ◆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━  
今月、読売新聞による5回連載、『アトピー性皮膚炎』の特集記事を読んだ。そこには、いつものように『お決まりのパターン』があった。
 
患者の例。
ステロイドを塗り続けたが良くならず、次第に効かなくなりどんどん悪化。医療機関に不信を抱き、ステロイドの塗布を中止。その後、症状が劇的に悪化。再びステロイドにより現在は小康状態を維持。
 
医者のコメント。
ステロイドは使い方さえ間違えなければ安全な薬です。信頼できる医療機関に相談しましょう。
 
『・・・・・・』思わず溜息が漏れた。それは決して、『お決まりのパターン』に対してではない。
 
はなはだ失礼な言い方で恐縮だが、ことアトピーに関する限り、ビックリ仰天するような素晴らしい情報など、最初から期待してはいない。だから『お決まりのパターン』それはそれでよいのである。
 
だがどんなに抽象的な事実を扱う記事でも、それが人の書いたものである以上、そこには人に対して癒し、励まし、パワーを与えるチャンスや可能性があるはずだ。連載記事の中、私はきっと無意識にもそういうものを期待していたのだろう。
 
癒し、励まし、パワーの話
 
自宅に帰る。すると、必ず愛犬が熱烈歓迎してくれる。この確率は100%で、愛犬が不機嫌で歓迎してくれない日はない。一目散に駆け寄り、目を細め、狂喜したかのように尻尾を左右に振る。私が、癒される瞬間だ。愛犬は無条件に私を癒してくれる。
 
また身近な植物、雄大な自然も時々私の心を癒してくれる。落ち込んでいた時、訪れた上高地の景色には心から癒された。
 
だが、何といっても圧倒的なのは人だ。私の場合、癒され、励まされ、生きるパワーを与えてくれるのはやはり人だ。
 
それは友人、知人の場合もあれば、一度も会ったことがない伝説の人物、時には新聞に寄せられた投書欄の人や、小説の主人公だったりすることもある。
 
それは、アトピーだった頃も今も変わらないような気がする。傷付け、傷付けられたのが人なら、癒され、励まされたのもまた人だった。
 
このメルマガを発行してから7年が過ぎた。
そして来年50歳になっても、私は自分がアトピーだった日のことを忘れないでいようと思う。それは何もアトピーに対する感謝とかじゃなく、アトピーを通じて多くの人との出会いがあったからだ。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━  
◆◇ <編集後記> ◇◆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━  
当メルマガをご覧頂きありがとうございます。
読者の皆さんにとって良き1年でありますように…。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【飛鳥旬の図書シリーズ】
アトピー完治へのきっかけになれば嬉しいです。
よろしければご一読ください。→クリック

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【飛鳥旬のスキンケアシリーズ】
アトピーの肌に優しい使用感のスキンケア商品です。
→クリック

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 
<発行人>  飛鳥 旬
・関連サイト アトピー完治への道
       アトピー性克服レポート
・問合せ  asukairo@atopy-1.info
・次回発行予定 1月20日
・登録、解除はこちらから
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
私のプロフィールはこちら
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

118 そもそもの間違い『こんなものだろう』

■ 告白!体験者が明かす「アトピー克服の鉄則!」
■ アトピー克服を支援するメルマガ 
■ 第118話 2010/11/24
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 関連サイト
   アトピー完治への道
   アトピー性皮膚炎克服レポート
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━   
【このメルマガの趣旨】
アトピーを克服したい!そんなあなたをサポートするのがこのメルマガの使命です。
私<飛鳥 旬>自らの体験を通じて、自力でアトピーを克服する方法を一挙大公開!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 
飛鳥です。
皆さん、いかがお過ごしですか?
 
先日、ひょんなことから突き指しました。突き指なんて、小学校の時のドッチボール以来。今はもうすっかり治りましたけどね。それでも、最初の1週間くらいはけっこう辛かった。
 
初日なんて、痛くて熟睡できなかったですもん。それに翌日。仕事をしている時、ズキン、ズキン…。食事をしている時、ズキン、ズキン…。そして風呂上り、ズキン、ズキン、ズキン!
 
こうなると、一日が全然ハッピーじゃない。たった指一本のことなのに…。何をするにも不自由だし、正直、ちょっと参りました。
 
でも考えてみれば、経験って凄いですよね。こんな時はこうすればいい。』これを知っているのと知らないのとでは大違い。
 
冷やす。とにかく腫れが引くまで冷やす。これが、突き指をした時の初期対応。最初は冷水。後はシップの交換を面倒がらずに。
 
ココさえ間違えなければ、後は時間が解決してくれるんですね。そう。時間が解決してくれる。
 
事実、10日後には腫れが引いて痛みも消えました。今はもう、突き指したことさえ忘れるくらい。まさに、喉元過ぎれば…ですね。
 
でも、もし病院でこんな風に言われたらどうでしょう?
『残念ですが、突き指は治リません。』
『でもガッカリすることないですよ。』
『痛みをコントロールしながら上手にお付き合いすれば良いのですから。』
 
どーです?
私なら、きっとこんな風に叫ぶでしょうね。『嫌や~。一生突き指のままなんて!先生、お願いやから治して!』いや、冗談じゃなく、一生突き指のままなんて本気で嫌ですもん。
 
ところで、今、クスッツと笑ったあなた。これ、笑い話だと言い切れますか?
じゃ、アトピーは?
『アトピーは治す病気ではなくコントロールする病気なのですよ。』
『だから治すことばかり考えず、上手にお付き合いすれば良いんです。』
 
これはひと昔前、私がアトピーだった時に病院で言われたコメント。でもね…。
 
私にとっては
『アトピーはコントロールする病気じゃなく、治してナンボの病気』です。
 
今回も、はじまり。はじまり。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 
【今回のテーマ】
・そもそもの間違い『こんなものだろう』
・何故アトピーは治してナンボなのか?
・編集後記       
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 
◆ そもそもの間違い『こんなものだろう』 ◆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 
アトピーになったことの無い人。彼らが、アトピーと言う病気に対して抱いているイメージをご存知だろうか?
 
『とにかく痒い病気。でも死ぬ病気じゃない。』これである。アトピーじゃない大半の人は、アトピーをとにかく『痒い』病気と認識しているのだ。
 
確かにアトピーは痒い。しかもその痒みは独特だ。だから、まずは痒みを止めようとする。これはこれで正当な対処方と言えるだろう。決して間違いではない。
 
そこから先は、痒みが消えれば、何もアトピーそのものが治らなくても良いじゃないか。と言う考えに発展する人もいる。
 
その典型例が、『アトピーは治す病気ではなく、コントロールする病気なのです。』だろう。
 
ところが、私にとっては、アトピーは単に痒いだけの病気ではない。それは精神的な苦痛やダメージの話ではなく、実際、アトピーが重症化すると何となく身体がスキッとしない、ボーッとした状態になってしまうからだ。しかも、これは慢性化するからタチが悪い。
 
慢性化すると言うことは、スキッとしないボーッとした状態のままの自分を『まあ、こんなものだろう…』と感じてしまうことだ。
 
本来の健康な状態を思い出せず、不健康なまま生きていることが普通だと思い込んでしまうことだ。アレルギー疾患の怖さがここにある。要するに痒い以前の問題として、健康じゃないということだ。
 
では、アレルギー疾患を断ち切るにはどうすれば良いのか?
 
アトピーなら、痒みを止めるのではない。花粉症なら、くしゃみや涙を抑えるのではない。喘息なら、咳を抑えるのではない。
 
これらは急場をしのぐ意味では重要。でも、決して根本的な解決にはならない。過去、多くの悲劇はこの間違いから生じたと言っても過言ではないだろう。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 
◆何故アトピーは治してナンボなのか?◆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 
アトピーの時、私の生活は全然充実していなかった。とにかくしんどいから、休日は一日中家の中でゴロゴロしていた。
 
もちろん、ステロイドで症状はコントロールしていた。だから痒くて我慢できないわけではない。でも全然元気じゃないのだ。
 
そして痒くない時でも、頭はいつもボーッとしていた。倦怠感。とにかく来る日も来る日も倦怠感。だから私の場合、『痒みをコントロールすれば良い。』だけではなかったのだ。
 
だからアトピーに関する限り、『改善』と『完治』はまったく次元の違うものだと思っている。同じ次元のことを違うニュアンスで、違う言葉で表現しているのではなく、まったく違う次元のことだと感じているのだ。
 
私にとっては、アトピーはキチンと治してしまうべき病気だ。コントロールしながら仲良くお付き合いするような病気ではない。
そう。アトピーは治してナンボなんである。
 
何故か?
一度しかない人生を充実させるためだ。その日その日を精一杯生きようとすれば、ハッキリ言ってアトピーは邪魔なのだ。
 
アトピーを治したからと言って、人生がすべて上手く行く訳ではない。アトピーが治ったら治ったで、人生は山あり谷ありだ。
 
それでも、人生にアトピーは必要ない。
なってしまったものはしょうがない。でも、なったらなったで、次はさっさとおさらばすることを考えた方がいい。
 
アトピーごときで立ち止まっているほど、時間は無尽蔵にあるわけではない…。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆◇ <編集後記> ◇◆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
当メルマガをご覧頂きありがとうございます。
今、就職活動をしている学生さん。大変ですね。何社も何社も受けて落とされて。いつになったら採用通知が貰えるのか…。って落ち込みますよね。私も学生時代に経験したんですけど、就職試験に落ちても、それはあなたの人格とはまったく関係ないと思いますよ。
私、結局の所、就職なんてものは『縁』だと思うんですよね。そう。『縁』なんですよ。だから自暴自棄にならず、『人生にはこんな時もある』と思って生きてゆきましょう。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【飛鳥旬の図書シリーズ】
アトピー完治へのきっかけになれば嬉しいです。
よろしければご一読ください。 →クリック

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【飛鳥旬のスキンケアシリーズ】
アトピーの肌に優しい使用感のスキンケア商品です。
   →クリック

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<発行人>  飛鳥 旬
・関連サイト アトピー完治への道
       アトピー性克服レポート
・問合せ  asukairo@atopy-1.info
・次回発行予定 12月20日
・登録、解除はこちらから
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
私のプロフィールはこちら
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

117 食事より大事なこと

■ 告白!体験者が明かす「アトピー克服の鉄則!」
■ アトピー克服を支援するメルマガ 
■ 第117話 2010/10/24
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 関連サイト
   アトピー完治への道
   アトピー性皮膚炎克服レポート
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━   
【このメルマガの趣旨】
アトピーを克服したい!そんなあなたをサポートするのがこのメルマガの使命です。
私<飛鳥 旬>自らの体験を通じて、自力でアトピーを克服する方法を一挙大公開!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 
飛鳥です。すっかり日が短くなりましたね。読書の秋、食欲の秋。秋の夜長、みなさんはどんな風にお過ごしですか?
 
私? 私はこの時期、食欲が一気に上昇傾向。理由?それは、新米の時期だからです。ホント、炊き立ての新米だと、一膳目はおかずがいらないですからね。
 
なんだかんだ言っても、ご飯をしっかり食べていると体の調子もいい。大体、私の場合、ご飯以外のものでお腹を大きくしてしまうとダメなんですよね。
 
事実、アトピーの時はその典型でした。だって、ほとんどご飯(お米)は食べていませんでしたから。食生活の基本が、ご飯ではなかったんです。
 
では何を食べていたか?よーするに、ご飯以外のものです。特に、脂っこいもの大好きでした。
 
今回のテーマ。
食欲の秋にちなんで食べ物の話かと思ったでしょ?「この時期、飛鳥さんならきっとお米と食生活の話する筈」って思った人。ハズレ。違います。今回は食事よりももっと大切な話をします。
 
それでは今回も、はじまり。はじまり。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【今回のテーマ】
・食生活より大事なこと
・決定的な違い
・編集後記       
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆ 食事より大事なこと ◆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
アトピーと言うと、とにかく食事を重視する人は多い。確かに、これはこれで間違いではないだろう。私自身、アトピーを克服する上で食生活の改善は避けて通れないと思っている。
 
食生活を改善することで『胃腸の健全化』を目指す ⇒『快食』
排泄機能を向上させることで便通を良くする ⇒『快便』
 
は、必須事項だと思うからだ。
 
でも実は、アトピーを克服するうえで食事以上に大事なことがある。もしこれが不足すると、どんなにバランスの摂れた食生活をしていても、その威力は半減してしまうと思うからだ。
 
では、食事より大事なこととは?
私に、質問のメールをされたことのある人なら大抵お気づきのことだろう。何故なら、私はいつも口癖のようにこのことを尋ねるからだ。
 
夜は眠れますか?
睡眠 ⇒『快眠』である。健康の三原則とは 『快食』『快便』『快眠』なのだ。
 
アトピー患者の中には食事のことばかり考えて、睡眠のことを軽視している人が意外と多いのだが、これはあまり得策とはいえないだろう。いや、ある意味、これは致命的かもしれない。
 
何故、睡眠不足が致命的なのか?それは、皮膚は寝ている間にしか再生されないという事実があるからだ。
 
ご存知のように皮膚は細胞分裂によって生まれ変わるが、この細胞分裂が起こるのは睡眠中だけだ。つまり起きている間に細胞は分裂せず、従って皮膚も再生しない。
 
これは何も、アトピーの人だけに限った話ではない。アトピーじゃない人でも、徹夜明けは昨日の古い細胞が残ったまま。肌が、細胞分裂を起こしていないからだ。これでは顔色もさえないし、女性の場合なら化粧のノリが悪いのも当然。
 
さらに厄介なのは、寝不足は一気に解消する術がないことだ。例えば週末、お昼近くまで寝たとする。
 
おそらく、これで体の疲労はある程度回復できるだろう。でも、皮膚の再生を一気に取り戻すことはできない。
 
睡眠は、ストックが効かないからだ。だから、アトピーにとって『快眠』は想像以上に大事になる。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆ 決定的な違い ◆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
アトピーになっていろんなことを経験して、その中で感じたことがある。そのひとつが、『眠る時間帯』
 
説明しよう。アトピーの時、と言うより若い頃、睡眠時間が7時間必要なら、私はその7時間は何時に寝て何時に起きても、同じだと思っていた。
 
つまり、夜12時に寝て翌朝7時に起きる7時間の睡眠も、夜中の3時に寝て翌日10時に起きる睡眠も、同じ7時間の睡眠だと思っていたのだ。さらに、寝不足は週末に『寝だめ』すれば良いと思っていた。
 
だが、どうやらこの考えは間違っていたようだ。
体内時計とか、サーカディアンリズムとか、そういう巷の理論からではない。これは、私自身の経験則から本当にそう思うのだ。
 
夜12時までに就寝。そして翌朝、6時起床の生活を続けていると、肌の調子は良い。これは、アトピーの時とは決定的な違いだ。
 
アトピーが重症化していた頃、私の生活は昼と夜がほぼ逆転していた。眠れない夜を過ごした後、仕事中にウトウトしてばかりだったあの頃。今、思い出しても悲しくなる。
 
だから今、痒くて痒くて眠れない人に対して、『寝不足はダメですよ』と忠告することが、随分酷な話であることは十分に自覚しているつもりだ。
 
それでも、今は敢えて言いたい。生活にリズムを作ろう。出来る限り、12時までにぐっすり眠れるように工夫しよう。そのために、利用できるものは利用すればいいのではないかとも思う。
 
こんな風に言うと誤解を招くかもしれないが、しっかりと睡眠を取ることはステロイドを使うとか、使わないとか、そういう問題よりも大切な気がするのだ。
 
何も、ステロイドを推奨している訳ではない。ステロイドに依存することは決してよくないことだ。
 
でも使える物があれば、利用できるものがあれば、それもひとつの手段だと思うのだ。アトピーを克服する上で何が本質的なことで、何が枝葉なのか?この点だけはシッカリ押さえておきたい。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆◇ <編集後記> ◇◆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
当メルマガをご覧頂きありがとうございます。
夜、熟睡する秘訣をひとつだけ挙げるとすれば、それって寝る前までの適度な運動ではないかと思います。でも、『眠らなきゃ、眠らなきゃ…』って思うのも逆効果かもしれませんね。それから、熟睡するには体力が要るって説もありますね。高齢者の眠りが浅いのは体力不足によるものだと言う話を聞いたこともあります。そー言えば長男を見ていると、18時間位寝ているような気が…。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【飛鳥旬の図書シリーズ】
アトピー完治へのきっかけになれば嬉しいです。
よろしければご一読ください。 →クリック

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【飛鳥旬のスキンケアシリーズ】
アトピーの肌に優しい使用感のスキンケア商品です。
→クリック

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<発行人>  飛鳥 旬
・関連サイト アトピー完治への道
       アトピー性克服レポート
・問合せ  asukairo@atopy-1.info
・次回発行予定 11月20日
・登録、解除はこちらから
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
私のプロフィールはこちら
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

116 アトピーだけど健康?

■ 告白!体験者が明かす「アトピー克服の鉄則!」
■ アトピー克服を支援するメルマガ 
■ 第116話 2010/09/23
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 関連サイト
   アトピー完治への道
   アトピー性皮膚炎克服レポート
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━   
【このメルマガの趣旨】
アトピーを克服したい!そんなあなたをサポートするのがこのメルマガの使命です。
私<飛鳥 旬>自らの体験を通じて、自力でアトピーを克服する方法を一挙大公開!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
飛鳥です。皆さん、いかがお過ごしですか?ようやく秋の気配ですね。私の住む街も今日は雨、一気に涼しくなりました。
 
ところで、実は今、熱中していることがあるんです。最初はそれほどでもなかった。でも今は真剣。それってね…お茶です。
 
お茶と言っても紅茶とか、ジャスミン茶ではありませんよ。お抹茶。そう、茶の湯の世界。茶道ですね。
 
どうして茶道なのかって?
実は叔母がお茶の先生だったので、これまで抹茶を飲む機会は多かった。作法とか関係なくね。ホント、抹茶って美味しいですから。
 
ところが今年2月。叔母が他界叔母の供養を兼ねるつもりで習い始めたのです。ホント、かるーい気持ちでね。ところがひと月が経った頃、こんな風に感じたわけです。『このままやったら、オレもココまでやろうな…』
 
確かに、お茶の作法をマスターするだけなら難しく考える必要はない。型通りのことを覚えて、美味しいお抹茶を頂ける。
 
でも、それだけ…表面的と言うか、上っ面と言うか。で、とにかく『このままではアカンわ』と感じたんです。
 
心を入れ替えたわけですね。
『もっと上達する!』
『せっかくやるんやから、もう少し真剣にやろう!』ってね。すると、今まで見えなかったものが少しだけ見えるようになった。それは精神的なものなので、説明するのは難しいけれど…。
 
でも、こういう瞬間って嬉しいですよね。悩み、考え、挑戦する。そして壁にぶつかったら、乗り越える。そうすることで見えてくるものって、やっぱりあるんですよね。だからどんなことでも、『続ける』って大事なんでしょうね。
 
でも、こんな気持ちになれたのも、実は師匠のおかげ。師匠(62才女性)は、説教がましいことは一切言わない人。でも茶の湯の楽しさ、おもしろさが彼女を通じてジワーッと伝わってくる。
 
『やってみたい!』ごく自然にそんな風に思いました。ある意味、元々やる気のある人に教えるのって楽ですよね。でも本当に素晴らしい指導者って、実は、やる気を起こさせる人なのかも。
 
それでは今回も、はじまり。はじまり。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【今回のテーマ】
・身もフタもない話
・石の上にも3年?
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆ 身もフタもない話 ◆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
今回は、単純な話をしよう。単純な話と言うのは、『ミもフタもない話』と言う意味だ。
 
アトピー性皮膚炎。
恐らく、もう大半の人が気付いていると思うが、アトピーを治すのに便利な裏ワザやコツなんてものは最初からどこにも存在しない。
 
アトピーを治す一番確実な方法はひとつ。それは健康な体になることだ。これしかない。健康な体であれば、アトピーは寄り付くことさえできないからだ。
 
ところが、アトピー患者の中には勘違いしている人も多い。
『私は健康なのに…』
『痒いだけで、私、元気なのに…』
 
自分はアトピーだけど、健康上は問題ないと思っているのだ。確かに、そう思うのも無理はないだろう。
 
実際、アトピーだからだと言って熱が出る訳ではないし、腹が痛くなる訳でもない。だから寝込むことも無く、日常は他人と同じように普通の生活を送ることができる。
 
だから、『アトピーだけど健康。』と思っている人は今でも多い筈だ。
 
私自身もそうだった。
『オレはアトピーだけど健康。』『痒みさえなければ、まったく普通。周りの人と変わらない。』『その証拠に健康診断。検査の結果はすべて正常値だったし…。』
 
だが、ここには落とし穴がある。
それは免疫力の低下は目に見えないし、いくら検査的なデータ結果を寄せ集めてみても、免疫力と言うものは数値化できないということだ。
 
そう。免疫力は数値化できない。
『は~い。あなたの免疫力は総合評価で59点です。』これができないのだ。
 
だからテレビのCMでも、『免疫力を飛躍的にアップ!』と言った表現が可能なのだ。具体的な評価基準がない以上、抽象的な表現なら問題はないからだ。
 
しかし、程度の差こそあれ、アトピーと診断された以上、まず自分は健康ではないと自覚しておいた方が懸命だと私は思う。
 
むしろ免疫力が一定の水準に達していないから、自分だけアトピーで苦しむことになる。と考えた方が、今後の対策を冷静に打つことができる。
 
ところで免疫力と言えば、こんな経験がないだろうか?
 
インフルエンザで寝込んでいる時、ふと気が付くと痒くなかった。風邪をこじらせてしまい、高熱で寝込んでいる時、皮膚の炎症が消えていた。
 
みなさんは、どうだろう?
私の場合、高熱で寝込んだ時、いつも一時的に痒みは消えた。何故か?
 
発熱は、免疫力を劇的に上げる為の手段だから。高熱を出して寝込んでしまった時、体はウイルスと闘うために免疫力をフルパワーで発動する。(生命維持のためのメカニズム。)
 
するとこの期間だけ、皮膚の炎症が引っ込む。それは、免疫力のレベルが瞬発的に引き上げられたからだ。
 
ところが、2・3日もすると元通り。瞬間的にアップした免疫力が、いつもの低いレベルに戻ってしまったからだ。だから免疫力が一定の水準でないのに、これを健康体、つまり普通であると思い込むのは危険なことだ。
 
免疫力が低いレベルのままだと、アトピーは何をやってもダメだ。
 
薬や栄養ドリンクで瞬間的に免疫力をアップさせることは可能なのかもしれない。が、私の経験からすると、アトピーを治す為に必要とされる免疫力とは、どうやらそういう類のものとは少し違うような気がする。
 
アトピーを出さない為の免疫力とは今日も明日も明後日も、これから先ずっとずっと、一定の水準にあるべきものだと思うのだ。
 
話を分かりやすくする為、この免疫力の合格点、基準ラインを70点としよう。すると、アトピーの初期段階の人は60点。重症化した人なら50点以下のラインをウロウロしていのるかもしれない。
 
だから、目指すべきラインは70点。70点の基準ラインを3年間維持しよう。
 
そうなれば多少暴飲暴食しても、ストレスがあっても、甘いものを食べても、寝不足の時でも、皮膚に炎症は生じず、従ってアトピーは出ない。
 
そんな気がする…。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆ 石の上にも3年? ◆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
そして残念なことだが、アトピーは頑張るだけでは治せないという事実がある。
 
何を頑張るのか?
これが分かっていないとダメなのだ。
 
何故ダメなのか?
それは、『継続』できないからだ。
あなたはどうだろう?
 
例えば、こんなこと。
あなたはいつものように会社に出勤した。で、穴を掘る作業を命じられた。が、どうして穴を掘るのか?その理由は知らされない。それでも、『何か考えがあるのだろう…』と感じたあなたは黙々と穴を掘った。
 
翌日。今度はこの穴を埋めろとの指示を受ける。『ん、何で?』と感じながらも、あなたはまた黙々と穴を埋める。その理由は知らされないまま…。
 
翌々日。今度はまた同じ箇所に穴を掘れとのことを命じられた。相変わらず、その理由は知らされないままだ。
 
あなたは、この状態のままで頑張り続けることができるだろうか?何のために毎日、同じ所で穴を掘ったり埋めたりするのか?
 
その理由を知らないまま、頑張り続けることができるだろうか?私は無理だ。
 
『石のうえにも3年』ということわざがある。これは何をするにも我慢や辛抱をすれば、最後には思い通りになることの例えだが、このことわざには『前提となるもの』があるのではないか?
 
それは、『頑張ったら、辛抱したら、結果が残る。』という可能性だ。そこから先に繋がる可能性があるから、『石の上にも…』ではないのか?
 
頑張っても、辛抱しても、最初からダメだと分かっていたら継続できるだろうか?私なら、3年どころか3日でギブアップである。
 
だから頑張ろうと思ったら、何をどう頑張ったら良いのか?このことは前もって、真剣に考えておく必要がありそうだ。
 
続ける。継続するとは、そういうことが前提になる気がする…。
 
ところで、アトピーを治す為の努力。地味といえば、これほど地味な努力はないのかもしれない。毎日毎日、同じ事を延々と繰り返すだけだから…。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆◇ <編集後記> ◇◆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
当メルマガをご覧頂きありがとうございます。
メルマガを配信し始めてから、8年が過ぎました。そしてアトピーが治ってから、14年の歳月が流れました。どちらも長いような短いような…。この間、イチローは毎年200本以上のヒットを打ってきたのですね。凄い!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【飛鳥旬の図書シリーズ】
アトピー完治へのきっかけになれば嬉しいです。
よろしければご一読ください。 →クリック

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【飛鳥旬のスキンケアシリーズ】
アトピーの肌に優しい使用感のスキンケア商品です。
→クリック

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<発行人>  飛鳥 旬
・関連サイト アトピー完治への道
       アトピー性克服レポート
・問合せ  asukairo@atopy-1.info
・次回発行予定 10月20日
・登録、解除はこちらから
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
私のプロフィールはこちら
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

115 でもオレ、アトピーやし…

■ 告白!体験者が明かす「アトピー克服の鉄則!」
■ アトピー克服を支援するメルマガ 
■ 第115話 2010/08/18
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 関連サイト
   アトピー完治への道
   アトピー性皮膚炎克服レポート
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━   
【このメルマガの趣旨】
アトピーを克服したい!そんなあなたをサポートするのがこのメルマガの使命です。
私<飛鳥 旬>自らの体験を通じて、自力でアトピーを克服する方法を一挙大公開!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 
飛鳥です。
皆さん、如何お過ごしですか?
 
この時期、お盆を故郷で過ごした人も多いのでは?ニュースによると、今日が帰省のピークとか…。故郷が遠くの人は大変やなあ…。
 
私の故郷?東大阪市です。(バリバリ大阪やん…)なので、あまりと言うか、全然故郷と言う感じはないです。だって、自宅のある奈良からだと15分ほどの距離ですもん。
 
ちなみに東大阪市と言えば、花園ラグビー場が有名ですね。最近では、東大阪宇宙開発協同組合が人工衛星『まいど一号』を打ち上げました。でも、意外と知られていないことが…。
 
実は、東大阪は回転寿司発祥の地なのです。昭和34年。回転寿司の老舗、元禄寿司がこの地で営業を開始しています。回転寿司発祥の地は東大阪なんですよ!(ちょっと自慢ぽい)
 
ところで、今年の夏は猛暑のせいか、アトピーを悪化させている人が多いようです。実は、私も経験あるんですよね~。そう。暑~い夏。
 
とにかくアトピーが悪化して、にっちもさっちもゆかない。もう立っているより座りたくて、座っているより寝転んでいたい。
 
実際、お盆休みはひたすら家の中でゴロゴロしていました。とにかくアトピーだけじゃなく、体全体が倦怠感!どーゆうわけか、やたら喉が渇く。その割には出ないんですよね~。オシッコが…。
 
夜は夜で、眠れない…。そして眠れないまま、朝を迎えた時の、言いようのない虚脱感。『これから1日が始まるの…』
 
今回のメルマガは、この夏、そんな私と同じような経験をしている方へ贈ります。
それでは、はじまり。はじまり。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【今回のテーマ】
・でもオレ、アトピーやし…
・淡々と。淡々と。
・編集後記       
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆ でもオレ、アトピーやし ◆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
『こんなもん、そのうち治るやろ…。』15歳でアトピーと診断された時、私はそんな風に思っていた。アトピーを甘くみていたとか、ナメていたということではない。
 
強いて言うなら、知らなかった。アトピーと言う病気のことを…。事実、私の周りに喘息の友達はいたが、アトピーの知り合いは誰もいなかった。だから、『アトピー性皮膚炎です。』と診断されても、その言葉すら知らなかった。
 
当時の私は、アトピーを湿疹の別名程度にしか思っていなかったのだ。そして、『こんもんはそのうち消えてなくなる筈だ。』と思っていた。実際、『治った。』と思える時もあった。だがご承知の通り、私のアトピーは良くなったり悪くなったりを繰り返しながら、確実に悪化の道をたどる。
 
私の知る限り、初診で『アトピーです。』と診断されても、真剣に悩んでいる人は意外と少ない。少し痒い程度では、人間真剣には悩まないものなのだ。私の場合もそうだった。
 
『アトピー?何じゃそれ?』『うっとしいなあ…』とは感じながらも、アトピーそのものに押し潰されるほど悩んではいなかったのだ『そのうち治るやろ…』 そう。『そのうち』である。痒みが軽ければ、大抵はそんなものなのだ。
 
『そのうち…』『そのうち…』『そのうち…』これが、『いつになったら…』に変わったのは、大学を卒業した頃だろうか。この頃、既に痒みは全身に広がっていた。
 
そして、就職して3年が過ぎた頃、
『いつになったら…』は当然のように、
『ひょっとして…。治れへんかも…。』に変わってきた。私のアトピーが顔に出始めた頃だ。
 
こうなると、頭の中は四六時中アトピーのことで一杯になる。そして他人が、アトピーである自分をどうみているのか?そのことが、気になって気になって仕方なかった。大体、こーゆう精神状態の時は、ロクなことを考えないものだ。
 
『オレなんか、どーせアトピーやし…』
 
この頃、私にとって『アトピーである』と言う事実は、どんなことにもまして重要なことであり、解決すべき課題の最優先事項になっていた。『アトピーであること』の圧倒的な劣等感と屈辱感。
 
たまに飲んで親しい友人にグチると、彼らはこんな風に言ってくれた。『そんなに気にするなよ…』『別にお前はお前なんやから、大したことじゃないよ…』でも、そういう風にサラリといってのける彼らはアトピーでない。
 
今振り返ると、自分の了見の狭さが恥ずかしいのだが、その一方では『仕方なかったなぁ…』とも思う。
 
それは読者からのメールでも良く分かる。『アトピーである』と言う事実は、そのことだけに囚われてしまうものなのだ。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆ 淡々と。淡々と。 ◆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
アトピーの状態が最悪だった頃。
私は、自分が周りよりも劣った人間であるかのような感覚に陥ってしまった。ただ『アトピーであるという事実』だけで、アトピーでない、普通の人がエラく見えた。
 
自分のことが真剣に嫌になるというのは、こういうことだと思った。でも、いくら嫌になっても、自分は自分だし、性格なんて簡単には変えられない。結局、今の自分でやってゆくなら、自分なりに少しでも気分よく、前に進むしかない。
 
嫌な自分に押し潰されないこと。
 
アトピーの自分を卑下するでもなく、開き直るでもなく、やるべきことだけを淡々とやりながら、少しづつ前に進む。あっちでぶつかり、こっちでつまずき。それでも、少しずつ前に進む。
 
今、あなたのダメージは?
いや、アトピーの症状のことじゃない。『アトピーであること』に対する心の話。
 
だって、どんなに症状が悲惨でも、心が折れてなければ立ち上がれるから。まだまだダメな自分に嫌気がさして、溜息ばかり出ても、明日また新しい一日がはじまれば、皮膚の細胞だって生まれ変わる。
 
どんなに小さな可能性でも、それを手繰りよせて、近づけて、離さなければ、自分のものになる。
 
アトピーなんてね。苦しめば苦しんだほど、悩めば悩んだほど、治った時の感激って、大きいと思うでしょ?『やったー!治ったぞ!』ってね。
 
そりゃそうでしょう。今、本当に辛い思いをしているのだから。でも、アトピーが本当に治ってみたら、きっと拍子抜けするだろう。それは苦しんだ人ほど、悩んだ人ほど。『は?なんじゃこりゃ?』ってね。
 
だから、アトピーごときで自分を責める必要などまったくない。生活習慣を見直す必要はあるが、自分を責めることはないのである。
 
それに『私がここまで苦しい思いをするのは…』なんて余計なことを考える必要なんて、まーったく、全然ないのである。『アトピーである自分』と『アトピーのことを悩む自分』は別物だ。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆◇ <編集後記> ◇◆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
当メルマガをご覧頂きありがとうございます。
暑いですね~。でも、私は夏が大好きなんですよ。昔、アトピーの頃は大の苦手だったんですけどね。最近は食欲も夏の方が旺盛。ジュースとか飲まず、水分補給はお茶と水にするだけでも随分体調は良くなりますね。コレはもう目に見えて分かります。頑張って暑い夏を乗り切りましょう。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【飛鳥旬の図書シリーズ】
アトピー完治へのきっかけになれば嬉しいです。
よろしければご一読ください。 →クリック

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【飛鳥旬のスキンケアシリーズ】
アトピーの肌に優しい使用感のスキンケア商品です。
→クリック

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<発行人>  飛鳥 旬
・関連サイト アトピー完治への道
       アトピー性克服レポート
・問合せ  asukairo@atopy-1.info
・次回発行予定 08月18日
・登録、解除はこちらから
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
私のプロフィールはこちら
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

114 ステロイド離脱とアトピー完治の関係

■ 告白!体験者が明かす「アトピー克服の鉄則!」
■ アトピー克服を支援するメルマガ
■ 第114話 2010/07/11
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 関連サイト
アトピー完治への道
アトピー性皮膚炎克服レポート
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【このメルマガの趣旨】
アトピーを克服したい!そんなあなたをサポートするのがこのメルマガの使命です。
私<飛鳥 旬>自らの体験を通じて、自力でアトピーを克服する方法を一挙大公開!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
飛鳥です。
皆さん、如何お過ごしですか?7月ですね。と言うことは、今年も半分が過ぎたってこと?そういえば、6月はメルマガ配信できなくてごめんなさい。

ところで、最近、読者からメールを頂いて感じること。それは『最近、リバウンドの経験者って減った?』ですね。

相変わらず、アトピー人口は多い。でも最近は、『リバウンドでとんでもない目に遭いました!』ってメールが確実に減っています。

別に統計を取ったわけではないので、数字的な裏づけはないですけどね。ひょっとして、ステロイドの使用量が減っているのかな?

そのリバウンドなんですけど、私の場合、とんでもないリバウンドを食らった時に初めて、『今まで自分は間違った努力をしていなんだ』と思いましたね。と言うのも…

私が育った年代と言うのは、『とにかく頑張りなさい。』みたいな風潮が強かった。仕事やスポーツ、恋愛にしてもね。『当たって砕けろ!』『頑張ることに意義がある!』みたいな。まあ日本が高度経済成長の真っ只中でしたから、ある意味イケイケ?

でも、この際ハッキリ言いますけど、いくら頑張っても、正しい頑張りでなくちゃ、実際は、結果が伴ってくれないことの方が多いんですよね。それに頑張る以上、何をどう頑張るのか、しっかり認識できなきゃ続かないし…。

だから、『頑張りなさい。頑張ることに意義がある』なんてアドバイスは無責任。これがアトピーを通じて得た、私の教訓ですね。
目的地に着けない努力を続けていたら、時間なんていくらあっても足りない。それどころか、無駄な努力は大きな危険を生むことも…。

無駄な努力。
その一番典型的な例が、私の場合は『リバウンド』だった。と言うことで、今後、私のようなリバウンドの悲劇が起こらないことを祈りつつ。

『リバウンド』のお話。はじまり、はじまり。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【今回のテーマ】
・我慢や忍耐なんて…
・今、はっきりと言えること
・編集後記
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆ 我慢や忍耐なんて… ◆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
我慢、忍耐、辛抱。
あなたは我慢強い方だろうか?大抵のことなら辛抱できる。そんな折れない心をお持ちだろうか?

私はダメだ。正直、私は我慢や忍耐、辛抱が苦手だ。いや、苦手と言うより、もうハッキリ言って大嫌いだ。

何故って?我慢したら、辛抱したら、事態が好転するとは限らないからだ。それどころか我慢や辛抱したばっかりに、貧乏くじを引くこともある。

私の場合、その一番典型的な例が『ステロイド離脱』だった。

『症状は一時的に悪化します。でもそれは好転反応。心配ありません。この間、何があっても我慢してください。耐えてください。目安は3ヶ月。この期間を乗り越えればもう大丈夫!』自称、漢方医を名乗る漢方薬局のオヤジのアドバイスだ。

『こうすれば治る。』
『こうしなければ治らない。』

あの時代、医者でもなんでもない普通の人が独自のアトピー理論を展開し、それが受け入れられるほど、アトピー患者を取り巻く環境は混乱していた。

『3ヶ月?やってみるか!』当然、アトピーを治したい気持ちは強かった。が、その一方でステロイドに依存した生活とも縁を切りたかった。決して安易な気持ちではなかった。何があっても耐えて見せるだけの気概もあった。

ところが、私のリバウンドは強烈過ぎた。それは想像を絶するほどの悪化で、まったく収拾が付かなくなってしまった。『とても3ヶ月なんて無理だ…』それでも1ヶ月ほど耐えただろうか…。

もうこれ以上は我慢の限界であることを漢方医、いやオヤジに伝えた。するとオヤジは私の状態を見ることもなく、電話口でこう述べた。『もう直ぐ治るのに…』『我慢が足りない。辛抱がなさ過ぎる!』

もう、押し問答をしているゆとりはなかった。電話で話をしている間にも、熱がどんどん上がって行く。

その足で病院へ直行。検査の結果、感染症を起こしていることが分かった。掻き壊した皮膚から、黄色ブドウ球菌が侵入していたのだ。

ご存知のように、感染症は恐ろしい。場合によっては、命にかかわる問題だ。『何でこんなになるまで放っておいたのですか?』
医者に尋ねられたときは、何も返答できなかった。『放っておいたワケじゃない、闘っていたんだ…』
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆ 今、はっきり言えること ◆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
今、ハッキリ言えること。
それは、ステロイド離脱に成功することと、アトピーが治ることは関係がないということだ。

その証拠に、ステロイド離脱に成功しても、アトピーのままの人はいくらでもいる。

『ステロイドを使わなくなって、もう10年以上になります。保湿剤だけで何とか過ごせるまでになりました。』このようなメールを頂く機会は多い。でも、アトピーは全然治っていない。単にステロイドを使っていないだけ。

相変わらず、痒みのある生活と縁を切れないままなのだ。でも、これって不思議でもなんでもない。だって、ステロイドを使うことになったのはアトピーと診断されたから。

つまり、ステロイドを使ったことが原因で、アトピーになったわけじゃない。だったら、ステロイドを止めたら元のアトピーに戻るだけ。それだけの話なのだ。

ステロイド離脱に成功しても、アトピーが治る理由はどこにもない。このことだけは、シッカリ認識しておいた方がよさそうだ。

何もステロイドを奨励しているわけではない。ステロイドの副作用はとても厄介で、とりわけ『赤ら顔』と呼ばれる顔の副作用は、患者の精神をボロボロにしてしまう。

私は、ここで何が言いたいのか。それは、本気でアトピーを治したかったら、ステロイドを抜く努力よりも、アトピーそのものを治す努力をした方が良いと言うことだ。私の経験則からすると、これが一番手っ取り早い。

時間は掛かる。でも、アトピーを治そうと思ったらアトピーを治す為の努力をするのが鉄則だ。わざわざ、ステロイドを抜く為の努力なんてしている時間は無かったのだ。そして、『リバウンド』なんて経験する必要もなかった。

あのような類の苦しみは試練でもなんでもない。強いて言うなら『自業自得』である。

もったいない話だ…。あなたには、リバウンドの苦しみだけは絶対に味わって欲しくない。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆◇ <編集後記> ◇◆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
当メルマガをご覧頂きありがとうございます。
高校野球、夏の甲子園の地区予選が始まりましたね。この時期、炎天下で野球に熱中できるは高校生だけ?だって中学生なら体力が付いて行かないし、大学生ならモチベーションが維持できない。プロ野球だったら観客の方が参ってしまう?そんな風に思うのは私だけでしょうか?(これでも元高校球児です。)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【飛鳥旬の図書シリーズ】
アトピー完治へのきっかけになれば嬉しいです。
よろしければご一読ください。 →クリック

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【飛鳥旬のスキンケアシリーズ】
アトピーの肌に優しい使用感のスキンケア商品です。
→クリック

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<発行人>  飛鳥 旬
・関連サイト アトピー完治への道
アトピー性克服レポート
・問合せ  asukairo@atopy-1.info
・次回発行予定 08月30日
・登録、解除はこちらから
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
私のプロフィールはこちら
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

113 子供のアトピーに悩むあなたへ

■ 告白!体験者が明かす「アトピー克服の鉄則!」
■ アトピー克服を支援するメルマガ 
■ 第113話 2010/05/30
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 関連サイト
   アトピー完治への道
   アトピー性皮膚炎克服レポート
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 
【このメルマガの趣旨】
アトピーを克服したい!そんなあなたをサポートするのがこのメルマガの使命です。
私<飛鳥 旬>自らの体験を通じて、自力でアトピーを克服する方法を一挙大公開!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 
飛鳥です。皆さん、如何お過ごしですか?
さっそくですが、本日の読売新聞。面白いコラムがあったので紹介します。
 
タイトルは『オタクになろうよ』実はコレ、精神の健康法、つまり、うつ病対策のお話。
 
精神科医の神田橋治條治さんによると、うつ病患者には、『群れよう』とする志向があって、その中で仲間と『大きな物語』を共有したがるとのこと。運がよければ、その中で自己実現の機会が得られる。
 
ところが、今はそういう大きな目標が無くなってしまい、あるのは数値目標だけ。実際、長く続くうつ病患者は例外なく、数値目標を目指す社会チームの一員で挫折と徒労感の歴史を持っているのだそうです。
 
そこで、失われてしまったものに代わるものとして、『オタク的なもの』が有効なのだと。ネット、アニメ、ゲーム、ワインにソバ打ち…そこには、小さな自己実現がちょこちょことある。そういう小さな物語が、精神の健康にいいのだそうです。
 
ところで、精神の健康と言えば…
アトピーのお子さんを持つお母さん。
『子供のアトピーのせいでずっと寝不足…』『必要なことはすべてやったのに、子供のアトピーは全然良くならない…』アトピーが原因で情緒がとても不安定になった時、私達は一体どうすればいいのでしょう?
 
今回もはじまり、はじまり。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【今回のテーマ】
・子供のアトピーに悩むあなたへ
・編集後記 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆ 子供のアトピーに悩むあなたへ ◆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
メルマガを配信している関係上、アトピーの方からメールを頂く機会は多い。中でも最近は、子供のアトピーに関するメールは増える一方。私のメルマガは『成人型』のアトピーを対象にしているにも拘わらずだ。
 
そんなアトピーの子供を持った主婦の方へ。エラそうに言えないけれど、子供のアトピーは成人型に比べると『対策は単純』と言うのが私の経験則。事実、私がわが子に行ったアトピー対策はたったひとつだけ。
 
それは、便通を整えること。とにかく、立派なウンコを出すことに専念する。便秘とか下痢とかはダメ。どうすれば40センチほどの長さのあるウンコがでるのか?このことだけに終始すれば、間違いはないような気がする。
 
私の同級生のアトピーだった子供たちも、すべてこれだけで解決してきた。正直言って、子供にサプリとかおかしいでしょ?
 
それに『子供がアトピーになったのは私の責任』『子供をこんな酷い目に遭わせて…』そりゃ親だから、子供のことは心配して当然。
 
でも、親だからと言って、必要以上に自分を責める必要は無い気がする。
 
子供だって敏感だから、そんな親の不安な心情は見抜いてしまうし、それはそれで子供にとっては辛い筈。ただ子供のアトピーの場合はいくら頑張っても、その頑張りがそのままストレートに帰ってこず、タイムラグと言うか、来るべき時に一気によくなることがある。
 
ここが成人型と違う所だと思うのだが、私の経験則からは、体の成長、もう少し具体的にいうなら、消化器官が発達する時がチャンスだと思う。
 
だから、子供のアトピーはこのチャンス時に備えておくことが大切。避けた方がいいと思うことは、親が焦って次から次へといろんな食品やものに手を染めないこと。
 
気持ちが分かるのだが、正直なところアトピーを治すのにお金なんて掛からない。これは、貧しい国の子供がアレルギー疾患と無縁なのを見ても明らかだろう。健康のためと称して、食べさせすぎになっている場合が多い。
 
子供のアトピーで肝心なのは「お腹がスーッとした!」という快便です。子供のアトピーを心配するなら、快便の体感があるかどうか見守りつつ、トイレで子供のウンコをチェックしよう。
 
『アレ?なんで昨日のトウモロコシが消化されてないの?』『どーしてこんなにヒョロヒョロの細いウンコなのよ?』そこには思わぬ発見があるはずだ。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆◇ <編集後記> ◇◆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
当メルマガをご覧頂きありがとうございます。
精神的にいっぱいいっぱいの時、情緒が不安定な時、あなたはどんな風に対処していますか?私はね。程度にもよるんですけど、とことん情緒が不安定な時はとにかく歩くようにしています。と言うのもね、人間、体を動かしている時にはあまり余計なことを考えないような気がするんです。ところでね。このメルマガももう7年になるんですけど、自分の気持ちを文字にして誰かに読んでもらうと言うのも、実は私の性格に物凄く合っていて結構、精神的に安定するんですよ。だから続いているんでしょうね。だって嫌なことだったそもそも続かないですからね。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【飛鳥旬の図書シリーズ】
アトピー完治へのきっかけになれば嬉しいです。
よろしければご一読ください。 →クリック

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【飛鳥旬のスキンケアシリーズ】
アトピーの肌に優しい使用感のスキンケア商品です。
→クリック

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<発行人>  飛鳥 旬
・関連サイト アトピー完治への道
       アトピー性克服レポート
・問合せ  asukairo@atopy-1.info
・次回発行予定 06月25日
・登録、解除はこちらから
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
私のプロフィールはこちら
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

112 諦めない

■ 告白!体験者が明かす「アトピー克服の鉄則!」
■ アトピー克服を支援するメルマガ 
■ 第112話 2010/04/25
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 関連サイト
   アトピー完治への道
   アトピー性皮膚炎克服レポート
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━   
【このメルマガの趣旨】
アトピーを克服したい!そんなあなたをサポートするのがこのメルマガの使命です。
私<飛鳥 旬>自らの体験を通じて、自力でアトピーを克服する方法を一挙大公開!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 
飛鳥です。皆さん、如何お過ごしですか?
そろそろ4月も終わりですね。今年の4月は寒かったですね。桜の散った後、こんなに寒いことってありましたっけ?
 
ところで、今回はちょっとお知らせ。と言っても、私の個人的な出来事なんですけどね。
 
実は私、腰痛が治った。超ウレシー!この気持ち分かってもらえますか?腰痛って、想像している以上に辛いのですよ。読売ジャイアンツの高橋由伸も、昨シーズンは腰痛でアウトだったでしょ?
 
実は私、ここ2・3年、腰痛に悩まされていたのです。寝起きの時なんて『痛っ、痛っ』って感じでしたからね。その腰痛が先週あたりからスッキリ消えた。朝起きても全然痛くないって爽快ですね。
 
どーして腰痛が治ったのか、その理由知りたくないですか?すごくシンプルなんですけど、それなりの裏付けはある。
 
その時に思ったんです。『ひょっとして、これ、アトピーにも使えるやん!いや、絶対アトピーにも使えるって!』
 
腰痛とアトピー。一見、何の関係もないように思いますよね。でも、『正常じゃない体』と言う点ではどちらも同じじゃないですか?痛いか痒いかの違いだけですよね?だったら、どちらも『正常な体』を目指さなきゃいけない。
 
今回は、腰痛が治って少し舞い上がっている私。そんな私が、アトピーにも使えるシンプルな方法をお伝えします。
 
今回もはじまり、はじまり。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【今回のテーマ】
・あるべき姿に治まる
・諦めない
・編集後記       
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆ あるべき姿に治まる ◆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
あれは、五木寛之さんの本を読んでいた時だった。タイトルは忘れてしまったが、そこには腰痛に関するコメントが載っていた。実は五木さん自身も頑固な腰痛持ちだったようで、その本にはそれを克服された五木さんの様子が紹介されていた。
 
五木さんはどうして腰痛を治したのか?
手術、整体、マッサージ、鍼?
答えは全部ノーだ。
 
五木さんのやり方は、とてもシンプル。
『歩く』
 
ゴルフ場を歩き続けたこともあったし、動物のように4本で歩いたこともあった。そうすることで、腰があるべき姿に治まるようになるのだそうだ。
 
『歩いて腰痛が治る?』
これを読んだ時、私自身、ピンとくるものがあった。と言うのは、実際、歩いている時、腰の痛みを感じることが少なかったからだ。考えてみれば、腰が痛いのは圧倒的にじっとしている時だったのだ。特に、電車に揺られて立っている時が痛みのピークだった。
 
『よし、歩いてやる!』そう決め手から、とにかく時間があれば歩くようにした。手には何も持たず、大きく手を振りながら歩くことを心掛けた。
 
実際、歩いている時、腰は痛くならない。五木さんの言う通り、腰があるべき姿に戻って行くような感じだった。
 
4ヵ月後の朝。朝起きると、腰に痛みを感じなくなっていた。まったく痛みがないワケではないが、それは確実に軽減していた。
 
腰が本来の姿に戻った…。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆ 諦めない ◆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
先日、ある読者の方からメールを頂いた。もちろん、彼女はアトピーだ。だが彼女はアトピー以外で、私の知らない世界を持っていた。
 
彼女は幼い頃に下半身が動かなくなり、現在、車椅子の生活を送っていた。
 
正直、私は戸惑った。私は、自分がアトピーだった時の体験談ならいくらでも話せる。でも、車椅子の生活は全然知らないのだ。
 
経験したことがなければ、体験としては語れない。でも、人間には想像力と言う素晴らしい力が与えられている。だから、私は想像してみることにした。
 
もし、自分が車椅子の生活をしていたら…。そしてアトピーになってしまったら…。このことを自分なりに考えてみた。そして、ひとつの結論に至った。車椅子に乗っていても、そんなのは関係ない。アトピーは治そうと思って治せる疾患なのだと…。
 
『とにかく動こう!車椅子に乗りながらでも、とにかく動こう!じっとしていてはダメだ…』それがスタートだと思った。
 
受け入れ難い現実を受け入れることは辛い。私自身、48年間生きてきて、何度も受け入れ難い現実に直面してきた。
 
『もう嫌や。開放してくれ…』
逃げ出したくなるような、身を引き裂かれるような、そんな経験を何度かした。今、アトピーを治そうとして必死になっている人。
諦めちゃダメだよ。
希望を失ってはダメだよ。
 
アトピーのあなた。それは、あなた本来の姿ではないのだから…。本来の姿を目指そうよ。私の腰も、どうやら本来の姿に戻ってくれたようだし…。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆◇ <編集後記> ◇◆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
当メルマガをご覧頂きありがとうございます。
今回は『私が選ぶお薦めの本』ナンバーワンの発表です。皆さん、いろんなお薦めの本をご紹介頂きありがとうございました。ちょっと意外だったのは女性からのメールが圧倒的に多かったこと。多分8割以上が女性ですね。『私が選ぶお勧めの本』ナンバーワンは、山田詠美さんの『学問』に決定!コレ、皆さんにも是非読んでもらいたい一冊ですね。とにかく読みやすい。そして『性』について体で学んで行くことが大切な学問であることを自覚させられる一冊。時代背景も私の年齢にピッタリだったし。「私もこんな風にアトピーのことを綴れたら」そんな風に思います。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【飛鳥旬の図書シリーズ】
アトピー完治へのきっかけになれば嬉しいです。
よろしければご一読ください。 →クリック

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【飛鳥旬のスキンケアシリーズ】
アトピーの肌に優しい使用感のスキンケア商品です。
→クリック

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<発行人>  飛鳥 旬
・関連サイト アトピー完治への道
       アトピー性克服レポート
・問合せ  asukairo@atopy-1.info
・次回発行予定 5月25日
・登録、解除はこちらから
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
私のプロフィールはこちら
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

111 私のアトピー完治までの期間

■ 告白!体験者が明かす「アトピー克服の鉄則!」
■ アトピー克服を支援するメルマガ
■ 第111話 2010/03/28
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 関連サイト
アトピー完治への道
アトピー性皮膚炎克服レポート
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【このメルマガの趣旨】
アトピーを克服したい!そんなあなたをサポートするのがこのメルマガの使命です。
私<飛鳥 旬>自らの体験を通じて、自力でアトピーを克服する方法を一挙大公開!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
飛鳥です。
皆さん、如何お過ごしですか?
3月は雨の日が多かったですね~暖かくなったかと思えば一気に冷え込み。こんな時期は、どうしても体調を壊しやすくなりますね。

今、花粉のシーズン。例年になく、今年はちょっとアトピーの方にはつらい年かも…

それに、これからの時期は環境が変わる人も多いでしょ?学生なら新たな入学先やクラス替え、社会人なら転勤などですね。こういう環境の変化と言うのは目に見えないけど、結構神経を使う。

あのね。私、思うんですけど、人間と言うのは頭を使っている時ってあまり疲れない。でも、神経を使うことが多くなるとドッと疲れてしまう。

そして、もうひとつ。『嫌だな~やりたくないな~』と思いながらやる事ってとても疲れる。本当は全然やりたくないのに、仕方ないから我慢してやってる時ですね。こんな時、自分でも知らない間にストレスが溜まってしまう。

でも私、正直な話、こんな単純なことに気が付いたのは40代になってから。それまでは、ストレスなんて意識したことがなかった…いや、本当はストレス満載だったのですよ。でも、バカ正直と言うか、融通が利かないと言うか、頑張ることだけが美徳みたいな…

だから当然、発散する術を知らない。分かってもらえます?こうゆうのってね、物凄くアトピーに悪い。と言うか、アトピーだけじゃなくて健康に良くない。

何故って、免疫力が低下するから。アトピーは免疫疾患と言われるあの免疫力です。

じゃ、こんな時にはどうすれば良いのでしょうか?今回は、私自身が行っている方法をお伝えします。
今回もはじまり、はじまり。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【今回のテーマ】
・治る時ってこんなもの…
・兆候を見逃すな!
・編集後記
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆ 治る時ってこんなもの… ◆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
この時期、アトピーを悪化させる人が多い。『一度良くなったと思ったのに、ちょっと気を抜いて悪化しました』『もう治ったと思ったのに…また気を引き締めて頑張ります』

最近、この手のメールを頂く機会が多い。せっかく良くなったアトピーが悪化して、ガッカリしている様子が手に取るように伝わってくる。でも、私はこの状況なら、何も悲観することは無いと思う。

その理由を私自身の経験から説明しよう。話は、私が30歳の時にさかのぼる。

リバウンド後、今までの生活習慣を徹底的に見直し、自分なりに生活習慣の改善プログラムみたいなものを作ったのが1991年の春だった。自分で言うのも何だが、これは結構真剣に取り組んだ。

翌年の1992年の春には体のアトピーがほぼ消えた。この間、およそ1年。今、振り返ってもかなり順調な回復である。

でも、すべてのアトピーが消えたワケではない。顔のアトピーが春に、2ヶ月ほど出たからだ。でも、それ以外はどこから見ても普通の人にみえるまで回復していた。

ちなみに私の場合、症状が顔に出たのは最後の最後だった。だから、治るのも最後だった。

そして翌93年春、今度も顔のアトピーが50日ほど出た。それは昨年と全く同じ場所で、痒みの度合いもほぼ同じ。その後、この年もアトピーはまったく出ていない。

さらにその翌年、つまり94年の春にもアトピーが顔に出た。だが、このときは1ヶ月ほどで症状は元に戻っている。だから、私はアトピーを治すのにおよそ3年を要したことになる。

そして、コレを最後に私のアトピーはまったく出なくなった。いや正確には、アトピーが出ない生活を続けているといった方が適切だろう。

世間には、『アトピーは完治しない。治ったように見えるだけ…』と言い切る人がいる。確かに、この説には一理ある。その患者が持っている潜在的な発症要因を否定することはできないからだ。

事実、一度良くなったアトピーが再発するケースは多いし、そこからまたズルズルと悪化の道をたどってしまう患者も少なくない。

でも患者自身がアトピーを克服する過程において、潜在的な発症要因が爆発する危険水域をあらかじめ認識できるようになればどうだろう?

『オレ 今、ちょっとヤバイんじゃないか…』『このまま調子に乗ってるとまたアトピーのヤツやってくるぞ…』『ヤバイヤバイ…。しばらくの間、おとなしくすることにしよう』

こんなことを何度も何度も繰り返して、本当にアトピーが出なくなったら?この危険水域を越えるとダメだと気付いて、自分で対処する術を学んだら?

それを『完治』と呼んでも良いのではないだろうか?
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆ 兆候を見逃すな! ◆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
さっきの話の続きだが、私のアトピーを治す為の努力は1年目より2年目、2年目よりも3年目の方が確実に少なくなっている。

これは言い換えると、我慢や忍耐をベースにした努力はしていないということ。もう少し詳しく説明しよう。

アトピーが悪化する際、多くの場合その兆候のようなものがある。これは読者の方から頂くメールを見ても明らかで、本人が自覚している確率は高い。

例えば『ポツリと額に症状が出かけたとき、注意しておけば良かったんですけど…』『ウンコの出が悪くなった時、対処していれば良かったんですけどね…』など、その兆候はさまざまだ。

もっとも大切なのは、この兆候を見逃さないことだろう。症状が好転したら、今度は悪化する前の兆候を見逃さない。これは何も難しく考える必要はない。風邪を引きそうになった時と、対処はまったく同じだから。

それは、養生すること。

具体的には胃腸に負担の掛からない食事を取って、後はゆっくり休息する。微熱があると感じたとき、帰宅して直ぐに寝る。疲れたと感じたとき、ゆっくり風呂に入ってリラックスして寝る。これである。

大切なのは事前、事前、事前、とにかく前もって対処すること。兆候があったとき、直ぐに対処する。

たったこれだけのことで1年目よりは2年目、2年目よりは3年目の方が格段に体調が良くなる。そして体調が良くなるというのはアトピーが消えるということだ。だから、一年中、少食、少食と言いながらガリガリになるまで頑張る必要はない。

実際、私はそんな根性のいることはしていない。例えば今日、会社で嫌なことがあったとする。そのこと自体はイライラするしストレスも溜まっているに違いない。

そんな時、私はお酒を飲んでさっさと寝ることにしている。そんなに上手く行かない時もあるけど、できるだけそうすることにしている。

それは体調が悪くなって、周りに迷惑を掛けるのが嫌だから。それに何より、体調を害せば、自分自身が嫌な思いをするからだ。

アトピーを特別な病気だと思い始めた時から、的外れな努力をする可能性が高くなる…
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆◇ <編集後記> ◇◆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
当メルマガをご覧頂きありがとうございます。
ボクシング、いや格闘技系って結構好きなんですよ。昨日、亀田興毅負けちゃいましたけど、対戦相手とキャリアの差がモロに出ちゃいましたね。でもクリーンなファイトでボクサーとしては、とても好感が持てました。今回は試合後も清々しさがありましたしね。
それから、『お薦めの本』を頂いた読者の方、ありがとうございました。
次回の編集後記では『私が選ぶお薦めの本ナンバーワン』を発表する予定です。お楽しみに
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【飛鳥旬の図書シリーズ】
アトピー完治へのきっかけになれば嬉しいです。
よろしければご一読ください。 →クリック

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【飛鳥旬のスキンケアシリーズ】
アトピーの肌に優しい使用感のスキンケア商品です。
→クリック

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<発行人>  飛鳥 旬
・関連サイト アトピー完治への道
アトピー性克服レポート
・問合せ  asukairo@atopy-1.info
・次回発行予定 04月25日
・登録、解除はこちらから
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
私のプロフィールはこちら
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━